祝合格
T・M

T・Mさん

年齢:
合格年度:
2020年度
受験時の状況:
浪人生
進学予定の大学(医学部):
東北医科薬科大学
その他合格した大学:
岩手医科大学/獨協医科大学

通った予備校について

予備校の良かったところ

私は他人より集中力が続かず、すぐにスマホを観てしまうなどの欠点があるという自覚がありました。将来医師になりたいという気持ちはありましたが、そのための努力がぜんぜん追いついていないという状況にもあり、我ながら医学部合格は夢のまた夢でした。

四谷メディカルに入学してからは毎朝登校した際に事務局でスマホを預かってもらい、夜帰宅する際に返却してもらうことで悪癖の矯正を自ら課し、先生方からは医学部に受かるための勉強の仕方(特に自習のやり方)を初歩から教えていただきました。

入学して数か月は実力がついている実感があまりなく、模試の結果も芳しくなく不安でしたが、半年を過ぎたころから日々の小テストや校内模試で成績が上がってくるようになり、外部模試などでも合格可能性D判定がたまにつくようになってきて、日々の勉強が実力として身についてきているのがはっきりと分かってからは少しづつ自信がついてきました。

数学、物理、化学と日ごろから計算ミスが多くてとても苦労していたのですが、計算ミスを無くすトレーニングメニューも課していただき、毎日練習することにより計算ミスも段々と少なくなり、受験本番でも大量失点を防ぐことができるようになって本当に助かりました。

英語は構文をとることが苦手でしたが、英語の先生からわかりやすく丁寧に教えていただき、また実戦的な読解テクニックも伝授してもらって赤本での医学部試験の超長文にもほとんど時間内に対応できるようになり、また直前期の成績アップのために文法チェックも重点的に先生に実施していただき、受験本番までに体系的な英語力が身についたとおもいます。

プライベートについては比較的多趣味な私にとって、勉強と趣味への誘惑との葛藤に年中苛まされてましたが、親と予備校のご協力のおかげでなんとか無事医学部に進学することができました。

正直、心身ともにハードな受験生活でしたがこの経験を糧に医師として将来社会に貢献していくつもりです。

ありがとうございました。

この学生が通った予備校

医学部予備校 四谷メディカルロゴ

授業の無駄をやめる選択、他校の4倍以上の演習量は譲らない姿勢、一人の教官が日々の全科目の学習量を管理、最新科学的学習法で合格実績を重ね続けている自信、多浪でも必ず合格させる自負、この5つを主軸にラボラトリー(研究室)制を導入し、東大理Ⅲ、京大をはじめとする旧帝医、私立御三家など最難関上位医学部を目指す受験生は無論、偏差値30からスタートしても合格可能な科学的システムにて、教官と同じ部屋で毎日を過ごし日々の学習配分量や学力を考えながら演習量や課題を考え進めていきます。我々にお任せください。