医学部予備校ガイドTOP » 医学部合格体験記 » 東海大学合格 - 川本爽仁さん

祝合格
川本爽仁
川本爽仁さん
年齢:
20
合格年度:
2019年度
受験時の状況:
浪人生
進学予定の大学(医学部):
東海大学
その他合格した大学:
-

通った予備校について

予備校の良かったところ

他の予備校に比べて人数が少ないので、講師への質問がしやすかったところ。医学部対策の授業では、実際に入試に役に立つ面接対策や小論文対策から、医学部に入るにあたって知っておくべき知識まで学べた。ここで学んだ知識は面接の時の変わった質問を答える際にすごく役に立った。

予備校詳細を見る 資料請求リストに追加

進学先について

医学部進学を目指し始めたのはいつ頃ですか?そのきっかけは何ですか?

正直、浪人する前はやりたいことがなく、理系で家が医療系だったこともあり、医学部進学を望んでいた。浪人しているときに自分は何をやりたいのか考え、一時期医学部進学をやめようかと思ったこともあった。そのとき、自分が医学部受験にシフトできたのは、周りの医学部志望の友達や医学部に実際に通っているチューターの真剣な姿に自分も負けてられないと思えたからだ。環境に助けてもらったのは大きいと思う。

東海大学に進学を決めた理由は何ですか?

合格した大学がここしかなかったから。ただ、入学して思ったこととしては、医学部においてはいきたい大学に行けるよりも、まずは入ることが重要だなと感じた。

勉強内容について

1日の平均自習時間
平日休日
108
1日の平均睡眠時間
平日休日
88

医学部の受験勉強を、本格的に始めたのはいつ頃ですか?

高校三年生の夏以降

受験勉強の中で「効果を感じた」オススメの勉強法を教えて下さい。

時間を区切ってやること。教科毎にその日のいつからいつまで何をやるのか、1日の最初に決める。そうすることで勉強にメリハリがついて効率が上がると思う。

受験勉強の中で「一番苦労したこと」はなんですか?

模試で結果が思った様に出ず、自分の中で焦りを感じ、またそのことで親と喧嘩して、勉強しなくなる。そして、その勉強をできていない自分にも腹が立つ。これを乗り越える方法は、ただ何も考えず、勉強をし続けること。受験勉強中の不安を解消する方法など勉強をする以外にはないと思っている。

受験期はどんなことにストレスを感じていましたか?その対処法は?

高校の同期が大学生活を楽しんでいる様子をSNSや話す中で知ることで、ストレスを感じることもしばしばあった。ただ、自分をこれ以上浪人はしないぞと奮起するきっかけにもなったので、必ずしも悪かったとは言えないと思う。ストレスの発散方法だが、とにかく、勉強し続けることと、誰かと話すこと。人と話すことが少ないと、自分の人間的価値を忘れそうになることもあった。

参考書などについて

受験勉強で使っていた参考書と評価
科目書籍名おすすめ度
英語システム英単語評価2
理科重要問題集評価4
数学予備校のテキスト評価4

入試情報をどこで集めていましたか?参考になりましたか?

ネット、予備校

面接試験で聞かれた質問

面接試験での「その大学ならではの質問」を教えてください。

東海大学

良医になるために必要なことは何か

メッセージ

最後に、これから受験する方々へのメッセージやアドバイスをお願いします。

医学部受験もいろいろ変化している中で、医学部を志す皆さんを大変応援しています。医学部に自分は本当に行きたいのか悩んでいる学生もいると思います。正直、自分も医学部に来て正解だったかはわかりません。ただ、今だけは、受験が終わるまでは、何も考えずに勉強し続けてください。当たり前ですが、落ちることはダサいです。ダサくなりたくなければ、確実に受かってください。受験期間中は、試験の結果が届くことで一喜一憂するでしょう。自分は結果を引きずり、うまくいかない期間があり、後悔しています。絶対に気持ちは切り替えて、1つ1つの試験に絶対に受かるという強い意志を持って、望んでください。皆さんの合格を祈っています。頑張ってください。

担当講師・担任からのコメント

当初、医学部だけでなく、歯学部も考えていた感じからも迷いがありました。しかし、医学部に照準を定めてからは、周りのライバルたちと切磋琢磨して、頑張っていたように思います。医学部は、高学年になるこれからが本当に大変な時期となりますが、受験勉強で培った「努力をする」という財産をきっと活かしてくれることだと思います。

この学生が通った予備校

資料請求リストに追加

一橋学院 医学部受験専門予備校【メディカルコネクト】

一橋学院 医学部受験専門予備校【メディカルコネクト】ロゴ

一橋学院医学部専門予備校メディカルコネクトは、1951年に『たった一人の寺子屋から』始まった”個を大事にする”一橋学院のアイデンティティーを継承し、医師を目指す受験生一人ひとりを大切に育てていきます。そして、将来患者さんの顔が見える丁寧な医療が提供できる医師を一人でも多く輩出していくこと、これこそが、医学部予備校の社会的使命であると考えます。【対象学年:高校生以上】

他の合格体験記を読む

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!オンライン授業 おすすめ予備校特集