医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の出題傾向と分析 » 兵庫医科大学の傾向と分析

兵庫医科大学の傾向と分析

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2019年12月現在の情報です。

兵庫医科大学について

アドミッションポリシー

兵庫医科大学は、学校法人兵庫医科大学の「建学の精神」である「社会の福祉への奉仕」「人間への深い愛」「人間への幅の広い科学的理解」を基本的な理念とし、人間への深い愛情を持ち、かつ科学的な観察・理解に基づいて、社会の福祉に奉仕できる医師を育成することを目的としています。

本学では、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)および教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)を掲げており、その方針に則り、上記目的を達成するために次のような人物を求めます。

■求める人物像

関心・意欲・態度
・医師となることについて明確な目的と情熱を持っている。
・病める人に対する思いやりを持ち、痛みに共感できる。
・豊かな教養と人間性を有する。
・常に努力を怠らない強い向上心を持ち、自ら進んで学習し、生涯にわたって自己啓発・自己学習・自己の健康増進を継続する意欲がある。
・科学への好奇心を有し、疑問に対して積極的に追求する姿勢を有する。
・自己犠牲の精神があり、社会に奉仕する心を持つ。

思考・判断
・高い倫理性を有し、良心に従い行動できる。
・自分の考えや行動に責任を持ち、それを周囲に明確に示すことができる。

技能・表現
・協調性に富み、周囲の人と十分なコミュニケーションを取ることができる。
・多様な価値観を理解でき、相手の立場に立って接することができる。
・知識、技能をわかりやすく伝えることができる。

知識・理解
・本学の医学教育プログラムに対応できるしっかりとした基礎学力を有する。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 学務部入試課/〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1
TEL:0798-45-6162
募集要項の請求方法 大学のホームページ/テレメール/入試課あて郵送 
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ

http://www.hyo-med.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。 Google Map

アクセス 阪神電鉄武庫川線武庫川駅下車、西改札口から徒歩約5分。
学部学科・定員 医学部=医学科112
大学院 医学研究科=医科学専攻、先端医学専攻
おもな付属施設 大学病院、ささやま医療センター、急性医療総合センター、先端医学研究所、国際交流センター、医学教育センターなど。
沿革 昭和47年に開学した。

兵庫医科大学の入試問題の出題傾向と分析

英語

大問数の変化はない。読解量がやや増加したが、十分時間内に解答できる量だ。4題ある読解は空所補充、英文和訳、語句整序、同意語選択のみの出題。内容一致や内容真偽が出題されないため、全体を把握するよりも細部まで丁寧に読み込むことに重点を置いた方がよい。英文の文構造を把握し、よりよい日本語にする練習をしよう。さらに前置詞や動詞の語法を意識すること。難解な英作文対策として、国公立大2次レベルの和文英訳の演習は欠かせない。

数学

大問1は小問集合で幅広い範囲から出題された。過去には大問以上に難しい問題が出題されていたが、17年度からは基本的な問題が中心となり、問題数も減っている。大問2、3は誘導形式の大問で難易度にかなりの差があり、経験の有無が出来を左右する問題が多い。典型解法を習得した上で、過去問を解いて本学の問題に慣れておくとよい。難度の高い問題の対策としては、難関国公立大の問題で思考力を養うことが効果的であろう。

化学

大問3題。理論・無機2題、有機1題。以前は難しい出題が続いたが、19年度はすべての大問で解きやすい問題が増加した。また計算過程、方法や理由を記載する設問が減少した。理論・無機は典型問題で構成されており、有機は芳香族からの出題で、高分子は出題されなかった。解答スペースが広いため、計算、論述、グラフをしっかり書いてほしい。易化したとはいえ、受験生のレベルを考えると、より正確に解答できることを求められる。積極的に国公立大の問題や記述模試などに取り組んでおくとよい。

生物

15、16年度は大問7問構成だったが、17年度から大問6問構成になった。12年度以降は年度によって多少バラツキがあるものの、大問6~8題。毎年100~200字程度の長い論述が出題される。11年度以降、大問1は小問集合になっている。小問数は、16、17年度は20問だったが、18年度から14問に減少した。また、小問集合から「すべて選べ」という形式がなくなり、選びやすくなった。全体の問題量が多いので、解ける問題から素早く解いていくことが必要。

物理

標準的な問題が幅広く出題される上、試験時間に対して問題量が多い。その上、導出過程の記述も要求されるため、時間的な余裕はなく、手際よく解き進めることが求められる。そのため、解答順序や時間配分に注意が必要だ。原子分野が頻出で、17年には細かい知識を問う問題が出題された。描図問題がよく出題されるので、教科書などの図を自力で描けるように練習しておくこと。

予備校の検索はこちら

メディックTOMAS 教務担任、プロ講師、T.A.の連携で作り上げる 万全のサポート体制

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集