医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の問題傾向と対策 » 兵庫医科大学の傾向と対策

兵庫医科大学の傾向と対策

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2018年12月現在の情報です。

兵庫医科大学について

アドミッションポリシー

■教育理念と目的
兵庫医科大学は建学の精神である「社会の福祉への奉仕」「人間への深い愛」「人間への幅の広い科学的理解」を基本的な理念とし、人間への深い愛情を持ち、かつ科学的な観察・理解に基づいて、社会の福祉に奉仕できる医師を育成することを目的としています。

本学では、別に学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を掲げており、その方針に則り目的を達成するために次のような人物を求めます。

■求める人物像

関心・意欲・態度
・医師となることについて明確な目的と情熱を持っている。
・病める人に対する思いやりを持ち、痛みに共感できる。
・豊かな教養と人間性を有する。
・常に努力を怠らない強い向上心を持ち、自ら進んで学習し、生涯にわたって自己啓発・自己学習・自己の健康増進を継続する意欲がある。
・科学への好奇心を有し、疑問に対して積極的に追求する姿勢を有する。
・自己犠牲の精神があり、社会に奉仕する心を持つ。

思考・判断
・高い倫理性を有し、良心に従い行動できる。
・自分の考えや行動に責任を持ち、それを周囲に明確に示すことができる。

技能・表現
・協調性に富み、周囲の人と十分なコミュニケーションを取ることができる。
・多様な価値観を理解でき、相手の立場に立って接することができる。
・知識、技能をわかりやすく伝えることができる。

知識・理解
・本学の医学教育プログラムに対応できるしっかりとした基礎学力を有する。

 入学するまでに理解、習得していることが望ましい教科、科目
 ・数学
 数学I、数学II、数学III、数学A、数学B(「数列」,「ベクトル」)
 ・外国語
 コミュニケーション英語I、コミュニケーション英語II、コミュニケーション英語III、英語表現I、英語表現II
 ・理科
 物理基礎・物理、化学基礎・化学、生物基礎・生物
 ・その他
 基礎的な読解力、表現力、判断力、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度、論理的思考力、分析能力、社会の仕組みの理解と変化する社会情勢に対応する素養

このような人物の受け入れを行うため、本学では次のような入学者選抜を実施しています。

■選抜方法の趣旨
地域医療を含む日本の医学・医療・福祉・保健に広く貢献できるよう、一般入学試験に加えて一般公募制推薦入学試験、地域指定制推薦入学試験を行い、多様な人物を受け入れることを目指しています。
一般入学試験では、高等学校において十分な学力を修得した学生、或いは同等の学力を有する学生を選抜します。一般入学試験B(高大接続型)では、自ら進んで英語力を身につけ、国際的に活躍しようとする意欲を有することを重視します。推薦入学試験では、高等学校において一定のレベルの学力を修得したと認められる学生の推薦を求めますが、これに加えて、スポーツ・文化活動、検定資格、生徒会活動なども評価の対象としています。

評価・重視する点や具体的な判定方法は次のとおりです。

・一般公募制推薦入学試験
充実した高校生活を送り全教科にバランスの取れた学力と優れた人間性を有する方を求めます。また、高等学校で多様な活動をした方、個性的な活動をした方も歓迎します。医学を学ぶのに必要な学力をみるための基礎学力検査、表現力、論理的思考力をみるための小論文試験、目的意識、コミュニケーション能力、表現力、判断力、協調性などをみるための面接試験を行います。基礎学力試験、小論文試験、面接試験、調査書などを含めて多面的、総合的に判定します。

・地域指定制推薦入学試験
将来の地域医療を担う医師を確保するため居住地域を限定して募集するもので、試験は一般公募制と同じですが、地域医療に対する理解・意欲などを含めて評価します。この制度により入学した方は地域医療に関する実習を履修します。

・一般入学試験
高等学校において十分な学力を修得した学生に加えて、社会人や他学部卒業生などを含めて幅広く人材を募集します。一般入学試験A(4科目型)では、医学を学ぶのに必要な学力をみるための個別学力検査は3教科4科目を課します。小論文試験は読解力、分析能力、論理的思考力等を計ります。面接試験では医学への志向と勉学意欲、表現力、判断力、協調性、コミュニケーション能力を持っていることを重視します。一般入学試験B(高大接続型)では、個別学力検査に加えて、英語の資格・検定試験を用いて英語の4技能を計ります。個別学力検査、小論文試験、面接試験、調査書などを含めて多面的、総合的に判定します。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 学務部入試課/〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1
TEL:0798-45-6162
募集要項の請求方法 大学のホームページ/テレメール/入試課あて郵送 
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ

http://www.hyo-med.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。 Google Map

アクセス 阪神電鉄武庫川線武庫川駅下車、西改札口から徒歩約5分。
学部学科・定員 医学部=医学科112
大学院 医学研究科=医科学専攻、先端医学専攻
おもな付属施設 大学病院、ささやま医療センター、急性医療総合センター、先端医学研究所、国際交流センター、医学教育センターなど。
沿革 昭和47年に開学した。

兵庫医科大学の入試問題の傾向と対策

英語

傾向

読解と英作文のみの出題である。しかし大問2・3の空所補充、大問4の語句整序、大問5の和文英訳では文法の知識が必要となる。今年度は長文の語数が大幅に減少したが、大問1で100語程度の英文を全訳する問題が出題されたため、丁寧な記述解答を心掛けると、それほど時間に余裕はない。和文英訳は例年通り難しい。しかし全体的に見ると易化傾向にある。主な設問は、選択形式では語句空所補充と語句整序、記述形式では和文英訳と英文和訳である。

対策

整序作文問題集(『英語整序問題精選600』)をしっかり演習すること。長文対策は『やっておきたい英語長文500・700』と『英文熟考上・下』で下線部和訳と内容説明を中心に演習する。和文英訳は『入門33パターンはじめる!英作文』『実戦編 英作文のトレーニング』で練習を積んだ後、本学の過去問(2014年度・2015年度・2016年度・2017年度)や国公立大学2次試験の過去問(京都大学・大阪大学)を演習し、英語表現力を高めておく。今年度も空所補充で前置詞が多く出題されたため、文法の参考書で各前置詞が持つ意味・役割を学び、特定の動詞と結びつく前置詞を覚えておくとよい。

数学

傾向

2017年度以降、[1]の小問集合は1問減って4問になり、基本的な問題だった。過去には大問以上に難しい問題が出題されることもあったので、注意が必要である。[2][3]の大問は、1問は微積分で、もう1問は場合の数、確率、複素数平面が頻出である。誘導形式の大問で、難易度にかなりの差がある。経験の有無に左右されそうな問題が多い。2018年度[2]の減衰曲線は2013年度にも出題されている。また、問題用紙に配点が記載されている。

対策

『チャート』や『チョイス』、『プラチカ』などを使って、全範囲の定型問題を素早く確実に解けるようにしておくことが何よりも必要である。過去によく出題されていた難易度の高い小問集合であれば、大問から解くべきである。大問については、過去問を参考にして、難関国公立大学の問題で思考力を養うのがよい。確率、数列、微積分に関しては、ハイレベルな問題をできるだけ多く経験しておくと有利になるだろう。大問については、過去問演習が有効である。

物理

傾向

見慣れた問題が多いが、設問・計算量が多く、導出過程も示すことが要求されているので解答時間に余裕はない。ほぼすべての分野から出題されており、標準的な問題集で偏りなく学習しておきたい。細かい知識も含めて原子分野が頻出である。例年、描図問題があるので、教科書などの図は眺めるだけでなく、自力で描けるように練習しておくこと。

対策

問題のレベルは標準的であるので、まずは教科書傍用問題集や『良問の風』などを通して、基本~標準レベルの問題は確実に得点できるようにしておくこと。また、知識問題が出題されるので、法則や現象の名称などはしっかりと整理しておこう。小問集合は時間がかかるため、まずはそれ以外の問題から解答し、残った時間を小問集合にあてるなど、時間の使い方を工夫しよう。

化学

傾向

大問3題。2015年度以降、難易度は落ち着きつつあるが、計算問題と論述問題がメインであり、時間的に厳しい。解答用紙に解答と計算過程を記入するが、過程の記載スペースは広めである。無機化学では、化学用語、化学反応式の問題が多い。有機化学は、脂肪族、芳香族の出題が続いていたが、ここ2年で、グラフ作成、高分子(2018年度に合成高分子、2017年度にペプチド)が出題された。論述問題では簡潔に記すことを求められるが、字数制限がないため適切な字数で記入する必要がある。

対策

『スタンダード問題230選』『化学重要問題集』などを繰り返し解いて、解法を身につける。正確に化学反応式や構造式を書けるようにしておく。計算問題では、解答用紙に計算過程を記載するつもりで、答案を書く練習をしておこう。そのとき、わかりやすく、迅速に記せるように気をつけよう。今後、理論化学の計算問題、グラフ問題はもちろん、脂肪族、芳香族、高分子の対策もしっかり進めておこう。また、難関国公立大学の過去問にも取り組んでおくとよい。

生物

傾向

2015年度、2016年度の2年間は大問7題構成であったが、2017年度、2018年度は大問6題構成に減少した。2012年度以降年度によるバラツキはあるが、大問6~8題である。また、2011年度以降大問1は小問集合になっていて、小問数は近年増加傾向にあり、 2016年度、2017年度は20問であったが、2018年度は15問に減少した。これらの小問は「すべて選べ」という形式がほとんどであり、正確な知識が要求される。また、大問2以降には毎年60字~200字程度までの長い論述問題が含まれ、ここが合否を分ける。
<頻出分野>タンパク質と生物体、動物の反応、遺伝子、生物の多様性と生態系、分類・進化、体内環境

対策

『理系標準問題集』などを用いて、全分野漏れのない基礎知識を身につけた上で、2009年度以降の過去問を使って大問1の小問集合の「すべて選べ」の正誤問題や長い論述問題に慣れておこう。また、論述については、本学の過去問以外にも、『2019年度受験用全国入試問題正解生物』の「論述・記述問題一覧」などを利用して、字数制限のある長文の論述を普段から練習しておくことを勧める。正誤問題、論述のいずれも時間的に余裕がないため、速く解く練習も必要である。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス 激化する医学部受験を勝ち抜くために~合格する力の鍛え方~

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!