祝合格
アーサン

アーサンさん

年齢:
合格年度:
2022年度
受験時の状況:
浪人生
進学予定の大学(医学部):
横浜市立大学
その他合格した大学:

通った予備校について

予備校の良かったところ

【55段階システム】
55段階で全科目の全範囲を1から解いて先生に答案を見せることで、去年の自分がわかったつもりになっていた多くのことが間違っていたり、誤解していることに気がつき、盤石な基礎ができました。また、基本的な級の部分が終わると志望校別の段に入りますが、そうした難問を解くうえで合っていても間違っていても先生から様々な考え方や解き方を習うことができ、色々な視点を得ることができました。これらの指導のおかげで、明らかな難問は飛ばし、自分がとるべき問題を確実にとりきることが出来るようになりました。その結果、記述模試の総合偏差値が20近く上がりました!

【クラス授業】
テキストの問題や授業の質が良く、講師の方々は皆、とても親身に対応してくれました。先生は良い方ばかりで、授業の予習の疑問に答えてくださるだけでなく、休み時間の合間をぬって進路のことや模試の結果を元にアドバイスをくださったり、学習計画の相談に乗ってくださる方もいました。

【雰囲気】
四谷学院には塾の特性からか真面目な人が集まりやすく、家に帰ってから怠けたくなる自分を鼓舞してくれるような友達が多くいて、また綺麗な自習室があることも、私が入試を乗り切るうえで大きな糧になったと思います。

勉強内容について

受験勉強の中で「効果を感じた」オススメの勉強法を教えて下さい。

横浜市立大学特有の問題がいくつかあるので、それらの例題や似た問題を集めて解きました。例えば英語なら小説のような長文が毎年出るので、先生に相談して55段階の中から似た問題をリストアップしてもらいました。化学は先生に構造決定の解き方を細かく伝授してもらったり、とにかく先生を頼りました。

メッセージ

最後に、これから受験する方々へのメッセージやアドバイスをお願いします。

目標を達成できるだけの力があっても、気持ちがついてこなければ本番で力を出しきれないことがあります。数学や化学など、自分の計算が本当に合っているのかに疑心暗鬼になってしまうと、時間内に解ききることは困難です。だからこそ受験までの間にやるだけのことはやっておいて、最後は自分を騙してでも絶対に受かると思い込んで、試験を受けるのが良いと思います。ぜひ、素晴らしい環境で良い先生や友達を見つけて、合格目指して頑張ってください!

この学生が通った予備校

医学部にも強い!大学受験予備校【四谷学院】ロゴ

他予備校で6年浪人した人が一年で国立医学部に合格、社会人からの再受験で25年のブランクがある人が国立医学部に合格、現役時からセンター試験200点アップで旧帝大の医学部に合格。無料特待生がいないのに、旧帝大をはじめとする医学部に続々と合格者を輩出しているのが四谷学院独自の「ダブル教育」。教え上手で面倒見の良い大学受験のプロフェッショナル講師があなたを念願の医学部合格へと導きます。