医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の問題傾向と対策 » 東京女子医科大学の傾向と対策

東京女子医科大学の傾向と対策

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2018年12月現在の情報です。

東京女子医科大学について

アドミッションポリシー

自らの能力を磨き、医学の知識・技能を修得して自立し、「至誠と愛」を実践する女性医師および女性研究者となるために、学習者自身が問題意識をもち、自らの力で知識と技能を発展させていく教育を行います。
医師を生涯続ける意志を持ち、幅広い視野を身につけ、自ら能力を高め、問題を解決していこうとする意欲に燃えた向学者で、以下のような人材を求めます。

医学部が求める入学者像
1.きわめて誠実で慈しむ心を持つ人
2.礼節をわきまえ、情操豊かな人
3.独立心に富み、自ら医師となる堅い決意を持つ人
4.医師として活動するために適した心身ともに健康な人

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 医学部学務課/〒162-8666 東京都新宿区河田町8-1
TEL:03-3353-8112(内線22112~4)、03-3341-7318(直通)
募集要項の請求方法 大学のホームページ/テレメール/医学部学務課あて郵送 
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ

http://www.twmu.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。 Google Map

アクセス 都営地下鉄大江戸線若松河田駅・牛込柳町駅下車、徒歩約5分。
学部学科・定員 医学部=医学科110
大学院 医学研究科=形態学系専攻、機能学系専攻、社会医学系専攻、内科系専攻、外科系専攻、先端生命医科学系専攻、共同先端生命医科学専攻
おもな付属施設 大学病院、東医療センター、八千代医療センター、成人医学センター、東洋医学研究所など。
沿革 明治33年創設の東京女医学校が前身。45年に東京女子医学専門学校、昭和22年に旧制の東京女子医科大学となり、27年に東京女子医科大学医学部となった。

東京女子医科大学の入試問題の傾向と対策

英語

傾向

長文のみの出題で、文法語法の出題はない。大問1の長文内容は医療科学に限定されない。設問は内容中心で、和文英訳と25語程度の自由英作文が記述問題として出題される。その他は文整序、グラフ読み取り、会話文である。分量は解答時間の割に多いので速読力が必要である。頻出分野は図表・グラフの読解、会話文、文整序、和文英訳、自由英作文である。

対策

まずセンター試験対策問題集(『センター試験のツボ 英語 第4・5・6対策』等)で速読力と図表、グラフへの対応力をつけること。記述対策としては『入門編 英作文のトレーニング』や『英文熟考上』等を演習するとよい。最終段階としては、『やっておきたい英語長文500・700』や『英語長文出題パターン3』を時間を意識して演習する。会話文対策は過去問を利用すると良い。純粋な文法問題が出題されないため、読解が得意な受験生向きの大学である。

数学

傾向

2018年度は易化し、出題分野も変わった。数Ⅱの積分、図形と数列の融合問題が出され、頻出分野であった数Ⅲ積分と場合の数、確率がともに出題されなかった。代わりに長年出題されていなかったベクトルが出題されたが、どれも難易度は高くない。しかし東京女子医科大学と言えば、数Ⅲの積分と場合の数・確率と整数の出題頻度が高いので要注意である。試験時間60分に対し、記述形式4題なので、じっくり考える時間はない。

対策

幅広い分野から出題されているので、不得意分野はなくしておくことが大切である。『チョイス』、『プラチカ』などの標準的な問題集で練習すれば十分だが、定型的な問題の解法は瞬時に浮かぶようにしておきたい。場合の数・確率と整数問題はやや高いレベルの問題も練習しておいた方がよい。解答欄があまり広くないので、特に数Ⅲの積分計算は簡潔に記述する練習もしておこう。過去問の類題を出題することもあるので、過去問の研究も大いに役立つだろう。

物理

傾向

標準問題であるが、空所の開け方、未知の量を求めていく順など、設問による誘導の流れが独特なので、過去問を必ず解いて出題に慣れておきたい。典型問題の解法を覚えているだけでは、設問の変化に対処できない。解法の根拠を常に意識したい。2018年度は光のスペクトルの根拠としての分散と干渉への理解度を問う(大問1)、力学の放物運動の誘導に乗った処理能力を示す(大問2)、力学と電磁気の解法を総合的に用いる事例への論述力を含めた(大問3)、出題がなされた。グラフ描図が頻出なので、物理量の関係を視覚的に示す習慣をつけよう。

対策

『良問の風』等の標準レベルの問題集に取り組み、このレベルの問題にしっかり対応できる力をつけておくこと。また、グラフの描画問題がよく出題されているので過去問を用いて物理量の変化を数式に表し、それをグラフ化するという手順に慣れておこう。物理は高得点の争いが予想される。1つのミスが大きく響くので、日ごろの演習時からケアレスミスへの対策(解答の次元をチェックする、物理的に妥当な値になっているか検証する 等)を行っておくこと。

化学

傾向

大問4題。年度によって、5題になったり、マーク形式と記述形式の比率が異なる。2科目120分から考えると、やや問題量が多い。第1問はマーク形式の小問集合、それ以降の大問は、マーク形式・記述形式があり、年度によって構成される大問数が異なる。小問集合の正誤問題では、該当する選択肢が複数の場合がある。記述形式では、脂肪族、芳香族や高分子が出題され、計算問題も含まれる。例年、実験装置、化学反応式や構造式が頻出である。合成高分子より天然高分子の出題率が高い。

対策

『セミナー化学基礎+化学』『スタンダード問題230選』『化学重要問題集』の標準レベルの典型問題に迅速に対応できるようにする。マーク形式では、計算問題やグラフの選択問題が多い。縦軸・横軸に注意して化学変化を捉えておこう。記述の場合、化学反応式では平衡状態、熱化学方程式では物質の状態に注意する。時間的に厳しいため、化学反応式の係数や計算で使う分子量を工夫して覚えておくとよい。高分子では重合度、ビニロン、セルロースのアセチル化の計算問題に対応できるようにしておこう。

生物

傾向

2018年度は大問5題構成であった。2017年度に比べると大問数は1題増えたものの条件の多い実験考察が減少し、基礎的な知識や基本的な計算力を問う問題が増えた分全体の難易度はやや易化した。例年、読解力に加えて考察力や計算力が必要な問題が多く、時間的にも厳しい。また、植物ホルモンや植物の生殖・発生などの植物分野、生態と環境や進化と系統の分野からも毎年出題が見られ、人体に偏った学習では対応できない。
<頻出分野>全分野

対策

まず全分野の教科書レベルの基本用語を完全に理解し暗記すること。その上で、考察問題を中心に『医学部の生物が面白いほど解ける本』などを使って、標準~やや難レベルの問題に取り組むこと。また、問題の文章量が多いため、早く的確に読みこなす必要がある。過去問を解くときには時間を計って解くなど、時間配分に対して慣れておこう。長いリード文に対する読解力を鍛えるために、最近3年間の難関国公立大学の過去問もお勧めしたい。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス 激化する医学部受験を勝ち抜くために~合格する力の鍛え方~

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集