祝合格
N・H

N・Hさん

年齢:
合格年度:
2018年度
受験時の状況:
浪人生
進学予定の大学(医学部):
北里大学
その他合格した大学:
岩手医科大学/金沢医科大学/福岡大学

通った予備校について

予備校の良かったところ

自分は浪人年数がかなり長く一次合格の経験すらありませんでした。
ずっと大手個別塾での指導を受けて続けていたのですが当時はもう受験勉強煮詰まってしまっていて、そんななかで親の勧めもあり一念発起して四谷メディカルのお世話になることになりました。

各科目の先生方からリサーチしていただき、四谷メディカルの入学時期も中途で受験まで残り半年を切っている状態だったので、各単元の穴を精査してもらいそれを埋めていく作業、まだアウトプット不足を徹底的に補っていきました。
おかげで苦手だった数学と化学の成績が短期間でグンと伸び、英語も苦手な文法も入試で臆さないで済むレベルまでには実力をつけることができることができました。

入試本番では無事1次試験を複数合格いただけて感極まったのですが、次に待ち受けていた難題は2次面接試験でした。人生でこれまで面接などやったことなどほとんどなく、面接らしい面接は四谷メディカルで模擬面接を一度やっていただいたくらいで、そのときは自分でもダメダメでグダグダ具合が丸わかりな面接になってしまい凹みまくりましたが、担当の先生から「かなりのダメ具合だけど、1次受かってから面接の練習を開始しても仕上げる自信あるから大丈夫。心配しないで今は学科の勉強に専念しなさい」とおっしゃっていただきましたが、ただただ恐怖でしかありませんでした。

1次合格後の短期集中面接練習では、医学部受験における私の年齢的ハンディと私に対する客観的第一印象に合わせた形で作戦を練っていただきご指導いただきました。
限られた時間の中で、効率的に先生が納得するまで何度も練習していただき2次面接本番に臨みました。

大学によって個人面接、集団面接と方式が違ってましたが、本番でもほぼ予行練習していたとおりの展開となり、四谷メディカルの先生が面接練習の最終日に「うまくいくから自信持っていきなさい」おっしゃっていただいたとおり、面接本番はどの医学部でも上手くいったとおもいます。
特に印相的だったのが答え辛い質問や圧迫的な質問も予行演習でやっていたとおりのドンピシャの質問がきたので、予備校の予想質問分析力は流石だわと感じました。

積年の願いでもあった複数校合格が達成できて感無量です。
本当にありがとうございました。

勉強内容について

1日の平均睡眠時間
平日 休日
6時間 6時間

面接試験で聞かれた質問

面接試験での「その大学ならではの質問」を教えてください

北里大学 出身地のいいところを3つ

岩手医科大学 2分で自己PR

この学生が通った予備校

医学部予備校 四谷メディカルロゴ

授業の無駄をやめる選択、他校の4倍以上の演習量は譲らない姿勢、一人の教官が日々の全科目の学習量を管理、最新科学的学習法で合格実績を重ね続けている自信、多浪でも必ず合格させる自負、この5つを主軸にラボラトリー(研究室)制を導入し、東大理Ⅲ、京大をはじめとする旧帝医、私立御三家など最難関上位医学部を目指す受験生は無論、偏差値30からスタートしても合格可能な科学的システムにて、教官と同じ部屋で毎日を過ごし日々の学習配分量や学力を考えながら演習量や課題を考え進めていきます。我々にお任せください。