祝合格

T・Kさん

年齢:
性別:
女性
合格年度:
2017年度
受験時の状況:
浪人生
進学予定の大学(医学部):
日本大学
その他合格した大学:
東京女子医科大学

通った予備校について

予備校の良かったところ

三浪目になってしまい、多浪として切羽詰まった状況で予備校探しをして多浪に強い予備校として定評の四谷メディカルで決めました。

家族や周囲からも今年ダメだったら諦めろと言われ続け、自分自身も
結果がなかなか出ずにいろいろと煮詰まっていたので、今回で医学部受験は最後の年にしようと決意しました。

三浪目の時点で、私は生物化学は偏差値60以上をキープしていましたが、英数はなかなか成績が安定しないという、理科だけ得意というありがちな多浪生パターンに陥りつつありました。
入学時に四谷メディカルの講師の方にも、理科はゼロスタートでも1年で仕上げられるし、現役生とかにもあっという間にすぐに追いつかれちゃうから、気を抜かずにスタートダッシュを心掛けるようにとアドバイスされました。

四谷メディカルに入学した時期は、三浪がほぼ決まりかけの2月下旬からでした。ですので4月入学の浪人生より1か月早く、3月には本格的な受験勉強に取り組んでいました。

意外と多くの人が受験の終わった3月下旬から4月の初め位までは、浪人決定の心身休養期間や遊びなどの癒しの期間に充てるとおもいますが、私の場合はこの期間を犠牲にして、英単語・数学は大数基礎徹底に集中しました。 この1か月は、私にとって年間の精神面や合格を勝ち取るうえでもぜったいに必要な時間だったとおもいます。

春から夏くらいまでは、三浪目の心労と元々の心配性もミックスされて、いくら頑張ったところでこのまま一生受からないのではないか?という不安感に日々苛まされ、半ばノイローゼ気味だった気がします。
振り返ると、担任の先生はこんなヤバい状態の私をよく支えてくださったとおもいます。
また、わりと変にプライドが高かったので校内テストとか模試の結果で上位ランキングとかを張り出されるのが苦手で、もし上位に自分の名前が載らなかった場合が怖くて受けるのサボったりしたこともあります。
担任からは
「予備校なんかで変なプライド気にしていてどうする?むしろ予備校は恥をかいてナンボの世界だし、その分実力つくのでさっさと合格しちゃうのが定石です。もっと打たれ強さの鈍感力を養ったほうがいいです。」
といわれ、
「君みたいなカッコつける場を間違えてるタイプは何年も浪人繰り返しやすいDEATH! 」
ともいわれました。
これにはぐうの音も出ず、完全に的を得てド正論だと感じました。

なので、その後そういう些細なプライドに関しては予備校内では消しるように心がけました。


各教科については指示されたとおりに作業するだけで実力はついていったので省略します(笑)。

私の場合はどちらかというとメンタル管理のほうが問題だったので、セルフケアを心掛けながらも予備校の教職員の方々にも日々ナビゲートしていただき、また友人にも恵まれ受験まで乗り切ることができ、合格を勝ち取ることができました。
ありがとうございました。

この学生が通った予備校

医学部予備校【四谷メディカル】ロゴ

授業の無駄をやめる選択、他校の4倍以上の演習量は譲らない姿勢、一人の教官が日々の全科目の学習量を管理、最新科学的学習法で合格実績を重ね続けている自信、多浪でも必ず合格させる自負、この5つを主軸にラボラトリー(研究室)制を導入し、東大理Ⅲ、京大をはじめとする旧帝医、私立御三家など最難関上位医学部を目指す受験生は無論、偏差値30からスタートしても合格可能な科学的システムにて、教官と同じ部屋で毎日を過ごし日々の学習配分量や学力を考えながら演習量や課題を考え進めていきます。我々にお任せください