医学部予備校ガイドTOP » 【メディカルフォレスト】受験期でピリピリしているお子様への接し方で悩まれてる方必見!

受験期でピリピリしているお子様への接し方で悩まれてる方必見!

予備校名:メディカルフォレスト 掲載日:2019/03/31

画像

保護者の方が受験生のお子さんに話かけるときに、注意してほしいことがあります。

まず、お子さんにかけてはいけない言葉は

① 親戚や友人と比較する。

「~さんは国立なのに」とか「~くんのところはみんな一流の大学に・・・」などの言葉です。本人のやる気をそぐばかりか、お子さんの頑張りを否定しかねない発言です。

② 悲観的な言葉を吐く。

「落ちたらどうするの?」「将来がダメになる」「後がない」・・・等です。お子さんが追い詰められて、萎縮し、学習意欲が失せてしまいます。

③ その大学やレベルをバカにする。

「そんな大学」「そこが受からないようじゃ・・・」等です。お子さんが自分の努力を親が認めてくれないことを面と向かって言っているようなものです。

心温かい4つの言葉

ここから逆に考えてみましょう。

① 「頑張ってるね!」「頑張っているあなたを見てるとうれしくなるわ。」

お子さんは頑張っています。「頑張れ」より、今の頑張りを認めてあげる言葉がお子さんに安心と勇気を与えてくれます。また、頑張りたくてもなかなか頑張りきれないお子さんには、ちょっとやる気を見せた時に言葉をかけてあげてください。やる気が継続する可能性が出てきます。

② 「全力を尽くせばいい。それ以上のことはだれにもできない。」

余計なことを考えずにがんばろう、という気持ちにさせてあげることです。これは、かの有名な歴史学者アーノルド=トインビー博士が父親に言われた言葉だそうです。この言葉のおかげで気が楽になり、試験に臨めたそうです。

③ 「冬は必ず春となる。」

どんな冬も永遠に続くわけではありません。今の苦労がずっと続くわけではないのです。差し迫った時期なら、「あともう少しの辛抱、冬だって春になるのだから。」そう言ってあげてください。

④ 「今までよく頑張ったね。精一杯やっておいで!」

受験に出向くときにかけてあげられるといいですね。保護者の方も緊張しているかと思いますが、ちょっと我慢してあげてください。

一番大変なのはお子さんです。保護者の方にとってみれば、見ているだけで胸がつまるような時期かもしれません。思わぬ一言を言ってしまうかもしれません。しかし、ぐっと言葉を飲み込んで上記のような言葉をかけてあげてください。お父さん、お母さんの言葉は勇気も落胆も何倍にもしますから。

一冊の本をご紹介します。『10代の子どもが育つ魔法の言葉』(ドロシー・ロー・ノルト、レイチャル・ハリス、雨海弘美訳)という本です。10代のむずかしい年頃の子どもを上手に導くヒントが満載です。大人への過渡期にあり、難しい年頃の10代の子どもたち。浮き沈みの激しい変化の時期だからこそ、親がしっかりと子どもを見守ってやることが大切なのです。

予備校情報

資料請求リストに追加

少人数定員制医学部予備校【メディカルフォレスト】

少人数定員制医学部予備校【メディカルフォレスト】ロゴ

メディカルフォレストグループは、自由が丘校「女子専門」、池袋校・札幌校「男女共学」、麹町校「通信制」を運営しており、生徒一人ひとりにしっかり目が行き届く少人数定員制の学習環境の中で、専属の進学アドバイザーが毎日の学習管理を徹底します。講師や女性スタップによるきめ細やかなサポートを受けながら、あなたも “医学部1年合格” を一緒に勝ち取りませんか?

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

YMS 将来のよき医療人を育成する

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

医学部に全員を合格させるためのシステム それが7名限定。

個別指導が受けられる!オンライン授業 おすすめ予備校特集