医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の問題傾向と対策 » 日本医科大学の傾向と対策

日本医科大学の傾向と対策

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2018年12月現在の情報です。

日本医科大学について

アドミッションポリシー

本学の学是は「克己殉公」、すなわち“己に克ち、広く人々のために尽くす”ことであり、教育理念として「愛と研究心を有する質の高い医師、医学者の育成」を掲げ、多くの臨床医、医学研究者、医政従事者を輩出してきました。

この学是、理念、そして歴史ある私立医科大学という特長を基盤に、最新の医学を教育・研究し、広く国際的な視野に立った見識と豊かな人間性を備えた医師、医学研究者の養成に努め、人々の健康の維持・増進、社会に貢献することを使命と考えています。

本学では、この学是、理念そして使命を理解・尊重し、豊かな資質を持った次のような人を求めています。

1. 医学を学ぶ目的意識が明確で、医師、医学者となるに必要な知識・技能の獲得のために自ら努力する人
2. 生命倫理を尊重し、医学を学ぶための知識・知性および科学的論理性と思考力を備えた人
3. 病める人の心を理解し、相手の立場で物事を考えることができ、主体性を持ちつつ協働して学ぶことのできる人
4. 社会的な見識を有し、周囲との協調性を尊重しながら、自らを表現し、判断できる人
5. 世界の医学・医療の進歩と発展に貢献する強い意欲のある人

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 アドミッションセンター/〒133-8602 東京都文京区千駄木1-1-5
TEL:03-3822-2131
募集要項の請求方法 大学のホームページ/アドミッションセンターあて郵送 
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ

http://college.nms.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。Google Map

アクセス 東京メトロ千代田線千駄木駅・根津駅、東京メトロ南北線東大前駅・本駒込駅下車、徒歩8分。
学部学科・定員 医学部=医学科121
大学院 医学研究科=生理系専攻、病理系専攻、社会医学系専攻、加齢科学系専攻、内科系専攻、外科系専攻
おもな付属施設 付属病院、武蔵小杉病院、多摩永山病院、千葉北総病院など。
沿革 明治9年創設の済生学舎が前身。37年に日本医学校、45年に日本医学専門学校、大正15年に旧制の日本医科大学となり、昭和27年に日本医科大学医学部となった。

日本医科大学の入試問題の傾向と対策

英語

傾向

昨年度より1題増え大問5題となり、内容も大きく変更となった。まず5題中純粋な読解問題は2題だけで、残り3題は品詞を問う語彙問題、発音、アクセントからなる大問が1題、短文2つの中で語形変化と誤り指摘が問われる大問が1題、自由英作文が1題である。結果読解問題中の設問は昨年度までと違って内容に関する問いが中心となった。出題形式は変更となったが、発音から文法そして内容理解や英作文に至る多様な設問と内容説明などの本質的な理解を問う問題によって、偏りのない知識と本質的な内容理解を要求されている点に変更はない。

対策

まず500語から700語程度の長文(『1日30分の英語長文・1日40分の英語長文』)の内容を完全に理解し、その中で和文英訳や内容説明などの記述問題の解答の仕方を学ぶ。文法語法の基本として『頻出英文法語法問題集1000』をマスターし、それを英文中で活用できるレベルまで発展させる必要がある。余裕があれば『スーパー講義 英文法・語法 正誤問題』のA・B問題の演習をしておきたい。自由英作文に対応できるように『自由英作文編 英作文のトレーニング』を利用する。最後に本学の過去問だけではなく慶應義塾大学や産業医科大学、国公立大学2次試験の過去問などを演習して実戦力を養成する。

数学

傾向

2017年度、2018年度は大問数が3問から5問に増えた分、難化した。[1][2]は答えのみを記入する形式で、[1]は基本レベル、[2]は丁寧な誘導がついている。[4][5]は複素数平面、極限、微積分など数Ⅲの割合が多い。問題の難易度にかなりの開きがあり、思考力を要する問題や見慣れないハイレベルな問題が出題されている。

対策

『チャート』などで全範囲の頻出問題の解法を習得した上で、『プラチカ』や『スタンダード数学演習』などのややレベルの高い問題集で、複数の分野を融合させた総合的な問題の練習をするとよいだろう。とくに数Ⅲは、難関大学の過去問も演習しておいた方がよい。計算力や論証力を養うためにも、『やさしい理系数学』『理系数学 入試の核心 難関大編』『医学部攻略の数学』などを使って記述形式の問題で練習しておいた方がよい。時間内に解答可能な問題を見極める訓練もしておこう。

物理

傾向

例年、大問4題の出題。2015年度以前は、力学、電磁気、波動、熱力学から偏りなく出題されていたが、2016年度以降は波動の代わりに原子から出題されている。大問あたりの設問数5問の合計20問が続いている。難易度は、全体的に基本~標準レベルの問題で構成され、時間に対する問題量も適量であるため、高得点の争いとなると予想される。ケアレスミスには十分気を付けなければならない。また、例年面倒な数値計算の出題も見られるので、対策をしておきたい。

対策

教科書傍用問題集や『良問の風』など標準的な問題集を仕上げ、『体系物理』などで入試の典型問題にも対応できるようにしておくこと。高得点の争いになると予想されるので、ケアレスミスには十分気を付けなければならない。また、問題文から状況を正確に把握する訓練も積んでおくこと。

化学

傾向

大問4題。2科目120分であるが、計算問題や論述問題が多いため、時間的に厳しく、解答スピードを求められている。2018年度は、新規性のある化学物質の出題がなく、例年より取り組みやすかった。論述問題の出題が続いているが、字数15~20字以内の問題があり、化学的な説明力を強く問われている。理論化学では化学平衡などの定量的な問題、有機化学では構造決定が頻出である。化学反応式、化学用語、グラフの読み取りに関する問題が多く、やや内容のレベルが高めである。

対策

過去問を参照して、出題形式やレベルを把握しておく。その上で、『セミナー化学基礎+化学』で基本事項を習得し、後半にある論述問題で記述力をつける。『化学重要問題集』B問題も有効である。発展内容の対策として『化学の新演習』を読みこもう。高分子は2017年度後期に糖類の出題があり、今後前期での出題に注意しておこう。前期・後期は、スタイルが同じであるため、出題分野や形式を把握しておくとよい。慶應義塾大学、東京慈恵会医科大学などの過去問も効果的である。

生物

傾向

2018年度も例年通り大問3題構成。ここ3年間は〔1〕,〔2〕が基本~標準的な内容であり、毎年出題されている〔3〕の実験考察問題も、以前のものに比べると取り組みやすいものになっていることから、全体の難易度は易化傾向にある。例年、〔1〕、〔2〕で標準的な知識問題、〔3〕で発展的な実験考察問題という形が続いていたが、2018年度は〔3〕だけでなく〔1〕にも考察問題が含まれ、出題の形式は少し変わった。基本問題を確実に正解した上で考察問題がどの程度解けるかで合否が分かれる。
<頻出分野>細胞と分子 代謝 遺伝情報の発現 生殖・発生 生物の環境応答 生物の体内環境

対策

標準的な知識問題への対策として、教科書の内容を完全に理解・暗記し、特に細胞、呼吸、遺伝情報、生殖・発生の分野についての正確で深い知識を身につけておこう。また、過去には遺伝子の発現調節に関する実験考察問題が頻出しているので、シグナル伝達や転写・翻訳の調節に関して、発生段階のものも含めて深く正確に学んでおくこと。さらに、多くのデータを比較して考察する問題への対策として、与えられたデータの比較の仕方を『重要問題集』や『生物標準問題精講』などを使って徹底的に練習しておこう。その上で、過去問を演習するのが最も効果的である。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス 激化する医学部受験を勝ち抜くために~合格する力の鍛え方~

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!