医学部予備校ガイドTOP » 【学び舎東京】わずか半年間で大逆転合格を成し得た秘訣

わずか半年間で大逆転合格を成し得た秘訣

  • 原プランナー
    原プランナー
    学び舎東京
    学習プランナー
  • 杉原良英氏
    杉原良英氏
    合格大学:
    山梨大学
  • 松田 翔
    松田 翔
    医学部予備校ガイド
    担当

高3の夏までは部活に夢中!!??

杉原良英氏

松田:まず初めに、学び舎東京の入塾前のことや、入塾された時の課題などについてお伺いできればと思います。杉原さんは、高3の夏まで熱心に部活動に打ち込んでいたそうですが、当時はどんな生活を送っていたのですか?

杉原:僕は学び舎東京に入塾する前にずっとバスケットボールをやってきました。僕が通っていた高校は部活動に力を入れているところで、そもそもバスケがしたくてその高校を選びました。部活の休みは大晦日と正月三ヶ日を含め年間数日程度で、本気でインターハイを目指していたので、元日の休みすら返上して自主練習しました。最後に山梨県3位という成績を収め、6月に引退しました。

松田:6月まで部活をされていたのですね。いつ勉強されていたのですか。

杉原:だいたい20時半に帰宅し、それから英語と数学をメインに勉強するような感じでした。

松田:部活に勉強にと、とてもハードですね。一般的に夏から本格的な受験勉強を始めるのは医学部志願者の中では遅いスタートに感じます。焦りはありませんでしたか。

杉原:そんなにはありませんでした。全力で取り組んでギリギリ達成できる目標だと自覚していましたから、ただ目の前のことだけに専念しようと決めていました。むしろ勉強一本になって気が楽になったくらいでした。時間的にももちろんそうですし、バスケと勉強を比較したときに、勉強の方が取り組みやすい印象がありました。

松田:勉強の方が取り組みやすいというのはどういった理由があるのでしょうか。

杉原:バスケはチームスポーツであることや、相手もあり不確実な要素が多いです。一方で、勉強は自分との戦いなので努力が結果と結びつきやすいと感じていました。運の要素が少ないので取り組みやすいと感じました。

松田:なるほど、やったことが顕著に現れる勉強だからこそ自分なりに合格から逆算をして計画を立てていたのでしょうね。7月以降どのような生活を送られていたのかは後ほどお聞きします。ここで原プランナーに伺います。杉原さんの入塾時の印象はどのようなものだったのでしょうか?

原:非常に戦略的なマインドを持っていると感じました。部活をやっていた人の中にはメンタルは強いが精神論に走りがちな人が多くいる中で、戦略性をもって計画的に進められるのは、医学部を目指す上で非常に価値があります。また入塾時点で英語と数学の成績は悪くなかったので、あとはしっかりと学習量を確保しつつ、同時に学習生産性を高められれば、残り半年でも医学部受験の合格ボーダーラインまではもっていけると確信しました。

パーソナルトレーニングの強みを最大限に発揮しています。

原プランナー

松田:夏期講座では、通常1ヶ月半に及ぶ夏期講座を3週間に短縮して実施したそうですね。

杉原:僕は山梨に住んでいるのですが、夏期講座の間は東京の親戚の家に滞在して通っていました。通塾可能期間が限られていたので全てを3週間で収めるようにプランニングしてもらいました。

松田:杉原さんに合わせたカリキュラムをカスタマイズしてもらったということですね。ここからは教科別に詳しくお話を伺いたいと思います。ネックになっていたのはどの教科だったのでしょうか?

原:理科です。具体的には、私たちが「精読」と呼んでいる授業を行いました。これは、講師と生徒が教科書を読んだ後、講師の質問に答える形で自分の言葉で教科書の内容を説明できるようにしていくというものです。提示された質問に対して完全な説明を求めるので、甘いところには追加の質問を入れて、より詳しい説明をしてもらいます。こうした問答をくりかえし、教科書の内容が詳しく説明できるようになる状態を目指します。一般的な予備校の授業では、過去問の演習を中心に行い、その解説をしていくという方法で理科の勉強を進めることが多いのですが、それでは知識の定着度にムラがでやすくなってしまいます。私たちは、教科書レベルの知識を高い精度で押さえることで、確実な基礎力を養います。1対1の個別指導だからできるメソッドだと思います。

杉原:このトレーニングに取り組んだことで、頭の中で考えが整理されていると実感しました。夏休み明けに模試を受けたときには、理解力が上がっていたので問題を解いているとひっかけパターンにも気付けました。第1回の全統マーク模試では、物理52点、化学61点でしたが、最終的には安定して高得点を取れるようになりました。

松田:精読に取り組んだおかげで基礎が身に付いたんですね。その他の科目に聞かせてください。英語はどうでしたか。

杉原:英語はもともと好きだったので、部活をやっていたときも勉強していました。学び舎東京ではこれまでと全く違う指導を受けたおかげで、さらに力をつけることができました。中でもシャドーイングは強く印象に残っています。そもそも学び舎東京に入塾を決めたのも、英語の体験授業を受けて面白そうだと思ったからです。リスニングは内容が聞き取れなかったのですが、授業後にはできるようになった実感が沸いてきました。山梨では見たことも聞いたこともないやり方でした。地元でみんなと同じことをやっていても合格は遠いと考えていた当時の自分にとって、こんな先進的な教え方をしてくれる予備校なら山梨からでも通う価値があると思いました。

松田:画期的な英語の指導法に魅力を感じられたのですね。英語指導について詳しく教えてください。

原:学び舎東京の英語指導は、弊社が運営する他の予備校や、英語のジム『ENGLISH COMPANY』と同様に、第二言語習得研究という学問の知見をベースに開発したオリジナルメソッドを用いています。例えば、音読やシャドーイングのように声に出すトレーニングを多く盛り込んでおり、学び舎東京には音声系トレーニング専門の自習室 “Practice Room” も設けています。音読は問題を解く時の黙読の速度アップに繋がり、シャドーイングは音声知覚の自動化を促します。自分で「言える音」が「聞ける音」になるので音声知覚の精度が向上します。

杉原:自分のシャドーイングをトレーナーがチェックしてフィードバックをもらえるのはとてもためになりました。ここが個別指導の良い点だと思います。

松田:個別指導による英語指導の強みによって成績を伸ばされたのですね。数学はどうでしたか。

杉原:数学にも苦手意識はありませんでした。学び舎東京の先生は、少しでも疑問があると分かりやすく解説してくれて、様々な角度からの解き方を教えてくれました。

原:数学は解き方を思い付く力を養うことが大切です。解説を見ればどの公式や定理を使えばいいか理解できますが、まずは問題を見てそれを自力で思い付けるようにならないといけません。これも個別指導だから提供できるものだと思います。

松田:個別指導できめ細やかに指導できるからこそ答えの丸暗記だけで考え方や自分で考える癖を身に付けられるのですね。

半年で合格をつかんだ勝因とは??

原プランナーと杉原良英氏

松田:率直にお聞きします。合格をつかんだ勝因は何だと思いますか。

原:彼は取れるところで取るという戦略的かつ合理的な考え方の持ち主でした。そのため合格から逆算して必要なカリキュラムを学び舎東京でアレンジし、最短で合格するための力をつける計画を立てました。その上で予備校での勉強、たくさんのホームプログラムを弱音を吐かずにこなしました。学び舎東京のカリキュラムは最後までやりきれば、合格に必要な力は全て揃う設計になっているので、それを短期間で持ち前の精神力と戦略性で乗り越えたことが勝因だったと思います。

松田:杉原さんの強みと学び舎東京の強みがマッチしたのですね。今回の合格に対する周りの人たちの反応はいかがでしたか。

杉原:家族、親戚、そしてバスケ部の仲間達も、みんな喜んでくれました。僕は受験のために夏で部活を引退したのですが、そのまま続けている仲間達もいて、そんな彼らの頑張りや活躍を小耳に挟んでいたので、自分も負けられないと思って勉強しました。目指すものは違くなったけどまだ1つのチームだと思っていたので、みんなが笑顔で「おめでとう!」と言ってくれたときは本当に嬉しい気持ちでいっぱいになりました。実は、合格したことはほんの数人にしか伝えなかったのですが、医学部に進学すること自体が珍しいような学校なので、噂がどんどん広まっていき、たくさんの人から祝福してもらえました。半年間ずっと並走してくれた学び舎東京の先生・スタッフの方々ももちろん喜んでくれました。

松田:この半年が充実したものだったことが伝わってきました。それでは最後に、これから受験するみなさんへのメッセージをお願いします。

杉原:受験は将来の夢を叶えるための通過点と考え、楽しみながら乗り越えるものだと思います。辛い時もありますがそんな時は受験の先にあるビジョンを思い浮かべれば気持ちを保てます。その上でトレーナーの方々を信頼して、毎日の勉強を言われた通りこなせば合格は自然とついてきました。辛い時でも楽しみを見出しつつ自分の夢に向かって頑張ってください。

編集者のコメント

高3の夏から受験勉強を開始して医学部に合格することは決して簡単なことではないと思います。その中で原さんは杉原さんが半年で合格するために何をしたらいいかを考え、杉原さんの物事に対する考え方を理解し、それに合わせた学習方法を提案していました。個別指導だからこそ生徒の考え方にまで目を向け、理解して学習方法を提案できます。個別指導のメリットを最大限発揮し、生徒一人ひとりに合わせた学習方法を提案できるところも学び舎東京の魅力だと感じました。苦手を克服して合格を勝ち取りたい、難しい目標を乗り越えたいという方は学び舎東京で医学部合格を目指してみてはいかがでしょうか。

取材に協力していただいた予備校

学び舎東京 外観

学び舎東京

長時間の学習に専念できるよう、校内環境を完璧に整備。さらに「デジタル×アナログ」の効率のいいハイブリッド学習や、WEBを使った情報発信などの新しい取り組みにも注目が集まっています。常識にとらわれない、スマートに受験対策を。

予備校詳細を見る 資料請求リストに追加

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス 激化する医学部受験を勝ち抜くために~合格する力の鍛え方~

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集