医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の出題傾向と分析 » 東京医科大学の傾向と分析

東京医科大学の傾向と分析

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2019年12月現在の情報です。

東京医科大学について

アドミッションポリシー

本学の建学の精神は「自主自学」であり、自主性を重んじた医学教育を実践している。校是として「正義・友愛・奉仕」を掲げ、患者とともに歩むことのできる医療人を一世紀にわたり育成してきた。
本学では、この建学の精神、校是およびミッションを理解し、多様性、国際性、人間性を兼ね備えた医療人となる高い志を持った、次のような人を求めている。

1.十分な基礎学力をもつ人
2.自己学修意欲が旺盛である人
3.自ら問題を発見し、解決する積極性のある人
4.他者と礼節を重んじながら、積極的に関わることができる人
5.命あるもの(動・植物)に慈愛をもって接することができる人
6.自らの使命を理解し、求められている役割を自ら果たそうとする人
7.自らの意見を他者に伝えるとともに、他者の意見を理解できる協調性と柔軟性をもつ人
8.ICT(情報通信技術)の基本を理解している人
9.医療を通して国際的視野で活動する志のある人

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 医学科学務課入試係/〒160-8402 東京都新宿区新宿6-1-1
TEL:03-3351-6141(内線227・228)
募集要項の請求方法 大学のホームページ/テレメール
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ

http://www.tokyo-med.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。 Google Map

アクセス JR、小田急線、京王線新宿駅下車、徒歩約20分。東京メトロ丸ノ内線新宿御苑前駅下車、徒歩約7分。都営地下鉄新宿線新宿三丁目駅下車、徒歩約10分。
学部学科・定員 医学部=医学科120
大学院 医学研究科=(博士)形態学専攻、機能系専攻、社会医学系専攻、内科系専攻、外科系専攻、社会人大学院臨床研究系専攻、社会人大学院研究系専攻、(修士)医科学専攻
おもな付属施設 東京医科大学病院、茨城医療センター、八王子医療センター、医学総合研究所など。
沿革 東京医学講習所が前身。大正7年に東京医学専門学校、昭和27年に東京医科大学医学部となった。

東京医科大学の入試問題の出題傾向と分析

英語

出題形式、難易度ともに大きな変更点はない。大問1~3はセンター試験レベルの標準的な問題だが、大問4は長文中に小問が26題ある。大問5も内容真偽のみの出題だが、25個の選択肢から正解の選択肢を選ばねばならないため時間がかかる。そのため時間配分が合否を左右する。対策として発音・文法・語句整序は標準的な問題集の演習をすれば十分だが、大問4と5は他大学にはない形式であるため、本学の過去問で慣れておく必要がある。

数学

大問5の図示の問題がなくなり、大問4が証明問題になった。大問2に整数問題が並んだが、数Ⅲを中心とする出題範囲は変わらない。問題数が減った分、易化した。即座に解法がわかる問題はごくわずかで、思考力が必要なものがほとんど。計算量が多い問題も多く時間的にもかなり厳しいので、高得点は必要ないだろう。対数微分法などの導関数の計算、難易度の高い定積分の計算やバウムクーヘン分割による体積の求め方なども含めて、微積分の範囲は確実に得点できるように、ハイレベルな演習を積んでおきたい。

化学

大問4題。大問1は正文選択問題で、選択肢に毎年出題の「すべてに誤り」があった。大問2、3は実験問題で、特に大問2の計算量が多かった。大問4の有機の構造決定は、やや解きやすい設問だった。例年同様の問題量と難易度だったため、時間的に厳しく、解答スピードを求められた。正誤問題も答えを出しにくい問題が多いので、標準問題集で実力をつけた後、数年分の過去問に取り組んで、設問形式と時間配分に慣れておくと有利。

生物

大問4題構成。第2問は炎症反応が起こる仕組みを考察問題にしたものであり、聞き慣れない用語に戸惑う受験生も多かったと思うが、単純な仕組みを問う問題もあり、見かけほど難しいものではない。全問を通して知識問題は標準的なものが多いが、確実に理解していないと選択肢を絞るのが難しい。教科書などを利用して典型的な生命現象の仕組みをしっかり説明できるような対策が必要。また、マーク式の問題集などを使って定番のグラフ問題や考察問題に慣れておくことも、高得点を取るためには有効。

物理

大問の数が18年度の5題から8題に戻った。全分野から満遍なく出題されるが、特に力学・電磁気の出題が多い。旧課程のころに比べて、核反応も含めて原子分野が頻出なので、原子分野まで確実に学習しておきたい。内容は標準的なものがほとんどであるが、設問数が多く、さらに手間のかかる数値計算や有効数字の桁数の多い数値計算が頻出なので、事例読解のスピード、正確な計算力、解く問題のセレクトが合否のカギとなる。物理定数や三角関数の値が、問題ごとではなく、巻末の表で与えられることにも慣れておきたい。

予備校の検索はこちら

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!オンライン授業 おすすめ予備校特集