祝合格

N・Iさん

年齢:
性別:
男性
合格年度:
2024年度
受験時の状況:
浪人生
進学予定の大学(医学部):
東京医科大学
その他合格した大学:
杏林大学

通った予備校について

予備校の良かったところ

私は高校卒業後から一定の期間受験勉強から離れていました。そのため、再び勉強を始めることに不安を感じながら、予備校探しをしていました。年齢的にも受験が厳しいことは自覚していたので藁にも縋る思いで様々な予備校を調べていく中で面接、体験授業を受け四谷メディカルに入学することを決めました。
予備校に入学して初めに感じたのは、講師陣のハイレベルな指導でした。専門知識に裏打ちされ少人数制の授業は非常に分かりやすく、難解な問題や概念もわかりやすく解説していただけました。特に、私たち生徒一人ひとりの理解度や課題に合わせた指導を行ってくださり、学習効果を青天井に引き出すためのサポートが充実していました。
授業外でも、講師との質疑応答の時間を設けていただけたことが大きな助けとなりました。特に高校卒業から受験勉強をしない期間がとても長かったため、学習方針や知識の精度などとても不安がありました。
化学では田中先生による口頭試問で論述対策にもなる知識の確認であったり、数学では浅見先生による解答の書き方や豊富な数学知識による解説であったり、英語では長文読解や英語の学習に関して堀先生からのご指導により、分からないことや疑問点を解消するための時間を十分に取ることができ、自分の学習に関する不安や悩みを解消することができました。
さらに、予備校では生徒に担任がつき、学習ペースや進捗状況などの相談も気軽にできる環境が整えられていました。担任の先生は私たちの個々の状況を把握し、適切なアドバイスやサポートを提供してくれました。そのおかげで、学習計画を立てる際や勉強方法について悩むことなく、安心して取り組むことができました。また面接対策においても、大星事務局長がマンツーマンで指導してくださり、面接で想定される質問を事前に準備出来たおかげで、安心して2次試験に挑むことが出来ました。
再受験ということもあり、1次試験では学力の不安もあり、2次試験では年齢の不安もありましたが、先生方のサポートのおかげで乗り切ることが出来ました。
この挑戦の中で、時には挫折や苦労に直面することもありましたが、先生方や担任のサポートがあり、最終的に医学部の合格通知を受けることができました。お世話になった先生方、スタッフの皆様、本当にありがとうございました。

この学生が通った予備校

医学部予備校【四谷メディカル】ロゴ

授業の無駄をやめる選択、他校の4倍以上の演習量は譲らない姿勢、一人の教官が日々の全科目の学習量を管理、最新科学的学習法で合格実績を重ね続けている自信、多浪でも必ず合格させる自負、この5つを主軸にラボラトリー(研究室)制を導入し、東大理Ⅲ、京大をはじめとする旧帝医、私立御三家など最難関上位医学部を目指す受験生は無論、偏差値30からスタートしても合格可能な科学的システムにて、教官と同じ部屋で毎日を過ごし日々の学習配分量や学力を考えながら演習量や課題を考え進めていきます。我々にお任せください