医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の出題傾向と分析 » 獨協医科大学の傾向と分析

獨協医科大学の傾向と分析

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2019年12月現在の情報です。

獨協医科大学について

アドミッションポリシー

獨協医科大学では、「1.人間性豊かな医師並びに医学者の育成。2.能力の啓発に重点を置く教育方針。3.地域社会の医療センターとしての役割の遂行。4.国際的交流に基づく医学研究。」という建学の精神に基づき、医学部教育理念を「患者及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される医師の育成」と定めています。
また、卒業認定に求められる具体的な学修成果(アウトカム)や能力・資質をディプロマ・ポリシーに示し、その達成に向けたカリキュラム・ポリシーを開示しています。
獨協医科大学医学部では、教育理念やカリキュラム・ポリシーに基づいてより効果的に学生に対する教育を行うため、次のような基本的な素養を満遍なく備える人を入学生として求めます。

求める入学生像
・本学の建学の精神、本学医学部の教育理念、カリキュラム・ポリシー及びディプロマ・ポリシーを理解し、賛同できる人
・医学を学ぶ上で必要な数学、理科及び英語を中心とする基礎学力、読解力、表現力を有している人
・医学への強い志を持って社会に貢献する意欲のある人
・計画性を持って学習に臨み、自ら問題を解決する意欲のある人
・社会の一員としての理性と常識を備え、広い視野を持ち適切かつ公正な判断ができる人
・協調性とコミュニケーション能力のある人
・他者の立場になって物事を考え行動できる人
・国際的視野を持って医学を志す人

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 学務部入試課/〒321-0293 栃木県下都賀郡壬生町北小林880
TEL:0282-87-2108
募集要項の請求方法 大学のホームページ/入試課あて郵送 
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ

http://www.dokkyomed.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。Google Map

アクセス 東武宇都宮線にておもちゃのまち駅西口下車、徒歩約10分(バスで約3分、獨協医大病院前下車)。
学部学科・定員 医学部=医学科120
大学院 医学研究科=形態学系専攻、機能学系専攻、社会医学系専攻、内科学系専攻、外科学系専攻
おもな付属施設 大学病院、越谷病院、日光医療センターなど。
沿革 昭和48年に開学した。

獨協医科大学の入試問題の出題傾向と分析

英語

大きな変更点はないが、長文で18年度のように医療科学系だけではなく、人文社会系の英文も出題された。大問が7題で、そのうち長文読解問題が3題なので、制限時間内に解答するのは簡単ではない。まず難度の低い大問3・4を確実に解答してから、残りの問題に取りかかるとよい。対策は比較的難易度の低い文法と語句整序から始める。次に500語から700語程度の様々な題材を扱った長文を演習する。大問2のような本学特有の問題は過去問を使うとよい。

数学

幅広い分野から出題されており、複数の分野にまたがった融合問題も多い。過去にはマーク式ではあまり出題されない数学的帰納法や平均値の定理も出題されたことがある。標準的な問題ばかりで難問はないが、誘導された問題が多いので出題者の意図を的確に捉えることが重要になる。標準的な問題集で基本的な解法を習得した上で総合的な問題の練習をするとよい。時間的に余裕があるわけではないので、ケアレスミスをなくすことも合否のカギになるだろう。

化学

大問5題。大問1は小問集合でバランスよく出題されていた。標準レベルであるが問題数が多いため、解答スピードを強く求められていた。有機は、医薬品オルサラジンの出題だったが、サリチル酸由来の物質に関する標準レベルの問題。小問集合の対策としては、参考書や図説を活用して、やや深めの知識をつけておくと、解答時間の短縮につながる。さらに標準レベルの計算力も養っておこう。本学の各年度の過去問を解きながら、レベルと時間の把握をしておこう。

生物

18年度同様に大問5題構成のマーク式。問題数が多く、考察問題も含まれるので、時間配分に気をつけること。教科書の内容の完全理解と定着の上で、標準レベルの問題集で演習すること。過去問演習時は、知識問題は素早く確実に得点し、考察問題や計算問題に時間を割く時間配分を考慮した演習を心がけること。遺伝情報と形質発現の単元は18年度も出題されているので注意。

物理

大問5題構成。小問集合内の波動を含めると全分野から出題されていた。事例は標準的だが、設問がよく工夫されており、高い思考力が必要とされる。19年度の入試では、断熱変化におけるポアソンの関係式の利用(大問2)、コンデンサーの極板間引力(大問4)、直方体が回転する条件(大問5)のように、入試問題としては定番だが受験生の盲点となりやすい題材が出題された。入試標準レベルの問題集を1冊仕上げ、これらの問題に対応できる力をつけておきたい。時間に対して設問数が多いため、過去問演習を通じて手際よく解答する訓練も積んでおくこと。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 柔道と医学部受験の二刀流で合格をつかむまでの道のり

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集