医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の問題傾向と対策 » 大阪医科大学の傾向と対策

大阪医科大学の傾向と対策

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2018年12月現在の情報です。

大阪医科大学について

アドミッションポリシー

本学は、昭和2年(1927年)に開設されて以来、約9000人の医学部医学科卒業生を送り出しており、建学の精神「医育機関の使命は医学教育と医学研究であり、またその研究は実地の医療に活かすことで完成する」と学是「至誠仁術」をもとに、今後さらに発展していくことを目指しています。その建学の精神を具現化した教育目的は、「豊かな人間性を備え、人類共通の課題である健康の維持増進並びに疾病の予防と克服及び苦痛の軽減に努める人材、変化する社会に対応し最新の知識と最良の技術を生涯学び続ける人材、及び地域医療から世界に通じる研究開発にわたる領域で探究心を持って活躍する人材を育成する」ことです(学則第5条より抜粋)。

■求める学生像
本学は、6年間のカリキュラムの履修を通して、教育目的に掲げた医師や医学研究者を育成するため、次のような資質をもつ人材を求めています。

1. 医学を学ぶ明確な目的と意欲をもっている人
2. 医学を学ぶために必要な基礎学力、応用力、思考力、判断力、表現力をもっている人
3. 人に対する思いやりと豊かな人間性、および高い倫理性をもっている人
4. 他の人の意見を尊重し、コミュニケーション能力を涵養できる人
5. 知的好奇心と探究心をもって、自ら生涯にわたり課題の発見と解決に取り組むことのできる人
6. 柔軟な思考ができ、多様化と国際化に向かう現代社会に適応できる人

■大学入学までに身につけておくべき教科・科目等
本学で医学を学ぶためには、全人的な素養を身につけていることに加え、次の教科・科目について幅広い基礎学力と応用力を身につけていることが望まれます。

1. 数学:数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学Bについての理解、数学的・論理的に思考し表現する能力
2. 理科:物理、化学、生物についての知識、科学的知識・思考にもとづいた判断力と探求心
3. 外国語:英語についての読解力・表現力と英語による基礎的なコミュニケーション能力
4. 国語:日本語文章の読解力・構成力、および日本語による表現力
5. 地理歴史・公民:世界史B、日本史B、地理B、現代社会、倫理、政治・経済についての基礎的な知識

■入学者選抜の基本方針
本学では「求める学生像」に沿った人材を選抜するため、一般入学試験とセンター試験利用入学試験、および「建学の精神」入試を実施しています。

1. 一般入学試験(前期・後期)
  数学・理科・英語の学力試験により基礎学力、思考力、応用力を評価するとともに、
  調査書、小論文、および面接により意欲、資質、表現力を見極め、総合的な評価・
  判定により合格者を決定します。

2. センター試験利用入学試験
  大学入試センター試験により数学・理科・英語・国語・地理歴史と公民についての
  基礎学力を評価するとともに、調査書、小論文、および面接により意欲、資質、
  表現力を見極め、総合的な評価・判定により合格者を決定します。

3. 「建学の精神」入試(専願制)
  調査書、推薦書、志望理由書、複数回の面接、および小論文により、これまでのさま
  ざまな活動、資質、表現力を見極めるとともに、基礎学力については大学入試セン
  ター試験の数学・理科・英語・国語・地理歴史と公民の結果を参考にして、総合的な
  評価・判定により合格者を決定します。なお、「建学の精神」入試(専願制)では、
  本学の建学の精神に賛同し、「是非とも大阪医科大学において学びたい」という明確
  な意志を持っていることを重視します。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 広報・入試部/〒569-8686 大阪府高槻市大学町2-7
TEL:072-684-7117
募集要項の請求方法 大学のホームページ/テレメール/大学窓口で配布
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ

http://www.osaka-med.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。 Google Map

アクセス 阪急京都線高槻市駅下車、出口すぐ。JR京都線高槻駅下車、南口より約徒歩8分。
学部学科・定員 医学部=医学科112
大学院 医学研究科=医学専攻
おもな付属施設 大学病院、三島南病院、健康科学クリニック、訪問看護ステーション、LDセンターなど。
沿革 昭和2年創設の大阪高等医学専門学校が前身。21年に旧制の大阪医科大学となり、27年に大阪医科大学医学部となった。

大阪医科大学の入試問題の傾向と対策

英語

傾向

昨年まで2年連続で出題されていた内容説明が姿を消し、従来の英文和訳7題、和文英訳3題の形式に戻った。今年度は大問1の長文内容が難化したが、大問2の英文は典型的な主題であったため易化した。和文英訳は例年通りの難易度で実力が反映されやすい。2016年度まで難化傾向であったが、昨年度やや易化し、今年度も昨年度と同じ難易度であった。英文和訳問題では自然な日本語にするために国語力も必要である。英文和訳と和文英訳が頻出分野である。

対策

主に和文英訳と英文和訳が出題されるため、英文解釈問題集(『英文熟考上・下』)と和文英訳問題集(『入門編・実践編 英作文のトレーニング』)を徹底的にやり込むこと。今年度はなかったが2016年度と2017年度には内容説明が出題されているので、『やっておきたい英語長文500・700』を使って練習する。指示語の内容を明らかにして和訳する問いもあるため、演習の際に指示語があれば明確にする。実戦段階では本学の過去問や国公立大学2次試験の過去問(京都大学・奈良県立医科大学など)を演習する。また、本学の過去問は年度が古くなるほど易しくなるため、最近の問題を利用した方がよいだろう。

数学

傾向

2018年度は易化した。微積分、確率、ベクトルが頻出であり、証明問題も毎年数問出題されている。公式を適用するだけで解けるような問題ではないし、計算量も多い。標準的な国公立大学の2次試験でよく見られるような誘導問題や融合問題が多い。数Ⅲはやや難しめではあるが、しっかりと誘導がついている。2017年度、2018年度の確率は、定番の確率漸化式ではなかった。2年続けて初等幾何が出題された。

対策

まずは、『プラチカ』や『スタンダード数学演習』などを使って、標準的な国公立大学の誘導形式の問題演習を行うのがよい。数Ⅲは『1対1対応の演習』で標準レベルをマスターし、『やさしい理系数学』『数学Ⅲスタンダード演習』まで練習するのが望ましい。その上で、難関大学の過去問などでハイレベルな問題演習を重ねていくとよいだろう。簡潔で要領を得た答案を作成する練習もしておいた方がよい。易しい順に問題が並んでいるわけではないので、問題の難易度を見抜く目も必要になる。確率漸化式は必ず解けるようにしておくことが必須である。

物理

傾向

大問4題構成。うち1題は小問集合であり難問を含むこともあるので、時間配分を考えて解ける問題に集中する。電力輸送の問題が頻出であり数年分の過去問を解いておきたい。他の3つの大問はよく練られており誘導が丁寧な良問が多い。力学は毎年、他は電磁気、波動、熱のうち1~2分野が出題される。ここ数年、原子の分野が出題されており正確な知識と解法を習得しておきたい。

対策

過去に何度も出題された問題が散見されるため、過去問を徹底的に研究しておくこと。その際、小問集合は後回しにするなど、時間内に全ての問題が解けるよう、本番に向けた戦略を立てておくこと。また原理・法則をしっかり理解し、自ら公式を導出する力を養っておこう。物理の公式をその根拠を示しながら証明できる受験生は、応用問題にも強くなる。

化学

傾向

大問4題。理論化学、有機化学を中心に出題される。標準レベルが多いが、長めのリード文には条件が多いため、すばやい処理力が要求される。2018年度は、第1問が化学結合の知識、第2問が合成高分子、第3問が解糖系のATPに関する熱化学、第4問が脂肪族と特徴的であった。例年、大問ごとにトピックが明白で、標準的な大問と新規性のある大問から構成されることが多い。生命科学系の題材に関して、様々な化学的視点から出題されることが多い。

対策

『化学重要問題集』などで,標準問題をマスターしておく。その上で、過去問演習に取り組む。さらに理論化学は、『化学の新演習』など難易度の高い問題集に取り組み、解説を熟読して理解を深めておこう。また前期と後期のスタイルが類似しているため、両方に取り組んでおくとよい。前期では論述問題の出題が少なくなっているが、2017年度後期に理由説明の問題が出題されている。今後も、対策を進めておこう。コツは、化学的現象のなかで繋がりがとれる関係を論述できるようにしておくことである。

生物

傾向

2012年度から大問4題構成が続く。2011年度までは用語や実験操作、仕組みなどを説明させる総合問題が必ず出題されていたが、この数年間はすべてテーマ別の大問4題で、論述問題や描画問題がよく出題される。知識問題は基本的・標準的な問題が多いが、正確で深い理解が問われている。論述問題も知識論述の割合が高いため、普段から用語の定義や生命現象の内容を自分でアウトプットできるように練習しておく必要がある。計算問題は典型的な問題が出題されることが多い。
<頻出分野>細胞、遺伝子、代謝、発生、動物の反応、体内環境

対策

『理系標準問題集』などを使って、標準的な用語や典型的な計算の解法を一通り確認しておこう。用語の理解をし、典型的な解法を身につけた後で、知識論述に対する対策として、頻出する用語、実験結果、生命現象のしくみなどを自分の力でアウトプットする練習をしよう。描画問題も出題されるので、教科書や資料集などで図を確認するクセをつけておくこと。2012年度から問題の傾向が大きく変わったので、過去問演習は、それ以降の問題を使って行うこと。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!