医学部予備校ガイドTOP » 【メディカルフォレスト】二刀流で医学部合格をつかむまでの道のり

柔道と医学部受験の二刀流で合格をつかむまでの道のり

  • 朝比奈沙羅 氏
    取材協力者
    獨協医科大学合格
    柔道家(2018年世界選手権金メダル)
    朝比奈 沙羅 さん
  • 医学部予備校ガイド 松田 翔氏
    インタビュアー
    医学部予備校ガイド
    担当
    松田 翔

年々難化する医学部受験、受験生は全てを受験に捧げ、合格目指して日々努力しています。 一方で、メディカルフォレストには柔道の道で世界トップアスリートとして活動する傍ら、医学部受験に向けた勉強を進める方がいました。それが柔道選手の朝比奈沙羅さんです。 スポーツで世界一を目指しながら医学部合格を目指されるケースはまれですが。このような珍しいケースにも対応できるのが医学部専門予備校。医学部受験生一人ひとりに合わせたカリキュラムを作成することにおいて カスタマイズの柔軟性は大規模の予備校にはない強みもあります。今回の取材では、医学部合格を果たされた朝比奈さんのストーリーを通じて、それを支えたメディカルフォレストのサポート体制にも触れつつ話を伺ってきました。

柔道と医学部受験、両方頑張ろうと思ったのは鈴木桂治先生と両親に憧れたのがきっかけです。

松田:柔道選手と医師、それぞれを目指すきっかけについてお伺いすることはできますでしょうか?

朝比奈:柔道は小学2年生の時に鈴木桂治先生がアテネオリンピックで大きい相手を投げて金メダルを取ったのに憧れたのがきっかけです。鈴木桂治先生の姿に夢中で、誰に言われたわけでもないのに正座して、食い入るようにテレビを見ていました。そして、自分から親を説得して始めました。柔道を始めた当初は強くありませんでしたが、始めた時から金メダルを取るのが夢でした。
医師を目指すようになったのは柔道を始めるより前です。私の家族は両親とも医療従事者だったので、私も自然と医師になることを目指すようになりました。

松田:柔道での金メダルと医学部合格はどちらも高い目標です。小中高と柔道を続けながら、医学部合格を目指すのは大変ではありませんでしたか?

朝比奈:私の中では、柔道と勉強を両方頑張ることが当然という考えでした。しかし、中学から世界中に遠征を行っていて、授業に出席できないことがありました。高校3年生の夏には大会があったので、受験期にも関わらず満足に勉強ができませんでした。夏に勉強ができなかった分、冬に11時間勉強を毎日続けていたら、受験を迎える前にバーンアウトしてしまいました。その中で、親の影響や、今まで生きてきた環境に流されて医師を目指しているだけなのではないかと、自分自身が本当に医師になりたいのかわからなくなった時期もあります。しかし、電車の中で東海大学医学部に不合格になったことを知ったときには、ショックで泣き崩れてしまいました。人目もはばからず泣きながら、自分自身の医師になりたいという気持ちを再認識しました。

松田:医師になりたいという気持ちは固まったものの、残念ながら、現役時の大学受験では医学部合格を手にできなかったわけですね。そのあとはどうされたのですか?

朝比奈:結果として、東海大学体育学部に入学しました。ただ、どこかのタイミングで医師を目指そうとは思っていました。その後、医学部への二年次編入を狙うなどしましたが、柔道との両立は難しくなかなか実現することはできませんでした。

松田:そんな中、メディカルフォレストに通い始められわけですね。

朝比奈:はい。父親が見つけて、勧められたことをきっかけに大学3年時から通い始めました。

松田:メディカルフォレストに決められたのはどういった理由ですか?

朝比奈:とても便利だったのとサポート体制がしっかりしていたことですね。私の練習場と実家のそばに1校舎ずつあり、どちらでも授業が受けられるということがとても便利だったのと、望月さん(教務担任)からとても丁寧なサポートを受けられるので、メディカルフォレストに通い始めました。

学力やスケジュールなど、全て私に合わせて授業を進めてもらいました。

朝比奈沙羅 氏

松田:メディカルフォレストに入塾したあとの受験勉強はいかがでしたか?

朝比奈:メディカルフォレストでは、進度やスケジュールなど全て私に合わせて授業を進めてもらいました。

松田:柔道中心の生活をされている中で合わせてもらっていたというのは、具体的にはどういった調整をしてもらっていたのでしょうか?

朝比奈:まず、進度に関しては、中学時代から全日本の強化選手に選ばれていたために、授業を受けられていない分野の理解が乏しかったです。そのため、できる分野とできない分野が入り乱れているという、いわば、虫食いのような状況でした。そのため、メディカルフォレストは私のできる分野は発展的な内容を、できない分野は基礎的な内容をという風に、私に合わせて授業を行ってくれました。

松田:分野により理解度が異なるというのは多くの受験生が抱えている悩みですね。分野ごとの理解度によって授業内容を調整するというのは生徒数の多い大手予備校では難しい、メディカルフォレストならではのメリットだったのでしょうね。

朝比奈:続いて、スケジュールに関しては、私は世界選手権などの大会に参加しながら医学部受験をしていたので、遠征などのイレギュラーが多くありました。そんな中でも、丁寧なサポートを受けることができました。具体的に言うと、遠征中にやるべき課題を与えるだけでなく、私の進度に合わせてメディカル映像という映像授業教材をタブレットにダウンロードして渡してくれたため、遠征中でも自分に合った学習を行うことができました。

松田:遠征中のカリキュラムもしっかり組んでくれるとは。まさに、一人ひとりに合わせた指導ですね。

朝比奈:カリキュラムだけではありません。受験形態についても私にぴったりの推薦入試を選んでくれました。私はメディカルフォレストに来るまでは、AOや推薦といった入試形態があることすら知りませんでした。今回はAO入試で合格することができましたが、メディカルフォレストとの出会いがなかったらこの合格はなかったと思っています。

松田:AO入試を受けられたのも、メディカルフォレストの勧めだったのですね。AOや推薦入試というと、一般入試と異なる独特の問題が出るようですが、そういった対策はどのようにされたのですか?

朝比奈:メディカルフォレストでは医学部の受験情報が本当に多く蓄積されています。その情報をもとに合格するための勉強法というものを学びました。例えば、私は生物を受講してこなかったのですが、自然科学に関わる理数系の融合問題が出題される学校のAO入試を受けました。その際には、生物を1から学ぶのではなく、その学校の出題傾向を分析したうえで、融合問題を解くために必要な知識に絞った授業を行ってもらいました。また、試験傾向の分析も正確で、授業でやった予想問題が3日後の本番の試験に出題されるほどでした。メディカルフォレストに入ったことが医学部合格にプラスに働いたことは間違いないですね。

松田:メディカルフォレストのサポートとご自身の努力により合格されたわけですが、実際に合格されたときのお気持ちはどうだったでしょうか?

朝比奈:1次試験合格を聞かされた時に、どっきりかと思いました(笑)合格するとは思っておらず、合格発表も見に行っていませんでしたので、父から受かっていると聞いた時には嘘だと思いました。

松田:どっきりと思われるほど驚いたのですね。二次試験に臨まれるにあたってはどのようなことを意識されましたか?

朝比奈:二次試験に臨むにあたっては私の柔道でのキャリアをアピールできると思っていたので、自信がありましたね。メディカルフォレストで入念に対策を行い、合格を手にすることができました。

松田:晴れて、医学部に合格されたわけですが、その時の率直なお気持ちを聞かせてください。

朝比奈:うれしかったですね。私よりも父が喜んでくれました。私は、家族や予備校の先生、スタッフなど周りの人の支えがあって合格できたと思っています。私が合格をしたことで、私を支えてくれた周りの人にも合格をプレゼントすることができました。私の努力だけでなく、周りの人々の努力も報われたのがうれしかったです。

今の頑張りが報われたときには自分たちに還ってきます。

松田:柔道をやりながら受験勉強を続けられたのはどうしてでしょうか?

朝比奈:私にとっては勉強の息抜きが柔道で、柔道の息抜きが勉強でした。受験期になると勉強をしなければいけないですが、バーンアウトしてしまうと結果は出ません。バーンアウトしてしまわないように受験生の皆さんはリフレッシュ方法を見つけてほしいですね。人から「頑張れ」といわれて頑張る部分ももちろんありますが 、勉強もスポーツも最後に頑張るのは自分です。 バーンアウトする前に適度に休息をとることも大切です。

松田:自分なりの息抜きを見つけ、追いつめられる前に調整することが重要ということですね。日本では、朝比奈さんのようにトップアスリートがセカンドキャリアで医師などの職業につくことは少ないですが、そのことについてはどう思われますか?

朝比奈:日本では1つのことを頑張るのが美学とされているなと感じます。私自身、理解されないこともありました。でも、私にとっては幼い頃から勉強と柔道の両方を頑張ることが普通でした。 私も全員が文武両道をする必要はないと感じていますが、柔道をやっている人は勉強ができないといった風潮はなくなってほしいと思います。私は、物事はできるかどうかではなく、やるかやらないかだと思っています。日本全体が、自分の限界を自分で決めないでのびのびとチャレンジできる環境になってほしいと願っています。できないと決めつけてしまうと、可能性を狭めてしまうので。

松田:柔道と医学部受験を両立してこられ、やり抜いた朝比奈さんだからこそのコメントですね。今も医学部受験という壁に立ち向かう受験生が大勢いらっしゃいます。最後に、受験生に向けてメッセージを頂くことはできますでしょうか?

朝比奈:今はつらいかもしれないが、今の頑張りが報われたときには自分たちに還ってきます。私は学力が伴わず、何度も受験に落ちてきました。しかし、受かったときには努力や悔しい気持ちが報われたと感じました。医学部受験も私が生きてきた柔道という勝負の世界と同じで、「勝つも負けるも自分の責任」だと思っています。合格することができたのならあなたの力です。受験は結果がすべてですが、受験において結果が伴わなかったとしても自分の人生をやり切ってほしいと思います。のびのびとチャレンジをして、自分の人生に自分で金メダルをあげて欲しいと思います。

編集者のコメント

朝比奈さんと教務担当の望月さんに話を伺って感じたことは、メディカルフォレストは受験生の幅広い要望に応えることのできる予備校であるということです。医学部受験をされる方々は、高校生、浪人生、大学生、社会人といった肩書や、性格、学力など様々な個性を持たれていると思います。一人ひとりの個性を把握して、蓄積された情報をもとにそれぞれに合った医学部合格への道を用意する、それがメディカルフォレストの特徴です。興味を持たれた方はぜひ、メディカルフォレストを訪れて、自分に合った合格までの道筋を描いてもらってはいかがでしょうか?

取材に協力していただいた予備校

メディカルフォレスト 外観

メディカルフォレスト

メディカルフォレストグループは、女子専門の「メディカルフォレスト自由が丘校」に加えて、リーズナブルな料金で高品質な指導を受けることができる、男女共学の「メディカルフォレスト池袋校・札幌校」、通信制の「メディカルフォレスト麹町校」を運営しています。清潔で快適な学習環境の中で、専属のアドバイザーが生徒一人ひとりにつき、毎日の学習管理を徹底します。

予備校詳細を見る 資料請求リストに追加

メディカルフォレスト 柔道と医学部受験の二刀流で合格をつかむまでの道のり

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集