医学部予備校ガイドTOP » 医学部合格体験記 » 日本大学合格 - M.Kさん

祝合格
M.K
M.Kさん
年齢:
20
合格年度:
2019年度
受験時の状況:
浪人生
進学予定の大学(医学部):
日本大学
その他合格した大学:

通った予備校について

予備校の良かったところ

高校の3年間は全く勉強をしてこなかったため、僕の浪人生活は0からのスタートでした。また、僕には継続して努力ができないという受験において致命的欠点もありました。そんな医学部受験には全く向かない生徒の典型例である僕を合格に導いてくれたのは四谷メディカルの講師陣です。事務の大星さんと校長の中さんはいつも親身になって話を聞いてくれて受験のストレスや不安を解消してくれました。
また大星さんによる面接練習は大学ごとの豊富なデータや過去の受験生のデータに基づいた完璧なものでこの面接練習がなかったら合格していなかったと言っても過言ではありません。質問をすると、『えー』とか『これは分かるでしょ』とか言いつつも分かるまでとことん説明してくれる浅見先生と僕の数学嫌いを美しい解法と親しみやすい説明で解消してくれた藤田先生。2人とも最初はとっつきにくそうに見えますが(笑)話してみるとぜんぜんそんなことはなく、はたくさん質問を受けていただきました。そして僕が1番お世話になったのが河村先生です。生徒をよく見ていて、性格に合ったオーダーメイドの学習計画を立ててくださったり、実力を見極めて受験校を選定してくださったりする先生です。
もちろん授業もわかりやすく、理解するのが難しいことも噛み砕いて説明してくださいます。
また、とても生徒思いな先生で、僕がどんなにサボっても決して見捨てずに『一緒に頑張ろう』と言って叱咤激励してくれました。
そんな河村先生に報いたいという思いが僕の中で頑張るための原動力となっていました。
河村先生には感謝してもしきれません。
浪人生活は辛いものでしたが、その過程で人間的にかなり成長したので、浪人してよかったとまでは言えないものの悪くはなかったなと思える体験になりました。そう思えるのもこの四谷メディカルのおかげです。ここで浪人生活を送ることができてよかったと思っています。

予備校詳細を見る 資料請求リストに追加

進学先について

医学部進学を目指し始めたのはいつ頃ですか?そのきっかけは何ですか?

漠然と幼少の頃より医療の世界に憧れがあったこと

日本大学に進学を決めた理由は何ですか?

日大出身の方々となじみ深い、人工関節の研究が活発であること

勉強内容について

1日の平均自習時間
平日休日
68
1日の平均睡眠時間
平日休日
88

医学部の受験勉強を、本格的に始めたのはいつ頃ですか?

浪人してから

受験勉強の中で「効果を感じた」オススメの勉強法を教えて下さい。

メンタル的で奇策に思えるかもしれませんが、完全ゼロスタートかつ何をやっていいか自信もやる気も皆目見当もつかない人は、まずは1科目だけでも医学部合格レベルの得意科目を作って、受験突破までたどり着ける道筋と原動力をつけるのが割とオススメかもしれません。

受験勉強の中で「一番苦労したこと」はなんですか?

わりと多趣味なので時間とWi-Fi環境のない受験生活を強いられること(笑) 

受験期はどんなことにストレスを感じていましたか?その対処法は?

スポーツと共に生きてきた人生なので受験生時代は運動する時間がなかなか捻出できず著しくストレスを感じました。 それでも毎日2キロ程度ランニングして気を紛らわせていました。

参考書などについて

入試情報をどこで集めていましたか?参考になりましたか?

予備校

面接試験で聞かれた質問

面接試験での「その大学ならではの質問」を教えてください。

日本大学

本学志望理由

日本大学

医学部志望理由

日本大学

最近読んだ本や観た映画

日本大学

気になるニュース

日本大学

併願校&全部合格したらどこに進学するつもり?

メッセージ

最後に、これから受験する方々へのメッセージやアドバイスをお願いします。

医学部に合格するためには、誰しも避けて通れない「合格を可能にする質の伴った勉強量」があります。結局はそれをこなさなければ受からないので覚悟を決め肚を据えて頑張ってください。応援しています!

担当講師・担任からのコメント

彼は外見エリート官僚みたいな雰囲気でしたが、中身はぜんぜん違うため拍子抜けしたのと、日ごろ予備校内ではあまり努力している姿を見せないことから、奴はホントに勉強しているのか?と教職員たちから年がら年中あらぬ疑いをかけられていたのが印象に残っています(笑) とはいえ諸々と持ち得るポテンシャルはピカイチなので無難に良医として活躍してくれることでしょう。

この学生が通った予備校

資料請求リストに追加

医学部予備校 四谷メディカル

医学部予備校 四谷メディカルロゴ

1、授業の無駄をやめるという選択。2、絶対的な演習量は譲らないという姿勢。3、一人の教官が日々の全科目の学習量を管理するという選択。4、生徒は十人十色という判断。5、メンタルが大切という姿勢。この5つを主軸に、大学ゼミのようなラボラトリー(研究室)制を導入し、授業担当の教官と同じ部屋で毎日を過ごし、一人の教官が1日学習配分量や学力を考えながら演習量や課題を考え進めていきます。

他の合格体験記を読む

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス 激化する医学部受験を勝ち抜くために~合格する力の鍛え方~

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!