祝合格
A.S

A.Sさん

年齢:
合格年度:
2019年度
受験時の状況:
浪人生
進学予定の大学(医学部):
和歌山県立医科大学
その他合格した大学:

通った予備校について

予備校の良かったところ

一浪目の時、大手予備校での多人数授業では先生の解説に対して、「たぶん理解しているだろう」と自分で勝手に思い込んでいましたが、少人数授業を受けて、先生方との距離が近く、何回も当てられるので本当に簡単なことでも、実は自分はこれまで完全には理解していなかったのかと気づくことがたくさんあり、少人数・個別ともに受けさせて頂きましたが、双方ともに、自一浪目の時、大手予備校での多人数授業では先生の解説に対して、「たぶん理解しているだろう」と自分で勝手に思い込んでいましたが、少人数授業を受けて、先生方との距離が近く、何回も当てられるので本当に簡単なことでも、実は自分はこれまで完全には理解していなかったのかと気づくことがたくさんあり、少人数・個別ともに受けさせて頂きましたが、双方ともに、自分の中で「本当に理解する」ことにつなげられたことが、とても良かったです。

進学先について

和歌山県立医科大学に進学を決めた理由は何ですか?

二浪目であり、センター試験の判定が最も良く、関西圏であったため。

勉強内容について

受験勉強の中で「効果を感じた」オススメの勉強法を教えて下さい。

勉強ができないことを悔しいと思う心を持つことが大事だと思います。なぜ自分はできないのか、その原因を分析し、こうすればできたのではないかと反省し、もう次は失敗するまいと思って自分自身を鼓舞していくうちにいつの間にかやり抜く力が身につきました。

メッセージ

最後に、これから受験する方々へのメッセージやアドバイスをお願いします。

勉強の悩みは勉強でしか解決できません。先生方が相談にのってくださっても、実行するのは自分です。どうすれば受験本番で自分の実力を出し切れるか、常に考え続ければ、夢に一歩ずつ近づくことができます。

この学生が通った予備校

医系受験専門【Medi-UP(メディアップ)】ロゴ

Medi-UPは、科目別のクラス分けテストで自分のレベルに合った少人数集団授業と、1対1のマンツーマン指導による個別指導授業をご用意しております。苦手科目は分からないところは分かるまで指導する個別指導授業で克服し、得意科目は緊張感と競争意識により切磋琢磨し合う少人数集団授業でさらに伸ばすことであなたの志望校合格を引き寄せます。【2022年度入試 1次合格者数161名 最終合格者114名(2022年度最終)】