医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の出題傾向と分析 » 藤田医科大学の傾向と分析

藤田医科大学の傾向と分析

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2019年12月現在の情報です。

藤田医科大学について

アドミッションポリシー

1.藤田医科大学医学部は以下のような人の入学を求めています。

(ア)藤田医科大学医学部および藤田医科大学病院の理念を理解し、その発展のために尽くす決意のある人
(イ)地域の健康と福祉に貢献する熱意を有し、そのための努力を怠らない人
(ウ)職業人として長く社会に貢献する意思のある人
(エ)他の医療専門職と連携して、患者および地域住民の健康問題を解決するため、主体性を持って多様な人々と協働して学び、行動しようとする姿勢を有する人
(オ)誠実で協調性に優れ、柔軟な心と広い視野を持つ人間性あふれる人に成長していくための素直な心を持ち、努力を続けられる人
(カ)自律的に自らの健康管理、社会規範の遵守ができ、計画的な行動と多面的かつ慎重な判断ができる人
(キ)以下に代表される多面的で高い学力を有する人
  英語:英語で記述された教科書や医学論文等を理解し、海外での臨床実習や国内外の国際的状況において十分なコミュニケーションが取れるようになっていくために必要な基礎的英語力
  数学:論理的、数量的な思考が十分可能であることを示す数学力
  国語:人間と人間との関係の中で、互いの立場や考えを尊重しながら、言語を通して円滑に相互伝達、相互理解を進めていくのに十分な国語能力と、問題を解決しようとする創造的かつ論理的な思考力
  理科:自然に対する関心と探求心、観察力および実験能力を前提とした深い理解とそれらによって培われた科学的態度
  地理歴史・公民:多様な価値観を有する国際社会において主体的に生きることや、生を尊べる平和で民主的な社会を形成するための資質と自覚に繋がる社会科の能力

2.性、人種、宗教、性的指向、社会経済的地位、身体能力の如何によって、入学に関する優先性が影響されることはありません。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 医学部入試係/〒470-1192 愛知県豊明市沓掛町田楽ヶ窪1-98
TEL:0562-93-2635 
募集要項の請求方法 大学のホームページ/テレメール/医学部入試係あて郵送または電話で申込み/広報部あてFAX(0562-93-4597)で申し込み
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ http://www.fujita-hu.ac.jp/
学部所在地 問合せ先に同じ。  Google Map
アクセス 名鉄名古屋本線前後駅から名鉄バス藤田医科大学病院行または赤池駅行約15分。名古屋市営地下鉄桜通線徳重駅から名古屋市営バス徳重13系統藤田医科大学病院行または名鉄バス前後駅行約16分。
学部学科・定員 医学部=医学科120
大学院 医学研究科=形態系専攻、機能系専攻、保健衛生系専攻、分子医学系専攻、内科系専攻、外科系専攻
おもな付属施設 藤田医科大学病院、坂文種報德會病院、七栗記念病院、中部国際空港診療所、総合救命救急センター、総合医科学研究所、ダビンチ低侵襲手術トレーニングセンター、低侵襲画像診断・治療センターなど。
沿革 昭和46年に医学部の設置認可を受け、47年4月に開学した。

藤田医科大学の入試問題の出題傾向と分析

英語

18年度からの変更はない。大問1、2の文法と語句整序は標準的だったが、大問3は専門的な長文内容で18年度同様難しかった。大問4は長文の語彙・内容だけでなく設問も難化した。大問5は本文中の表現を利用すれば英訳しにくい語はクリアできるが、構文などを工夫しなくてはならない。文法や英作文対策として標準的な文法・語句整序問題集をそれぞれ1冊ずつ完成する。内容説明や和文英訳対策として、国公立大2次用問題集の演習が欠かせない。

数学

大問1はマーク形式の小問集合で基本的な問題が中心。18年度は半数が数Ⅲの範囲からの出題だったが、19年度は少なめで、この傾向は隔年で見られる。データの分析、循環小数、正多面体なども出題されている。大問2、3は論述形式の大問で難度の高い問題が多い。かなりの知識と思考力が必要な問題も多く、難関国公立大の問題をどれだけ数多く経験しているかが結果を左右するだろう。小問集合の出来が合否を分けていると考えられる。

化学

大問6題。基本~標準レベルの良問で解きやすかったが、問題数が非常に多く、時間の余裕がほとんどなかった。選択肢のある小問集合の出題も続いた。正誤判定、グラフの出題が特徴で、化学反応式に関する出題もある。解答スピードをつけるために、理論・無機に関しては標準レベルの問題集をしっかりマスターしておくこと。有機・高分子に関しては、構造決定、知識問題だけでなく、計算問題に対応できるようにコツをつかんでおくとよい。

生物

14年度までは大問4題構成であったが、15、16年度は大問3問構成に変わり、再び17年度から大問4題構成に戻った。選択式の問題より記述式の問題の方が多く出題され、一部に論述問題も含まれる。また、計算問題はほぼ毎年出題されている。18年度に久々に出題された描図問題は、19年度では出題されなかった。体内環境、代謝、神経の分野からの出題が多い。見慣れない問題や内容がわかりにくくて解きにくい問題が出題されることがあるので、過去問で慣れておくとよい。

物理

大問4題。近年は力学・電磁気で大問3題を占めている。基本解法を用いる問題が多いが、工夫された設問も多いため問題文を正しく読解する必要がある。出題形式が記述、選択、空所補充、描図と多岐にわたり、さらに解答に用いる文字の指定が細かいため戸惑うかもしれない。こういった点に加えて問題量が多いので、過去問を解く際には時間配分にも注意したい。17年度は原子が出題された。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 柔道と医学部受験の二刀流で合格をつかむまでの道のり

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集