医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の問題傾向と対策 » 獨協医科大学の傾向と対策

獨協医科大学の傾向と対策

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2018年12月現在の情報です。

獨協医科大学について

アドミッションポリシー

 獨協医科大学では、「1.人間性豊かな医師並びに医学者の育成。 2.能力の啓発に重点を置く教育方針。 3.地域社会の医療センターとしての役割の遂行。 4.国際的交流に基づく医学研究。」という建学の精神に基づき、医学部教育理念を「患者及びその家族、医療関係者をはじめ、広く社会一般の人々から信頼される医師の育成」と定めています。
 また、 卒業認定に求められる具体的な学修成果(アウトカム)や能力・資質をディプロマ・ポリシーに示し、その達成に向けたカリキュラム・ポリシーを開示しています。
 獨協医科大学医学部では、教育理念やカリキュラム・ポリシーに基づいてより効果的に学生に対する教育を行うため、次のような基本的な素養を満遍なく備える人を入学生として求めます。

<求める入学生像>
・本学の建学の精神、本学医学部の教育理念、カリキュラム・ポリシー及びディプロマ・ポリシーを理解し、賛同できる人
・医学を学ぶ上で必要な数学、理科及び英語を中心とする基礎学力、読解力、表現力を有している人
・医学への強い志を持って社会に貢献する意欲のある人
・計画性を持って学習に臨み、自ら問題を解決する意欲のある人
・社会の一員としての理性と常識を備え、広い視野を持ち適切かつ公正な判断ができる人
・協調性とコミュニケーション能力のある人
・他者の立場になって物事を考え行動できる人
・国際的視野を持って医学を志す人

 獨協医科大学医学部では、一般入学試験及びセンター利用入学試験のほか、より多様な人材を求めることを目的に、AO一般入学試験、AO栃木県地域枠入学試験、推薦(指定校制)入学試験、公募推薦(地域特別枠)入学試験及び栃木県地域枠入学試験を実施しています。
 これらの入学試験においては、前述の基本的素養を備えた上で、それぞれの入学試験制度の趣旨を理解し賛同できる入学生を受け入れることとしています。
 獨協医科大学医学部では、以上のような人材を入学生として受け入れるため、学力試験、小論文試験及び面接試験等を適切に組み合わせて、受験生に対する公平かつ公正な選抜試験を行っています。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 学務部入試課/〒321-0293 栃木県下都賀郡壬生町北小林880
TEL:0282-87-2108
募集要項の請求方法 大学のホームページ/入試課あて郵送 
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ

http://www.dokkyomed.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。Google Map

アクセス 東武宇都宮線にておもちゃのまち駅西口下車、徒歩約10分(バスで約3分、獨協医大病院前下車)。
学部学科・定員 医学部=医学科120
大学院 医学研究科=形態学系専攻、機能学系専攻、社会医学系専攻、内科学系専攻、外科学系専攻
おもな付属施設 大学病院、越谷病院、日光医療センターなど。
沿革 昭和48年に開学した。

獨協医科大学の入試問題の傾向と対策

英語

傾向

前年と同様、長文読解問題の内容・設問は共に標準レベルであった。それでもなお70分の試験時間を考慮すると、読解問題4題と会話文1題、そして文法と語句整序各10問の出題量は多いため、効率よく解答する必要がある。大問1は2題の長文問題で主に空所補充と内容一致が出題される。大問2は会話文と文整序と空所補充のみ出題される長文である。大問3・4は毎年文法問題と語句整序問題であるが、大問1・2に比べると圧倒的に易しい。設問形式では文中空所補充が最頻出で内容一致、文整序、会話文が頻出分野である。

対策

ここ2年は大きな変化はないが、過去には長文の語数と難易度が大きく変化したので注意しておきたい。大問3・4の文法、語句整序は質・量ともに変化しないのでまずここから解き始めるとよい。残りの時間で解きやすい問題から要領よく解答する。文法、語句整序対策としては『Next Stage』と『英語整序問題精選600』を徹底的に演習しておくとよい。500~700語程度の長文が出題されるため『やっておきたい英語長文700』や『英語長文出題パターン演習3』を使って、設問中心に解答する練習をする。また短時間で多くの問題を解くという意味では、センター試験対策問題集の演習も効果的である。大問2-Bで近年出題される文整序は2006年以前のセンター試験の過去問や東京女子医科大学の2015年度以降の過去問を利用するとよい。

数学

傾向

幅広い範囲から出題されており、複数の分野にまたがる融合問題も多い。他大学ではあまり出題されない分野からも出題されていて、マーク形式ではあまり見かけない数学的帰納法や平均値の定理なども出題されている。問題の見た目の仰々しさはあるが、実は定型問題中心で誘導形式で出題されており、その範囲の基本問題の解法が身についていれば解ける問題が多い。70分大問5つで時間的にはかなり厳しい。

対策

『チャート』や『チョイス』などの標準的な参考書や問題集で全範囲の基本的な解法を習得した上で、ややハイレベルな入試問題集で総合的な問題の練習をするとよい。試験時間に対して分量が多いので、素早く題意をとらえられる力と迅速かつ正確な計算力が必要であり、かつ問題の取捨選択眼を鍛えておきたい。誘導問題が苦手な人は、センター試験や東北医科薬科大学、川崎医科大学、杏林大学などの問題で誘導に乗る練習をしておくと効果的である。

物理

傾向

大問5題構成。小問集合内の熱力学を含めると全分野から出題されている。事例は標準的だが設問がよく工夫されており、高い思考力が必要とされる。2018年度は力学における保存則の適用条件、相対的な円運動(大問3)、点電荷による電位と単振動、円運動(大問4)の習熟度が試された。大問5は各私立大学で頻出となりつつある原子分野だが議論の根拠を理解していないと設問に対応できない。出題意図を的確に把握し、短時間で手際よく処理したい。

対策

教科書傍用問題集や『良問の風』を用いて、入試基本~標準レベルの問題に素早く対応できる力を養っておくと良い。また解きにくい問題へ対応できるように、『体系物理』で一見解きづらそうな問題を自らピックアップし、先入観を持たず問題の誘導に乗り、素直に問題を解き進める訓練を積んでおくこと。

化学

傾向

大問5題。2科目100分である。問題数が多く、やや難易度の高い問題が含まれる。第1問は小問集合9~10問の基本レベルでの構成であり、多岐にわたる分野からの出題となっている。第2・3問は理論化学からの出題で、滴定操作などに関する実験問題、化学平衡、電離平衡を含むことが多い。第4問は無機化学。第5問では有機化学(高分子分野を含む)が出題され、構造決定、構造異性体の数、計算問題が多く出題されている。

対策

第1問の小問集合対策には、センター試験形式の過去問を用いるとよい。理論化学では、解答スピードを意識しておく。実験操作の多い中和滴定(二段階滴定、pH計算など)、酸化還元滴定(COD、ヨウ素滴定など)、圧力・体積計算などは流れを捉えよう。2018年度には、2017年度のボーリングの電気陰性度、2016年度のネルンストの式ほどの難しい問題は出題されていない。しかし今後の可能性を考えて、発展的な内容にも取り組んでおこう。無機化学・有機化学は、読解、計算ともに標準問題の解答スピードを磨いておこう。

生物

傾向

2018年度も例年通り、大問5題構成であった。出題内容は生態系や進化も含まれ、全分野偏りなく学習しておく必要があった。例年難易度は標準的だが、試験時間の割に問題量は多く、また一部にやや踏み込んだ応用問題が出題される年もある。教科書の知識の完全理解と定着に加えて、普段から資料集などにも目を通す習慣が必要である。また近年、計算が増加傾向にある。<頻出分野>動物の反応と行動 遺伝情報の発現

対策

教科書の学習を一通り終えた後で、『生物基礎問題精講』などの標準的な問題集を使って、計算を含め典型的な問題を短時間で確実に解く力をつけること。また『理系標準問題集』のB問題からそっくりな問題が出題されたことがあり、こちらも繰り返し演習しておくとよい。問題量が多いため、用語の選択などの基本問題を瞬時に答えていかなければならない上に、応用問題でもゆっくりとリード文を読み直している時間はない。過去問を使って時間配分に慣れておくこと。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!