祝合格
田中 航

田中 航さん

年齢:
合格年度:
2017年度
受験時の状況:
浪人生
進学予定の大学(医学部):
関西医科大学
その他合格した大学:
近畿大学/兵庫医科大学/岩手医科大学

通った予備校について

予備校の良かったところ

気さくで話しやすい先生が多く、質問をたくさん受け付けてもらえたのが良かったです。また授業は、講義で得た知識を使って演習授業を行う形式のものも多くあったので、自分の習熟度が確かめやすくて良かったです。

進学先について

医学部進学を目指し始めたのはいつ頃ですか?そのきっかけは何ですか?

 医学部進学を目指し始めたのは、高校二年生の夏からです。そのときに、大学のオープンキャンパスに行って、医学を学ぶための最新鋭の設備を目の当たりにして医学部に興味を持ちました。

関西医科大学に進学を決めた理由は何ですか?

志望大学は、4月には既に決まっていました。そして、志望大学の決め手は、教育環境が充実していたことに加えて、クラブ活動を積極的に行っていたところです。

勉強内容について

1日の平均自習時間
平日 休日
8 6.5
1日の平均睡眠時間
平日 休日
6 6

医学部の受験勉強を、本格的に始めたのはいつ頃ですか?

 医学部進学を目指し始めたのは、高校二年生の夏

受験勉強の中で「効果を感じた」オススメの勉強法を教えて下さい。

Medi-UPの少人数授業を中心に勉強を進めましたが、特に英語と物理・化学の成績が大きく上がりました。
(英語)『トップ英文読解』英文和訳における意訳のコツを教えてもらえたり、英文法を論理的・体系的に理解できる説明をしてもらえました。
(物理)『スタンダード物理』ただ公式を覚えさせるだけでなく、物理現象を用いて説明をしてもらえわかりやすかったです。
(化学)『ハイ化学演習』はじめのうちは難しくて解けない問題もありましたが、先生の説明によって化学を本質から理解でき、そういったレベルの問題にも対応できました。

受験勉強の中で「一番苦労したこと」はなんですか?

いくら頑張っても成績がふるわず、勉強に対するモチベーションが下がっている時期があったことです。そのときは、先生と個人面談をするなどして悩み事を聞いてもらい、不安を解消してもらって再び勉強に奮起しました。

受験期はどんなことにストレスを感じていましたか?その対処法は?

 どれだけ考えても解けない問題があったときに、ストレスを感じていました。そして、そういうときは、一旦勉強から離れて、自分のやりたいことをして、ストレスを発散していました。

参考書などについて

受験勉強で使っていた参考書と評価
科目 書籍名 おすすめ度
英語 システム英単語
数学 青チャート・チョイス数Ⅲ・スタンダード数学演習ⅠA ⅡB(数研出版)
理科 (化学)化学の新演習・重要問題集
理科 (物理)リードα・名門の森・重要問題集

入試情報をどこで集めていましたか?参考になりましたか?

Medi-Up主催の入試説明会で、入試問題の傾向の変化の有無や二次試験の面接の形式を確認することが出来ました。

担当講師・担任からのコメント

医学部を目指すには、毎日こつこつと勉強する必要がありますが、適度にリフレッシュをした方が勉強も捗ると思います。焦らず、心に余裕をもって受験勉強に取り組んで下さい。

この学生が通った予備校

医系受験専門【Medi-UP(メディアップ)】ロゴ

Medi-UPは、科目別のクラス分けテストで自分のレベルに合った少人数集団授業と、1対1のマンツーマン指導による個別指導授業をご用意しております。苦手科目は分からないところは分かるまで指導する個別指導授業で克服し、得意科目は緊張感と競争意識により切磋琢磨し合う少人数集団授業でさらに伸ばすことであなたの志望校合格を引き寄せます。【2022年度入試 1次合格者数161名 最終合格者114名(2022年度最終)】