医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の出題傾向と分析 » 日本大学の傾向と分析

日本大学の傾向と分析

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2019年12月現在の情報です。

日本大学について

アドミッションポリシー

医学部は,自主創造の理念を念頭に醫明博愛を実践する,(1)豊かな知識・教養に基づき社会に貢献する高い人間力を有する医師の育成,(2)高い倫理感のもとに,論理的・批判的思考力を有し,世界へ発信できる学際的視野を持った研究者の育成,及び(3)豊かな個性を引き出し,次世代リーダーを育成する熱意ある教育者を志す人材の育成を目指しています。

従って医学部では,医学・医療の分野で社会に貢献したいという明確な目的意識とそれを実現しようとする強い意志を持ち,目標に向かって意欲的に学修を進めていくことのできる学生を求めています。

入学試験では,このような人材を多元的な尺度で評価し,基礎的な能力や資質に優れた人材を見出します。 一次試験では,学科試験(理科,数学,外国語)により,6年間の学修に必要な知識・技能,判断力,思考力を評価します。
二次試験では,小論文と面接により,思考力,判断力,表現力,主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度を評価します。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 医学部教務課/〒173-8610 東京都板橋区大谷口上町30-1
TEL:03-3972-8188
募集要項の請求方法 大学のホームページ 
※募集要項は紙媒体による配布を行わず、大学ホームページに掲載予定。
大学ホームページ

http://www.med.nihon-u.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。Google Map

アクセス 東武東上線大山駅下車、徒歩約15分。JR池袋駅西口(国際興業バス4番線)から日大病院行で終点下車(約20分)。
学部学科・定員 医学部=医学科120
大学院 医学研究科=生理系専攻、病理系専攻、社会医学系専攻、内科系専攻、外科系専攻
おもな付属施設 板橋病院、駿河台病院、総合健診センターなど。
沿革 大正14年創設の専門部医学科が前身。昭和17年に医学部となり、27年に新学制による医学部医学科へ移行。

日本大学の入試問題の出題傾向と分析

英語

長文4題の形式に変化はなく読解量も18年度と同じだが、設問が解答しやすくなった。長文内容は大問4を除いてすべて医療に関する題材で、設問形式は内容一致と同意表現が中心。試験時間75分で長文4題を解答するにはかなりの速読力が必要になるため、時間を意識して医療系長文を読み、素早く解答する練習が求められる。その際には入試頻出単語や熟語・慣用句の同意表現や指示語内容の確認をする。ある程度語注は付くが医療系単語は覚えた方がよい。

数学

大問1から3まではマーク式で、大問1、2の小問集は幅広い分野から出題されている。基本的な問題が中心なので確実に得点しなければならない。大問4、5は数Ⅲ中心の記述式で、近年、大問5はベクトルとの融合問題が出題されている。計算量も多くはなく、高得点が必要だったと思われる。過去の難易度の高い問題は難関大で類題が出題されているものが多いので、数Ⅲに関しては国公立大の過去問の演習をしておくとよいだろう。

化学

大問5題。ほぼ標準問題で構成されているが、やや難しい設問が含まれることがある。大問によって難易度の差が大きい。大問3はロイコトルエン類という馴染みのない物質で取り組みにくかったかもしれないが、酵素反応として整理すると解ける。例年、問題量、計算量が多く、スピードが必要となる。グラフ、実験図の出題も多い。参考書の発展的な項目も把握しておくとよい。他のマーク式の入試問題に数多くチャレンジして、ぜひ解答力を磨いてほしい。

生物

18年度同様、大問5題構成。非常に基本的な典型問題で構成されている。解答群も紛らわしいものが入っていることが少ない。典型問題ではない大問2の計算問題も、条件をしっかり読み、書かれている情報伝達の経路を図に起こすことができれば混乱せずに解けたのではないか。本学は進化、分類の問題や生態系の知識問題など他大学ではあまり出題されない分野も毎年出題されるので、全分野で手を抜かずに偏りなく学習しておくこと。

物理

解法は標準的なものが多いとしても、事例が細かく設定されており、また計算量も複雑で数値を一桁ずつマークする問題が多いため、正解に達するには努力を要する。計算に時間をかけすぎるあまり、すべての問題に手が回らないことがないよう、時間配分には十分注意すること。また時間がかかりそうな問題は後に回し、すぐに解答できる問題から解いていきたい。ここ数年、光の反射・屈折、レンズ、気体の状態変化の問題は頻出なので、多くの応用事例に挑戦しておきたい。

予備校の検索はこちら

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!オンライン授業 おすすめ予備校特集