医学部予備校 四谷メディカル

医学部予備校 四谷メディカル:ロゴ

今からでも合格させるプロたちが在席。「偏差値30、多浪でも必ず合格させるため」の科学的手法を駆使し毎年医学部突破!私たちにお任せください。

  • 個別指導あり
  • 少人数制
  • オンライン選択可
  • 個別が安い
  • 集団が安い
  • 合格保証制度
  • 専用寮あり
  • 提携寮あり
  • 専用自習室
  • 実績15年以上
  • 中学生受入
  • 編入対策
  • クラス分け
  • メンタルケア
  • 優待生制度
  • 医生チューター
医学部予備校 四谷メディカル:メイン画像

授業の無駄をやめる選択、他校の4倍以上の演習量は譲らない姿勢、一人の教官が日々の全科目の学習量を管理、最新科学的学習法で合格実績を重ね続けている自信、多浪でも必ず合格させる自負、この5つを主軸にラボラトリー(研究室)制を導入し、最難関上位医学部を目指す受験生は無論、偏差値30でも合格可能な科学的システムにて、教官と同じ部屋で毎日を過ごし、一人の担任が日々の学習配分量や学力を考えながら演習量や課題を考え進めていきます。 我々にお任せください。

四谷メディカル 【四谷メディカル】中学生から医学部を目指せ!勉強は人生を豊かにしてくれる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 四谷メディカル校長 中 裕子 氏
    取材協力者
    四谷メディカル
    校長
    中 裕子 氏
  • 医学部予備校ガイド 松田 翔
    インタビュアー
    医学部予備校ガイド
    担当
    松田 翔

生徒は高校生、浪人生そんなイメージがある医学部専門予備校ですが、そんな中、中学生を積極的に受け入れているのが四谷メディカルです。中学生から医学部専門予備校に通うと聞くと、勉強漬けの辛い学生生活をイメージされる方も少なくありませんでしょうが、「中学生から学部専門予備校で学ぶことで生き生きとした人生を送ることができる」そう断言するのが、四谷メディカルの中裕子校長です。中校長へのインタビューを通じて、医学部受験の現状、そして、中学生から医学部専門予備校に通うことのメリットについてお伝えしていきます。

中学生という早い時期から医学部受験を見据えて勉強することが重要とのことですが、それは医学部受験のどういった状況を受けているのでしょうか。

難易度等はここ数年大きく変わっていないが、入試問題の傾向に変化が起きている。

中学生という早い時期から医学部受験を見据えて勉強することが重要とのことですが、それは医学部受験のどういった状況を受けているのでしょうか。

松田: まず初めに、中学生という早い時期から医学部受験を見据えて勉強することが重要とのことですが、それは医学部受験のどういった状況を受けているのでしょうか。

中: 医学部受験全体の状況はここ数年変わっていません。難化して高止まりといった状況ですが、医学部の入試問題の傾向は最近2つの変化がありまして、早めの対策の重要性が増しているように思います。

松田: 2つの変化について、詳しくお伺いできますでしょうか。

中: 1つ目は、数学が難化していることです。これはアメリカで始まったSTEM教育の影響を受けているものです。 STEMとは科学・技術・工学・数学の英単語それぞれの頭文字をとった言葉で、理系の教育に力を入れて国力を上げる動きなのですが、この考え方が日本の医学部受験にも影響を与えています。
医者も科学者なので、物事を論理的に考える能力が必要で、論理的思考力は参考書などにない新しいタイプの問題を解くことが出来るかで見ることが出来ます。
そのため、高校生になってから本格的に数学を勉強し始めた学生は医学部受験の数学で高い点数を取ることは難しく、中学生の段階から数学が得意だった、数学が好きで訓練を積んできた学生が有利になる傾向があります。
理科(化学・生物)、英語といった受験科目は論理的思考力を測るような新しいタイプの問題というのはあまり出題されないのですが、数学というのはいくらでも新しいタイプの問題が作れます。新しいタイプの数学の問題を出題することで、受験生の思考力を測り、思考力のある受験生を入学させようという狙いで数学を難化させてきているのだと思います。
これに太刀打ちできるだけの論理的思考力をつけるためには、先を見据えて中学生の時から質の高い数学教育を受ける必要があります。

松田: 論理的思考力を測るために数学が難化しているということですか。もう一つの変化はどのような変化でしょうか?

中: 2つ目は、物理の問題が易化していることです。生物選択の多いイメージが強い医学部受験ですが、物理医学という 分野もあるように、医学界における物理の重要性は増しています。生物は入学後に授業時間を確保して丁寧に教えますが、物理に関しては勉強した状態で入学してほしいので、1年間しっかり勉強したらできる問題を出題しています。受験生にとっては狙い目の科目となっていることが多いです。
しかし、どうしても受験生、特に1年と期間が決まっている高3生・浪人生は、数学・英語などの科目に課題意識を持っている人が多く、理科の対策まで手が回らないという人が多いのですが、物理の点数が取りやすくなっている中でもったいないなと思います。
理想は数学・英語は中学生から重点的に学習し、高校1年・2年である程度形にして、受験期には理科の対策もできる状態を目指すべきかと思います。

松田: 中学生から数学を早めに対策をして、数学の得点力を確保しつつ、受験前は点数の伸びやすい科目に時間をかけるのが理想ということですね。

中: 加えて、医学部の二次試験には専門の対策が必要だというのはいつも思っています。小論文では最低限論理的書けている必要があり、ちょっとしたコツがいります。また、面接ではなぜ医学部に行きたいのか、という志望動機を徹底的に聞かれるのですが、ここは暗記ではなく自分の言葉で語れる必要がある、というのが医学部受験、特に2次試験の現状だと思います。

ここまでお伺いした変化がある中で、医学部を目指す受験生はどういった対策をすればいいのでしょうか?

腰を据えて数学に取り組み、二次試験の対策をすることが大切です。

松田: 変化する医学部受験の傾向に合わせて、受験生はどういった対策をするべきでしょうか。

中: 合格のために必要な対策は2つです。腰を据えて数学に取り組む。小論文や面接の対策を早い段階から余裕をもってすることです。
数学では、本質を理解することが必要になります。現在、主流となっている思考力を問われる新しいタイプの問題に暗記で対応することは不可能です。
受験まで余裕がないタイミングで医学部の数学に着手すると暗記に終始してしまい、医学部の問題のレベルに太刀打ちできない状況に陥りがちです。

松田: では、数学の本質を理解するためにはどのような対策をすればいいのでしょうか?

中: 数学の本質を理解するためには自分で定理を証明できるようになる必要があります。定理が証明できるほど数学の本質が理解できていれば、新しいタイプの問題にも対応できます。数学の本質を理解したうえで、国語力を磨いて問題を見た瞬間に求められていることを見抜く力がつけば、数学の問題を感覚や暗記に頼らず機械的に解けるようになります。

松田: 新しいタイプの数学の問題に対応するためには今までの受験対策数学とは違った対策が必要という事ですね。では、小論文、面接の対策は具体的にどういったことをすればいいのでしょうか?

ここまでお伺いした変化がある中で、医学部を目指す受験生はどういった対策をすればいいのでしょうか?

中: まず、小論文についてお話ししますね。前提として、小論文というのは少人数の採点者が大勢の受験生の答案を採点しています。そして、大学が見ているのは受験生の思想ではなく、論理的思考力です。文章を読んで、論理が通っているかどうかということが主な採点項目なので、自分の考えを論理的な文章にできるようになれば点数は取れます。続いて、面接についてお話しますが、面接で見られているのは医師としての適性ですね。単純に医師になる適性があるかどうかだけでなく、うちの大学で医師になる適性があるかというところまで見られています。なので、自分の言葉で最後まで語りつくすことが大切です。「なぜ医師になりたいのか?」、「医学部に入って将来何がしたいのか?」という問いに自分の言葉で答えられるようになる必要があります。

医学部に合格させるための四谷メディカルの指導とは?

演習授業の状態で、無駄のない授業を行います。

医学部に合格させるための四谷メディカルの指導とは?

松田: 医学部に合格するために四谷メディカルではどのような指導をしているのでしょうか?

中: 演習授業の形態で、無駄のない授業を行います。

松田: 演習授業とはどういった授業形態でしょうか?

中: 演習授業とは一つの教室で授業を受ける生徒たちがそれぞれ自分で問題を解きながら、講師の添削を受けるというスタイルの授業です。普遍的な集団授業と個別授業についてですが、集団授業では、自分が理解できているところも周りに合わせて授業を受ける必要があるほか、逆に自分がわからないまま授業が進んでいくことがあります。一方の個別指導では、自分以外の学生の学力や進度というものが一切わからず、講師が必要以上のコマ数の授業を受講させようとすることも少なくありません。演習授業では進度が一人ひとりに合っているので、無駄がない授業が受けられるだけでなく、周りの生徒の進度や学力を知ることが出来るのでいい刺激を受けることが出来ます。演習授業という指導形態が最も無駄のない授業形態だと私は考えています。

松田: 長年の医学部受験業界での指導の末に、演習授業という授業形態に落ち着いたということなのですね。

中: そうですね。さらに、四谷メディカルで演習授業を行っている講師はどこの医学部を受けても合格することが出来る能力の高い講師だけです。ここで言う、合格とは指導科目が合格点に達するだけでなく、受験科目を全て受けて合格できることを指しています。講師は担当の教科以外のことも熟知しているので、生徒一人ひとりに一日や一週間という単位でバランスを意識した指導をすることが出来ます。その中でも数学を担当している講師達は「大学への数学」を執筆してきたような数学力が高い講師達です。彼らの数学力が高いということは教える力も高いということです。これから医学部受験において、数学の重要性が増していく中、数学力を高めるノウハウを持っているのが四谷メディカルの強みです。

松田: 数学の重要性が増していく中で、四谷メディカルが持つ数学力を高めるノウハウの価値は上がっていくでしょうね。
それでは最後に医学部受験を目指す方へのメッセージをお願いします。

中: 医学部受験は難易度も高く、多浪生もいます。浪人が続いているご家庭というのはお子様のみならず、親御さんも辛い思いをされていると思います。悩みを抱えられているご家庭にお伝えしたいのですが、医学部受験には合格するための正しい方法というものがあり、医学部入試というのは基本的には1年で合格することが出来るものです。四谷メディカルでは、受験生とその親御様にそれらを惜しみなく伝えていきます。疑問に思う人はぜひ体験授業に来てください。

編集者のコメント

今回の四谷メディカル中校長のインタビューを通じて、医学部入試において数学の重要性が増しているということを知りました。また、四谷メディカルならではの授業形態と実力講師陣について知ることで、現在、そして、これからの医学部受験の数学で得点を取るためには四谷メディカルは申し分ない環境なのではないかと感じました。数学の点数が伸びずに苦しんでいる受験生は少なくないはずです。「数学の本質を理解して高得点をとり、医学部に合格したい!」そんな気持ちを持った受験生はぜひ、四谷メディカルを訪れてはいかがでしょうか?

大学ゼミのようなラボラトリー(研究室)制を導入している医学部予備校。授業担当の先生と同じ部屋で毎日を過ごし、先生が1日学習配分量や学力を考えながら演習や課題を考え進めていきます。どのゼミも1年で医学部に合格することを目標に日々勉強します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加