医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の出題傾向と分析 » 東海大学の傾向と分析

東海大学の傾向と分析

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2019年12月現在の情報です。

東海大学について

アドミッションポリシー

医学部の教育研究上の目的及び養成する人材像を理解し、これらを達成するために自ら学ぶ意欲をもった人を求めます。

『求める学生像』
医学部で定めている学位授与のために求められている能力を身に付けることが期待でき、基礎学力が十分にあり、かつ、明日の保健・医療を担う強い使命感をもった人材。

<医学科のアドミッション・ポリシー>

医学部医学科の教育研究上の目的及び養成する人材像を理解し、これらを達成するために自ら学ぶ意欲を持った人を求めます。

『求める学生像』
医学科で定めている学位授与のために求められている能力を身に付けることのできることが期待でき、基礎学力が十分にある人材。

『医学科の入学者に求める知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』

(1)知識・技能
 英語では、高校での英語の科目を通して英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
 数学では、高校での数学の科目の履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身につけておくことが望ましい。
 理科では、高校での理科(物理、化学、生物)の科目の中から数科目を選択し、個々の項目の内容を理解していることが望ましい。

(2)思考力・判断力・表現力
 他者の意見を傾聴でき、自身の知識・体験を通じて共感でき、相手を尊重しながら自身の考えを発信できる能力を身につけていることが望ましい。

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 周囲と協調しながら、目標に向かって継続した努力や挑戦する姿勢を持てることが望ましい。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 入試広報課/〒259-1292 神奈川県平塚市北金目4-1-1
TEL:0463-58-6422
募集要項の請求方法 大学のホームページ 
※募集要項は紙媒体による配布を行わず、大学ホームページに掲載予定。
大学ホームページ

http://www.med.u-tokai.ac.jp/

学部所在地

〒259-1193 神奈川県伊勢原市下糟屋143 Google Map

アクセス 小田急線伊勢原駅から東海大学病院行バスまたは愛甲石田駅行バスで約10分、東海大学病院下車。
学部学科・定員 医学部=医学科118
大学院 医学研究科
おもな付属施設 付属病院、付属東京病院、付属大磯病院、付属八王子病院など。
沿革 昭和49年に医学部を設置した。

東海大学の入試問題の出題傾向と分析

英語

18年度から大きな変化はない。大問1~6は選択形式で標準レベルのため高得点を狙いたい。大問7、8は教科書レベルの記述問題だが、完答は難しいかもしれない。読解・会話文対策は700語程度の標準問題集やセンター試験対策問題集を、文法語彙対策はオールインワン系の問題集を1冊仕上げれば十分。差がつきやすい英文和訳と和文英訳は演習後に複数の視点で添削してもらうとよい。最後に本学の過去問で時間内に解答できるように練習する。

数学

18年度までは難化傾向にあったが、19年度は大問1の小問集が4題から5題に増えたものの、大問2が典型問題だったため易化した。大問1は基本的なレベルの小問集で確実に得点したいところだが、時間を使い過ぎないことも重要。大問2、3は誘導に従って解いていく標準的な問題。時間内に解き切るには各分野の典型解法が瞬時に浮かぶように練習しておく必要がある。特に、微積分、確率、数列、ベクトルは重点的に練習しておくべきだろう。余白が少なく計算スペースがないことにも注意したい。

化学

大問6題。各大問は小問4~5問で構成され、大部分がマーク式。記述形式は、化学用語、文字計算式、化学式だった。例年同様、最後の大問は各分野の小問集合になっていた。計算問題も出題されるが、大問2の結晶格子の問題のように、解が選択肢で与えられるときは効率よく計算できるとよい。基本~標準レベルの問題でバランスよく構成されている。標準的な問題の解法を幅広く習得した上で、過去問で形式と時間配分に慣れておくとよい。

生物

大問5題構成。2日目より1日目の方が若干解きやすい問題だった。知識問題は標準的なものが多いが、例年通り大問4と大問5の実験考察問題の要点が捉えにくく、解答に苦労したのではないか。前半に集中する知識問題をいかに速く確実に解答できるかが重要。本学は例年、人体・生殖発生に関して難度が高い考察問題や描画問題を出題する傾向があるので、この分野について考察を多く扱う問題集や図説を用いて細かい内容まで理解しておくとよい。

物理

大問4題構成。大問2題が記述式、残りの2題がマーク式。大問1、2は標準的な問題を多く含んでいるので、確実に正解しておきたい。大問3、4は難しい問題が多く、どの問題にどこまで時間をかけるか慎重に見極めて解答する必要がある。解答群も参考にして、できる限り多くの設問に答えていきたい。

予備校の検索はこちら

メディックTOMAS 教務担任、プロ講師、T.A.の連携で作り上げる 万全のサポート体制

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集