医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の問題傾向と対策 » 東邦大学の傾向と対策

東邦大学の傾向と対策

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2018年12月現在の情報です。

東邦大学について

アドミッションポリシー

 大学教育を通じてどのような力を発展・向上させるのか
 本学の建学の精神である「自然・生命・人間」を礎に、自然に対する畏敬の念を持ち、生命の尊厳を自覚し、人間としての謙虚な心を原点として、かけがえのない自然と人間を守るため、豊かな人間性と均衡のとれた知識と技能を有する「より良き臨床医」の育成を医学部の教育目標に掲げています。
 医学部は、この教育目標を達成するために、医学知識および技能の教育にとどまらず、患者中心の医療を実践するための幅広い教養教育に基づいた豊かな人間性を涵養します。そして、少人数グループによる課題解決型学習を通して、進歩し続ける医学・医療に対応できるだけでなく、患者やその家族、他職種からの深い信頼を得られる医師を養成します。さらに、多様な語学教育を通じて、異なる文化・民族的背景を持つ人々への医療を提供できる人材の育成に努めます。
 そこで、本学部は、以下のような資質を備えた人材を積極的に受け入れます。

■医学的知識
医学的知識を修得するために必要な基礎学力を有している。

■実践能力
医師としての基本的技能を修得するために必要な能動的学修者としての姿勢を有している。
自らの行動を振り返り、主体的に自身の行動を改善する姿勢を有している。

■患者対応能力
他者の価値観を尊重する姿勢を有している。
他者と良好な関係を築くための基本的なコミュニケーション能力を有している。

■科学的探究心
自然・生命現象に対する強い興味・関心を有している。
事実や意見、データなどから、適切な情報を読み解く力と、問題意識に基づいてまとめる力を有している。

■社会・地域への貢献
社会情勢に対する強い興味・関心を有している。
地域・社会における医療の役割を積極的に考える姿勢を有している。

■国際性
異なる文化・民族的背景を持つ人に配慮する姿勢を有している。
外国語の修得に熱心である。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 入試事務室/〒143-8540 東京都大田区大森西5-21-16
TEL:03-5763-6598
募集要項の請求方法 大学のホームページ/
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ

http://www.toho-u.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。Google Map

アクセス 京浜急行線梅屋敷駅下車、徒歩約8分。JR京浜東北線大森駅・蒲田駅からバスで訳分。東邦大学下車、徒歩約2分。
学部学科・定員 医学部=医学科115
大学院 医学研究科=(博士)医学専攻、(修士)医科学専攻
おもな付属施設 医療センター大森病院、医療センター大橋病院、医療センター佐倉病院など。
沿革 大正14年創設の帝国女子医学専門学校が前身。昭和22年に東邦医科大学となり、同27年に東邦大学医学部となった。

東邦大学の入試問題の傾向と対策

英語

傾向

昨年度から大問(読解)1題が減ったため易化した。長文は医療科学系が中心である。特に大問1・2は医療系の専門的な内容の文章が出題される傾向がある。しかし注釈がほとんどないため医療系単語は必ず覚えておきたい。内容に関する設問も出題されるが、文中語句空所補充と同意表現の出題率が高い。以前は発音問題が出題されていたが、ここ2年間は文法語法の空所補充と誤り指摘が出題されている。最後の大問2題が前年度と形式が変わる傾向があるため注意しておきたい。

対策

まず『私大医学部の英語(長文読解編)』を演習して医療系長文に慣れる。次に医療系単語を覚えるために『医学部受験の読解演習』をしっかり学習する。最後に本学の過去問で実戦力をつける。文法問題対策としては『Next Stage』や『スーパー講義英文法語法正誤問題集』を演習する。その際正解である理由もしっかり理解すること。以前出題された発音・アクセントが復活する可能性があるので、『Next Stage』の発音・アクセントの章は必ず学習する。

数学

傾向

全問一問一答式で2017年度、2018年度は以前までの15問から10問に減り、時間的に余裕ができた。標準的な問題が中心で高得点が必要である。全分野から満遍なく出題されており、データの分析などの苦手な分野があると致命的である。定型的な解法の習得と同時に迅速かつ正確な計算力も必要である。毎年難度が高い問題が2問程度出題されているので、過去問などを使ってハイレベルな問題も練習しておいた方がよい。

対策

苦手な範囲があると致命的になる。『チョイス』や『プラチカ』などの標準的な問題集を繰り返し解いて、全範囲の基本的な解法が瞬時に頭に浮かぶようにしておくことが重要である。答えのみを答える形式なので計算ミスも致命的になる。面倒がらずにきちんと計算する習慣をつけておきたい。過去に出題されていた難度の高い問題も、過去問を通して経験しておいた方がよい。難度の高い問題は後半に置かれることが多い。自治医科大学や藤田医科大学の小問集合で練習すると有効である。

物理

傾向

2016年度まで問題数は25問だったが、2017年度・2018年度は、問題数が26問だった。力学、電磁気からの出題が多い。どの分野からも満遍なく出題されている。マーク形式であり、基本的に正しいものを1つ選択して答える形式であるが、年度によっては正しい答えを選択肢の中からすべて選んで答えさせる問題も出題されている。問題の難易度は基本〜標準レベルであるが、計算量が多い。また出題分野が広いので、苦手分野を作らないことが大切である。

対策

問題の難易度はそれほど高くはないので、教科書傍用問題集や『良問の風』などを通じて、基本~標準レベルの問題を即答できるまでに仕上げておくこと。また、出題分野が多岐にわたっているので、苦手分野を作らないことが肝心である。特に受験生が手薄になりやすい万有引力、波の式、レンズ、交流、原子などの分野には注意すること。本学の特徴である、正しい答えをすべて選択肢から選ぶ問題は、その他の問題に比べ解答に時間がかかってしまうため、まずはそれ以外の問題から着実に得点していくという戦略を取った方が賢明であろう。

化学

傾向

大問3題。2科目120分であるが、計算に時間がかかると厳しくなる。2018年度は第1問は小問集合20問程度あり、多岐にわたる分野からの出題である。第2問は理論化学、第3問は有機化学からの出題である。各大問は2~3分野に分かれている。平易な問題が中心であるが、知識問題では、受験生になじみのない条件を用いて、問題文から考察する能力を問う問題が含まれる。計算問題は、結果の数値を選択する以外に、結果の各桁を直接マークする形式も含まれる(アルファベットに各数字が割り当てられている)。

対策

第1問の小問集合では幅広い知識が求められるため、『スタンダード問題230選』『セミナー化学基礎+化学』を繰り返して、計算問題や知識問題をすばやく解答できるようにしておきたい。一問一答式の問題集も効果がある。本学の過去問を通して、問題形式と解答時間の感覚をつかんでおこう。実験問題の出題が多いため、溶液の濃度計算、実験装置、触媒の有無などを正確に判断できるように、『フォトサイエンス化学図録』などを活用して、理解を深めておこう。今後、医薬品、酵素、核酸に注意しておきたい。

生物

傾向

2018年度は大問6題構成。ここ数年は問題量はやや多めだが、難易度は全問基本~標準レベルの問題で構成されている。また、以前は小問集合の出題が見られたが、最近3年間はすべてがテーマ別の問題である。さらに、以前は多く見られた計算問題が最近3年間は減少し、知識問題と実験考察問題の割合が増加している。内容的には2017年度の〔1〕でバイオーム、2018年度の〔3〕で系統の出題が見られたように、全範囲満遍なく出題される。<頻出分野>遺伝情報の発現 生物の環境応答 細胞と分子 生殖・発生 生物の体内環境 生物の多様性と生態 分類・進化

対策

ここ数年、知識問題が増加傾向にあるので、教科書を中心にまずはしっかりとした基礎知識を習得しよう。ただし、過去の傾向から考えると計算問題の習得も必須である。基本的な知識を習得した後で、『理系標準問題集』などを使って、実験考察問題や計算問題に対する対策も行っておくこと。問題量が多いことを考慮して、知識や計算の正確さだけでなく速さも身につけていこう。また、医学に関連の深い分野の正確な知識の習得に加えて、生物の多様性と生態、分類・進化からも出題が多い点に注意をして学習しておこう。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!