祝合格
太田有美

太田有美さん

年齢:
19
合格年度:
2020年度
受験時の状況:
浪人生
進学予定の大学(医学部):
杏林大学
その他合格した大学:
埼玉医科大学/帝京大学/東京女子医科大学

通った予備校について

予備校の良かったところ

生徒数がとても少なかったこともあり、少人数授業で先生との距離がとても近かった。大手予備校のような先生から生徒へ一方通行の授業ではなく、先生が解説しながら質問を投げかけてくれたり、わからないところがあればすぐ聞けたりと、双方向だったことが1番良かった。また、自分は怠け癖があったが、夏休みなどの期間に強制的に授業がほぼ毎日入っていたことで勉強時間が確保できたのだと思う。高校時代は周りに医学部を目指している人はほとんどいなかったので、医学部予備校に来て医学部を目指す人に会えたことも自分のモチベーションになっていたと思う。

進学先について

医学部進学を目指し始めたのはいつ頃ですか?そのきっかけは何ですか?

父が医師ということもあり、医師になろうかなと最初に思ったのは小学生の頃だった。高校生の時はなんとなく医療系学部は意識していたが、ほとんど勉強していなかったので、現役の時は医学部は1校しか受けず不合格だった。現役で看護学部に合格したが、色々考えた結果、浪人して医学部を目指すことにした。浪人を決めた時点で後戻りはできなかったので、はっきりと医学部進学を目指し始めたのは浪人生になってからだった。

杏林大学に進学を決めた理由は何ですか?

合格した大学の中で一番実家に近く、親の勧めもあった為。

勉強内容について

1日の平均自習時間
平日 休日
2~5 4~7
1日の平均睡眠時間
平日 休日
6~7 8~9

医学部の受験勉強を、本格的に始めたのはいつ頃ですか?

浪人生になった4月

受験勉強の中で「効果を感じた」オススメの勉強法を教えて下さい。

有機化学のフローチャートをひたすらやって、どの反応でどの化合物になるのかの流れを覚えること。無機化学などの暗記系はクイズ形式にして友達とやること。

受験勉強の中で「一番苦労したこと」はなんですか?

有機化学や数3など、高校時代に本当に勉強していなかった教科をほぼ1から知識をつけること。これらの教科は、授業の予習を他の教科よりも重点的にやった。あとは復習しようと思わず、授業中にちゃんと理解して覚えるように心がけた。

受験期はどんなことにストレスを感じていましたか?その対処法は?

休日も含め、毎日勉強しなきゃいけないことがストレス。また浪人だったので失敗できないというプレッシャー。どちらも浪人している限り解決できる問題ではなかったので、1年間ずっと付き纏っていた。たまに高校の友達とご飯に行ったり、遊んだりしていた。勉強をすることはストレスだったが、塾自体は楽しかったし、それほど強くストレスを感じていたわけではないと思う。

参考書などについて

受験勉強で使っていた参考書と評価
科目 書籍名 おすすめ度
理科 Doシリーズ 鎌田の有機化学の講義 評価4
英語 Vintage 評価3

入試情報をどこで集めていましたか?参考になりましたか?

インターネットの各大学のホームページ、パンフレット

面接試験で聞かれた質問

面接試験での「その大学ならではの質問」を教えてください

東京女子医科大学 教育理念は読んだか、またどんな内容だったか

杏林大学 5人の肺がん患者がいて薬が3人分しかなかったら、どういう基準で投与する人を決めるか

東海大学 家が東京にあるのになぜ家から遠いこの大学を受験しようと思ったのか

帝京大学 あなたは部活の次の大会で必要とされているが、その大会は重要なテストの1週間前だった。どうするか。

メッセージ

最後に、これから受験する方々へのメッセージやアドバイスをお願いします。

人それぞれタイプは違うから一概には言えないけど、前半でやる気を出しすぎて後半で力尽きないように気をつけてください。何事もメリハリが大事だと思うので、受験期でもたまにだったら全然遊んでいいと思うし、自分がパンクしないように息抜きもちゃんとしてください。冬くらいになると特に合格できるか不安になったり、模試で点数が取れなくて「もうだめだ」って思う時もあると思います。でも、今更後戻りできないし、落ち込んでもしょうがないので、私は「本番までにどうにかすればいいや」くらいに楽観的に考えていました。そのくらいテキトーに思っている方が気持ち的に楽だと思います。無理しないで周りの友人などに相談したり、不安を吐き出したりすることも大切です。医学部受験は大変だと思うけど、最後まで後悔しないように頑張ってください!

担当講師・担任からのコメント

現役時代に看護学部を受験してからの、医学部受験にシフトチェインジと少し変わり種ではありましたが、英検準一級を合格するほど英語は得意だったことを武器に一年間うまく乗り切りました。反面、数学、物理が特に苦手で、数学においては数学Ⅲを受験で使っていなかったレベルから始めたので、かなり大変だったと思います。物事をポジティブに捉えることができ、今から考えれば相当なボリュームだったことは想像に難くないのですが、立派にやり遂げました。マーク模試では、物理が50点近辺をさまよっていましたが、本番では見事93点をとり、全体でも93%の得点率で、私大医学部をセンター利用入試で合格を出していったため、一般入試でもしっかりと結果を残せたと思います。

この学生が通った予備校

一橋学院 医学部専門予備校【メディカルコネクト】ロゴ

一橋学院医学部専門予備校メディカルコネクトは、医学部受験予備校では珍しい、学校法人運営の少人数制予備校です。1951年創立の「一橋学院」の伝統を受け継ぎ、1クラス10名以下の少人数制授業と、授業システム&サポートシステムにより、多くの医学部合格者を輩出しています。【対象学年:高校生以上】