医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の問題傾向と対策 » 埼玉医科大学の傾向と対策

埼玉医科大学の傾向と対策

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2018年12月現在の情報です。

埼玉医科大学について

アドミッションポリシー

埼玉医科大学医学部では、ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)に示す教育到達目標を達成するために、カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)に沿った6年一貫統合カリキュラムが用意されています。そのカリキュラム・ポリシーにしたがって学習することができる、以下のような受験生を求めます。

1.調和のとれた豊かな人間性と生命への愛情を持ち、奉仕する精神を備えた人
・家庭や地域、学校等で豊かな交流経験をもつ人
・さまざまな分野における豊富な読書量と文化・スポーツ活動歴のある人
・社会、経済、地理、歴史、文学、等に関する豊かな知識と概念をもつ人

2.医学を修得するのに必要な基礎学力と問題解決能力のある人
・自然科学(物理学、化学、生物学、等)、数学(統計学等)、日本語(語彙、読解力、作文力)、英語(語彙、読解力、作文力)に関して基礎的な学力を有する人
・学んだ知識・概念を実生活の問題解決に応用できる人

3.自ら考え求めて学び、医学・医療を通じて社会に貢献する意欲と情熱のある人
・医学を学ぶにふさわしい人格と適性を備えている人
・自らの行動を省察し、主体的に行動を改善する力のある人
・生命科学へ興味を持ち、新たな知見を医学・医療へ応用する意欲のある人
・医師を目指す、明確で具体的な動機と、学習に臨む目標および具体的方針をもつ人

4.コミュニケーション能力に富み、他者を尊重し、他者の立場で考え、協調して行動できる人
・課外活動、社会活動等における豊富な経験と実績、適切な対人関係を築く能力のある人
・人の話を理解し、自己の感情と考えを他者に的確に説明できる力のある人
・人の心の動きを察したり、自分とは異なる思想・信条を受容できる人

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 医学部入試事務室/〒350-0495 埼玉県入間郡毛呂山町毛呂本郷38
TEL:049-295-1000
募集要項の請求方法 大学のホームページ 
※募集要項は紙媒体による配布を行わず、大学ホームページに掲載予定。
大学ホームページ

http://www.saitama-med.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。 Google Map

アクセス JR八高線毛呂駅下車、徒歩約3分。東武越生線東毛呂駅下車、徒歩約20分。東毛呂駅から埼玉医大行バスで約5分。
学部学科・定員 医学部=医学科129
大学院 医学研究科=生物・医学研究系専攻、社会医学研究系専攻、臨床医学研究系専攻、医科学専攻
おもな付属施設 大学病院、総合医療センター、国際医療センター、かわごえクリニック、ゲノム医学研究センターなど。
沿革 昭和47年に開学した。

埼玉医科大学の入試問題の傾向と対策

英語

傾向

例年文法が10題、会話文10題200語までの短文中空所補充が5題、100~400語程度の英文読解が5~8題程度、700語程度の英文読解が1題出題される。その他に語句整序が出題される年もある。700語程度の読解問題では内容読解以外に語の空所補充が頻出である。問題の難易度は標準的だが、分量が多い。短文中空所補充と100~400語程度の英文読解の中には難問が紛れていることがあるので注意が必要である。

対策

文法語法は標準的なものが中心であるため、『Next Stage』『グラマスター』『英文法ファイナル問題集(標準編)』をしっかり仕上げること。整序作文と会話文はセンター試験の過去問で、100~400語の英文読解対策はTOEICや英検の対策問題集を中心に演習する。700語程度の英文読解対策は『1日40分の英語長文』『やっておきたい英語長文700』を利用するとよい。最後に過去問で時間配分の練習をしっかりやっておく。

数学

傾向

2017年度は数Ⅲの出題が極端に減ったが、2018年度は以前のように[1]は小問集合、[3]は数Ⅲ、[4]は場合の数、確率という形式に戻った。標準的な問題が中心で難問はないが、試験時間の割に問題量は多い。[3]の数Ⅲと[4]の場合の数、確率は典型的な問題であることが多い。前期と後期、難易度もほぼ同じで、同じ分野から出題することが多く、過去問の類題が出題されることも多い。

対策

短時間で要領よく解かなけばならないので、『チャート』や『チョイス』などの標準的な参考書や問題集を使って、数Ⅲも含めた全範囲の定型的な解法は瞬時に頭に浮かぶようにしておくことが大切である。とくに、定積分の計算と定型的な確率の問題は十分に練習しておくべきである。過去問の研究も大いに役立つだろう。前期・後期ともに受験する人は、前期試験の復習をしっかりしておくこと。

物理

傾向

例年、大問3題の出題。2018年度は力学、電磁気、波動から出題された。以前は原子からの出題が多かったが、ここ数年は力学、電磁気と熱、もしくは波動の出題が続いている。また計算が多い問題が散見されるため、素早く、正確に解く計算力が必要である。問題の難易度はそれほど高くなく、典型問題が中心であるので、日頃から典型問題を速く解くことを意識しながら進めておくとよい。

対策

マーク形式であり、一見簡単に問題が解けそうに見えるが、思考力が試される問題が多く出題されている。よって、『良問の風』『名問の森』『重要問題集』などを用いて、論理的に考え解答を導きだす訓練を積んでおくこと。さらに、マーク形式の出題に慣れるため過去問を数年分解き、数ある選択肢の中から解答を選択する力を養っておくこと。

化学

傾向

大問3題。2018年度は各大問に異なる分野の設問を含むものがあり、実質5題程度であった。理科2科目100分であり、試験時間に対して問題が多いため、スピードを求められる。正誤問題、計算問題が頻出である。計算問題では、選択肢から数値を選ぶ形式以外に、各桁の値を直接マークする形式もある。例年、基本~標準レベルの問題が中心であり、難問はあまり出題されない。天然高分子は受験生になじみのない化合物が題材のこともあるが、問題を丁寧に読むと解けるような標準的な問題となっている。

対策

前期とともに、同形式の後期の過去問にも取り組んで出題形式に慣れておく。センター試験、杏林大学、日本大学、川崎医科大学などのマーク形式で出題する大学の過去問も効果的である。『セミナー化学基礎+化学』『スタンダード問題230選』などを、解答時間を意識しながら解き、スピードと正確性を上げておこう。計算問題、実験問題にも強くなっておこう。無機化学では覚えにくい事項をうまく整理して、想起スピードを上げておこう。有機化学は脂肪族、芳香族だけでなく、天然高分子にも注意して対策を進めておくこと。

生物

傾向

過去は例年、大問2題+小問集合2題の計4題構成であったが、2016年度に大問数が5題に増え、2017年度・2018年度の2年間は6題に増えている。また、2018年度は実験考察問題が増えたため、前年と比較しやや難化した。ここ数年間は問題量が多く、時間的に余裕がなくなっている。最後の大問の小問集合は基本レベルの問題が続くが、進化・分類と生物の多様性と生態まで全分野偏りなくきっちりとマスターしておく必要がある。

対策

まずは教科書の内容をしっかりと理解し、『セミナー生物基礎+生物』や『リードα生物基礎+生物』などを使って全分野漏れのない知識を身につけることが重要である。過去問演習では、最後の小問集合を最初に素早く解き、それから前半の大問に移るようにする。前半の大問については、リード文を短時間でしっかりと理解する読解力や計算力をつけておく必要がある。実験考察と計算に時間をできるだけ多く使えるよう、小問集合と前半の大問中の知識問題は即答できるようにしておきたい。小問集合の類題演習としては金沢医科大学や自治医科大学の過去問が利用できる。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス 激化する医学部受験を勝ち抜くために~合格する力の鍛え方~

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集