医学部予備校ガイドTOP » 医学部合格体験記 » 岩手医科大学合格 - MDさん

祝合格
MD
MDさん
年齢:
19
合格年度:
2019年度
受験時の状況:
浪人生
進学予定の大学(医学部):
岩手医科大学
その他合格した大学:

通った予備校について

偏差値 入塾前 受験直前
5572

予備校の良かったところ

私は多人数の中で積極的に前に出るタイプではないし、自力で出来る自信があったら参考書を買って一人でやればいいと思っているのでメディカルフォレストのように少人数で授業を受けて一人ひとりに真摯に対応してくれるところに行くことができてよかったと思っています。私が予備校に通う中で一番良かったなと思うのは医師について深く考える機会をくれたことです。私はこれまでに医師になりたいと口にしながらも親が医師であるからだったり、成績が医学部を狙える可能性があるぐらいには高かったからであったりと自分が本当に心から、何が何でも医師にならなければならないという強い意志がありませんでした。そんな中、予備校で各大学の対策をしたり、医学部で実際に行われる実習を体験してここでやっと自分は本気で医学部を目指さなければいけない立場に立っていたんだと気づき、改めて私はなぜ医師を目指しているのかを考え直すきっかけになりました。意志が固まるともう勉強法がわからない、上には上がいるを弱音を吐いて逃げたくはないなと思うようになり、先生から少しでも知識を吸収しようと積極的になったと思います。

予備校詳細を見る 資料請求リストに追加

進学先について

医学部進学を目指し始めたのはいつ頃ですか?そのきっかけは何ですか?

私が現役生だった頃、同じ部活に所属していた一つ上の先輩が現役で医学部に合格したと聞いて私も努力すればきっと合格できると信じ込み、2年間医学部に向けて自分なりの精一杯の努力をしてきたつもりでいました。しかし実際に入試が始まり試験室に入った瞬間、私はなんて甘い考えでこの一年を過ごしてきたのかと衝撃を受けたことを今でも覚えています。何千人いる受験生の中でたった一握りしか合格できない事実を突きつけられているかのように他の人は私以上に医学部に対して努力してきているし、私はただ与えられた課題だけをこなし医学部に向け頑張っているアピールをしているだけだったんだなと思いました。結果は当然一次すら受からず浪人生になることが決まりました。ですがこのことを家族や先生に伝えたとき全員が「残念だったね」と言ってくれましたが予想どおりだったんだなと感じられて元々今の自分ではいろいろ足りなかったんだと思います。

勉強内容について

1日の平均自習時間
平日休日
68
1日の平均睡眠時間
平日休日
77

医学部の受験勉強を、本格的に始めたのはいつ頃ですか?

高2の1学期

メッセージ

最後に、これから受験する方々へのメッセージやアドバイスをお願いします。

医学部に受かるために一番必要なのは、自分がどれだけ医師になりたいかを自覚することだと思います。どんなに他の人から話を聞いたり、本で読んでも結局は身につかないと思うし、正直他の人から教えてもらった勉強法も自分には合わないなと思ったら全くやりませんでした。自分がどうやったら変わることができるのかを予備校はきちんと向き合ってくれます。しかし与えられた機会を活かしきれるかは自分次第です。もし本気で医学部に入りたいなら今自分に何が足りないのかを、自分はどんな環境で勉強をしたいかを知ってからきちんと調べて予備校を選んでください。

他の合格体験記を読む

メディックTOMAS 教務担任、プロ講師、T.A.の連携で作り上げる 万全のサポート体制

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集