祝合格

K・Kさん

年齢:
20
性別:
男性
合格年度:
2024年度
受験時の状況:
浪人生
進学予定の大学(医学部):
日本大学
その他合格した大学:
金沢医科大学/岩手医科大学/帝京大学

通った予備校について

予備校の良かったところ

偏差値40台から複数校合格!

私は二浪目に四谷メディカルにお世話になりました。入塾したきっかけは、各科目に豪華な講師陣がおり、ここなら成績が伸びそうだと思ったからです。
私は、高校時代&一浪の時は中途半端な勉強しかしておらず、入塾した際の校内の河合記述模試の偏差値は47.5でした。英語はまだマシだったのですが、物理は原子分野未学習、化学はmolを理解していない、数学は数学3未学習という絶望的な状況からスタートしました。

 どの科目においても熱い感謝の気持ちを書き込みたいのですが、基本的に理科は個人のやる気が一番大きな要素だと思うのでここでは割愛させていただきます。坂倉先生、中山先生、ありがとうございました!

 ではまず数学なのですが、私は浅見先生の集団と個別、秋頃から佐藤先生の基礎徹底を受けていました。
入塾時は、場合分けすらままならず、とても苦労しましたが、個別の時間や空き時間に何度も浅見先生に質問し、少しずつ力をつけていきました。初めは(当たり前ですが)中々結果に現れて来ず、苦しかったですが、頑張って浅見先生にくらい付いていたおかげか、夏頃から校内模試の順位表に名前が載るようになりました。

ただ、やはり基礎は知らないうちにどんどん抜けていくもの。そこで、私は、朝テストの復習+佐藤先生の基礎徹底で、抜けないように努めました。その甲斐あってか、数学でブレるという事がかなり減りました。佐藤先生に感謝です。
また私が複数校合格にまで辿り着けたのは、浅見先生に数学を鍛えて貰えた事がかなり大きいと思っています。

浅見先生は質問した内容の本質のみならず、その関連問題や応用問題を提示してくれるので、一回の質問でかなりのレベル上げが出来ます。一年弱必死に喰らい付いていったら自然に数学が得意科目になると思います。
浅見先生には感謝しても仕切れないです。浅見先生のクラスに入った人は諦めずに頑張って下さい!
次に英語なんですが、私は主に堀先生、後藤先生、小山先生にお世話になりました。

特に堀先生にはかなり面倒を見て頂きました。英語で困った時はとにかく堀先生の元へ相談に行くようにしており、その甲斐あってか直前期に嘘のように英語が伸びました。
例えば日本大学では、過去問では6割だったのですが直前期には9割近く取れるようになっていました。

くだらない話や勉強に関係ない話でも心置きなく話せる先生なので、大好きな先生の1人です。本当にお世話になりました。
また、後藤先生や小山先生には、主に文法を指導して頂き、そのおかげで文法の精度がかなり高められたと思ってます。感謝しかないです。

面接対策をして頂いた大星先生にも感謝です。嘘のように面接が上手くなります笑。

四谷メディカルを信じて頑張れば必ず合格できます。受験生の皆さん頑張って下さい!!

この学生が通った予備校

医学部予備校【四谷メディカル】ロゴ

授業の無駄をやめる選択、他校の4倍以上の演習量は譲らない姿勢、一人の教官が日々の全科目の学習量を管理、最新科学的学習法で合格実績を重ね続けている自信、多浪でも必ず合格させる自負、この5つを主軸にラボラトリー(研究室)制を導入し、東大理Ⅲ、京大をはじめとする旧帝医、私立御三家など最難関上位医学部を目指す受験生は無論、偏差値30からスタートしても合格可能な科学的システムにて、教官と同じ部屋で毎日を過ごし日々の学習配分量や学力を考えながら演習量や課題を考え進めていきます。我々にお任せください