祝合格
山田眞美子

山田眞美子さん

年齢:
24
合格年度:
2016年度
受験時の状況:
浪人生
進学予定の大学(医学部):
大阪医科薬科大学
その他合格した大学:
藤田医科大学

通った予備校について

予備校の良かったところ

少人数制だったので、講師やチューターさんとの距離がとても近く、いつも予備校内ですれ違うと名前を呼んで気に掛けてくださるようなアットホームな環境でした。休み時間にはわからないところなど、たくさん質問をするために講師室に通っていました。気軽に質問できる環境があったからこそ、解らないところをそのままにせず、しっかりと基礎を固めることができました。また、受験する大学や勉強方法の相談はもちろん、精神的に辛かったときなどチューターさんが相談に乗ってくださったのはとても心強かったです。私には少人数制のこの予備校がとてもあっていたと思います。

進学先について

医学部進学を目指し始めたのはいつ頃ですか?そのきっかけは何ですか?

私の持病を診てくださっている主治医の先生の姿にあこがれたことがきっかけで、幼い頃から医師になりたいと思っていました。

大阪医科薬科大学に進学を決めた理由は何ですか?

受かった大学の中で、歴史があり、学費の安い方を選びました。

勉強内容について

1日の平均自習時間
平日 休日
7 11
1日の平均睡眠時間
平日 休日
7 7

医学部の受験勉強を、本格的に始めたのはいつ頃ですか?

高校3年

受験勉強の中で「効果を感じた」オススメの勉強法を教えて下さい。

基本的な問題を何回も解き直して、確実に基礎を鍛えました。このような勉強をしていくうちに、自然と応用的な難しい問題も解けるようになっていきました。また、前日に勉強してことは必ず復習するようにしていました。復習をすることで問題への理解が深まるだけでなく、記憶にも残りやすかったです。

受験勉強の中で「一番苦労したこと」はなんですか?

成績が伸び悩んだときに、どのように勉強したらよいか、わからなくなり悩んでいたことがありました。基本をしっかりと身につけることで難しい問題にも対応することができるようになり、克服することができました。

受験期はどんなことにストレスを感じていましたか?その対処法は?

「1日中勉強をしなければ」と自分を追い込んでしまったときは、とてもストレスが溜まっていました。そんなときは、予備校の友達と他愛もない話をする時間がよい休憩時間になっていました。

参考書などについて

受験勉強で使っていた参考書と評価
科目 書籍名 おすすめ度
数学 プラチカ数ⅡB 評価4
理科 重要問題集 評価5

入試情報をどこで集めていましたか?参考になりましたか?

主に予備校のチューターさんから聞いていました。その上で、自分で各大学のホームページなどをみて、入試情報を集めていました。

面接試験で聞かれた質問

面接試験での「その大学ならではの質問」を教えてください

東京女子医科大学 女性としての将来のビジョンを教えてください

メッセージ

最後に、これから受験する方々へのメッセージやアドバイスをお願いします。

受験は最後まで何が起きるかわからない、とよく言いますが、私がまさにそうでした。私立前期で合格をもらえず、国立で合格をもらえず、医学部は無理なのかと思ったこともありました。しかし、諦めきれずに私大の後期試験を受験しました。そのときには、周りのみんなは進学先が決まり、遊んでいたりと、とても精神的に辛かったですが、最後まで諦めず受験を続けたところ、2つの大学から合格をもらえました。こんなことも実際に起こるのです。決して諦めない粘り強さこそ、医学部受験に必要なものだと思います。諦めずにがんばってください!

担当講師・担任からのコメント

兄が通学していたこともあり、高校2年から通塾をされていました。一生懸命に努力を続ける生徒さんで、ストイックに頑張っていたと思います。少人数制クラスの良い点を遺憾なく利用し、身近にライバルの存在を感じながら、努力を続けていたと思います。センター試験は、残念ながら目標点に届かず、二次逆転を狙わなければならない厳しい戦いでした。私立は前期で東京医科大、東京女子医科大の一次試験は突破していたので、どちらかは合格がでてもおかしくないと思っていましたが、二次で結果が出ず、体調も思わしくない状況が続いていました。本人も言っているとおり、医学部受験は最後まで諦めない人が勝つという最良の結果を残すことが出来ました。本人が希望している小児科の医師となってからも、必ず患者さんの立場にたった診療ができる人だと確信しています。

この学生が通った予備校

一橋学院 医学部専門予備校【メディカルコネクト】ロゴ

一橋学院医学部専門予備校メディカルコネクトは、医学部受験予備校では珍しい、学校法人運営の少人数制予備校です。1951年創立の「一橋学院」の伝統を受け継ぎ、1クラス10名以下の少人数制授業と、授業システム&サポートシステムにより、多くの医学部合格者を輩出しています。【対象学年:高校生以上】