医学部予備校ガイドTOP » 医学部合格体験記 » 横浜市立大学合格 - N・Mさん

祝合格
N・M
N・Mさん
年齢:
合格年度:
2020年度
受験時の状況:
現役生
進学予定の大学(医学部):
横浜市立大学
その他合格した大学:
東京慈恵会医科大学医学部/順天堂大学医学部/昭和大学医学部

通った予備校について

予備校の良かったところ

私は高校3年生の10月ごろに入学しました。苦手な数学を克服したかったので、自分の弱点をじっくり見て、自分のために対策プランを立てていただけるオンリーワンのスタイルに魅力を感じました。

生徒数が多いわけではない少人数で、授業は個別指導なので、先生との距離が近くて話しやすいことが良かったと思っています。質問や相談がしやすく、不安定になりがちなメンタル面もサポートしていただいて、先生たちみんなに応援してもらっていると感じられました。

質問対応では、授業を教わっているわけではない先生でも喜んで教えていただきました。問題や解答まで丁寧に作っていただいて本当に感謝しています。

予備校詳細を見る 資料請求リストに追加

進学先について

医学部進学を目指し始めたのはいつ頃ですか?そのきっかけは何ですか?

小学生のころから医師になりたいと思っていました。第一志望大学が決まったのは、中学3年生のときです。

勉強内容について

受験勉強の中で「効果を感じた」オススメの勉強法を教えて下さい。

成績が振るわなくても最後まで志望校を変えなかったことです。また信頼できて相談できる人とたくさん関わって、不安要素を早めに解消するように心がけていました。私はセンター試験がうまくいかなかったのですが、その結果から切り替えて私立の受験に臨めたことも、合格できた理由だと思います。

受験勉強の中で「一番苦労したこと」はなんですか?

センター試験の対策の質を自分で下げてしまったことです。センター試験は問題が簡単なのでそれに油断をしてしまい、練習で本当に満点を取ることを追及せずに、だらだら解いてしまいました。ただ、センター試験本番でうまくいかず落ち込んでいた私を先生たちが励ましてくださって、「受かろう」「医学部でこんな勉強をしたいな」と思いながら勉強することが大切だと気づけました。

また受験勉強を通して、受験が他人との競争のようで実は自分との戦いだと気づきました。大きく力が伸びた2月は精神的に安定できたので、他の人のことをまったく気にせずにたんたんと最後まで勉強することができました。

この学生が通った予備校

資料請求リストに追加

【志門医学舎】医師・医大生が合格へ導く学び舎

【志門医学舎】医師・医大生が合格へ導く学び舎ロゴ

志門医学舎は現役医師・現役医大生が立ち上げた【医学部受験専門の予備校】です。医大合格のための学力は、受け身の授業では身に付きません。そこで私たちは、基礎基本~入試問題実践まで、理解した事を正しくアウトプットできているか、【現役医大生のマンツーマン個別指導】で徹底的に指導します。また、【リーズナブルな授業料】と【ご家庭との密な連携】もご好評をいただき、医師を目指す「志」を育て仲間を輩出するミッションで運営しています。

他の合格体験記を読む

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

YMS 将来のよき医療人を育成する

メディカルフォレスト 柔道と医学部受験の二刀流で合格をつかむまでの道のり

アズメディ 元大手予備校在籍のトップ講師による完全オンライン授業

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

医学部に全員を合格させるためのシステム それが7名限定。

定員制オンライン予備校での徹底したサポートで偏差値30から医学部合格

1996年の開校以来、高い合格実績を残してきたノウハウで全員第一志望合格を目指す

個別授業料が安い おすすめ予備校特集

個別指導が受けられる!オンライン授業 おすすめ予備校特集

医学部予備校診断