医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の問題傾向と対策 » 国際医療福祉大学の傾向と対策

国際医療福祉大学の傾向と対策

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2018年12月現在の情報です。

国際医療福祉大学について

アドミッションポリシー

入学者に求める要件
本学は、日々進化する保健医療福祉分野の需要に対応できる指導的な人材の育成を実現すべく、学生、社会人、留学生、帰国生徒に対して学修の機会を提供し、このような社会的な需要に応える教育を展開するものである。本学が入学者に求める要件は、以下のとおりである。

1.本学の基本理念及び教育理念を十分に理解し、専門職業人として「共に生きる社会」の実現に貢献する強い意志を有していること

2.これからの時代の保健、医療、福祉分野を担っていこうとする情熱を持ち、自ら積極的に学ぶ意欲と能力を有していること

3.保健、医療、福祉分野における情報科学技術の高度化、専門化及び国際化に対応するための努力を継続できる者であること

4.幅広い教養と視野を備えた豊かな人間性を養うため、積極的に自らを磨いていける者であること

5.あらゆる人に対して自らの心を開き、コミュニケーションをとれる者であること

6.学業・社会貢献・技術・文化・芸術・スポーツの分野で優れた活動実績を有し、本学で修得した技術をもとに、将来それぞれの分野で活躍したいという意欲を持つ者であること

7.本学での学びを生かし、将来、母国あるいは国際社会において、保健、医療、福祉分野の発展に貢献したいという強い意志を持つ者であること


医学科(医学部)

1.本学の基本理念と教育理念とを十分に理解し、専門職業人として「共に生きる社会」の実現に貢献する強い意志をもつ者であること

2.優れた学業実績や英語能力を有し、将来、国際性を身につけ、国内外の医療需要に応じて、母国および国際社会における保健、医療、福祉分野の発展に貢献したいという強い意志をもつ者であること

3.自ら積極的に学ぶ意欲をもち、保健、医療、福祉分野における科学技術の高度化、専門化、及び国際化に対応するための努力を継続できる者であること

4.幅広い教養と広い視野を備えた豊かな人間性を養うため、積極的に自らを磨いていける者であること

5.あらゆる人に対して自らの心を開き、コミュニケーションをとれる者であること

国際医療福祉大学の入試問題の傾向と対策

英語

傾向

初年度であった昨年度は文法問題1題、英作文(語句整序)1題、長文読解3題であったが、今年度はこれに誤り指摘が加わった。文法問題と語句整序は基本的な問いであるため高得点を狙いたい。誤り指摘は文法的誤りだけでなく、文脈から判断しなくてはならない問いもあるためかなり難しい。長文読解の内容は科学系が中心であり、医療系も含め今後も科学に関する論説文が中心となるだろう。長文中の設問は内容一致、同意語選択、空所補充、段落挿入、内容真偽である。長文の傾向は順天堂大学に似ている。マーク形式ではあるが、読解量が多いため時間的な余裕はない。

対策

文法と英作文対策は『Next Stage』で基礎を学んだあと、『英文法ファイナル問題集標準編』で実戦力を身に付ける。長文読解は読解量を考慮すると『やっておきたい英語長文700・1000』と医療系科学系の長文が出題されることを考慮して『私立医大の英語(長文読解編)』『医学部の英語 長文読解』を演習しておくとよい。過去問が2年分しかないので、読解対策として順天堂大学のインタビュー形式以外の長文を演習するとよいだろう。新たに加わった誤り指摘対策は『スーパー講義英文法・語法正誤問題』で基本を学んだあと、帝京大学の過去問の中から誤り指摘を選び演習するとよい。

数学

傾向

2018年度は難化した。少し複雑で簡単には解けない問題が多い。計算量も多く時間が足りない。途中計算がかなり必要なものもあるので、誘導に従う順応性と正確な計算力が必要になる。どの問題も完答は難しい。2017年度、2018年度ともに確率、図形と方程式、ベクトル、数列、微積分の範囲から出題された。2017年度は易しいので、2018年度の難易度が続くであろう。

対策

まず、『チャート』などの標準的な参考書を使って、定型的な問題は確実に解けるようにしておくことが第一である。1番の敵はとにかく時間なので、やることを決めたら正確に素早く処理していく練習を重ねておきたい。とくに微積分の計算は、スムーズにできるまで練習しておくべきだろう。過去問が2年分しかないため、同じ形式(マーク形式、誘導形式)の東北医科薬科大学、獨協医科大学、杏林大学、川崎医科大学での練習が有効である。

物理

傾向

昨年度より少し易しくなったが、標準レベルを超える設問も多い。大問1が原子分野を含む小問集合となった。大問2から大問5までは各分野から1題ずつ出題されている。よく見かける事例のようでありながら、設問に工夫がなされており、最適な解法を見抜き手際よく計算しないと時間内に解き切れない。国公立難関大レベルの問題集によって、誘導に乗って解くことや、多くの事例問題の処理に慣れておきたい。

対策

早い段階で『良問の風』など標準的な問題集を確実にマスターしておくこと。その上で、『名問の森』『重要問題集』など上級レベルの問題集を使って、論理的に考え解答を導きだす訓練を積んでおくこと。

化学

傾向

大問4題。第1問は小問集合で、高分子・生命の化学を含んでいた。2018年度のマーク数は、2017年度の77問から減少して55問であった。これは第1問が正誤問題になったことが大きいが、依然時間的に厳しい。第1問全分野、第2問理論化学、第3問無機化学、第4問有機化学であった。計算問題が多く、手際のよさが必要である。計算結果は各桁の数字をマークする。有機化学は2018年度が生理活性物質の甲状腺ホルモン、2107年度が鎮痛剤のぺチジンを題材にした出題で、やや解きにくく感じたと考えられる。

対策

基本~標準レベルの問題に対応できるようにしておきたい。『セミナー化学基礎+化学』『スタンダード問題230選』などの問題演習で、計算力をつけておく。正誤問題対策には、日ごろから参考書や図説を用いて正確な知識を身につけ、判断するスピードを上げておこう。有機化学に関して、今後も見慣れない化合物が題材となる可能性がある。ただし、標準レベルのため、焦らないで対応していくとよい。本学の過去問は2年分のため、東京医科大学、杏林大学、東邦大学など他大学の過去問にも取り組んでおくとよい。

生物

傾向

大問4問構成のマーク形式で、全問標準的な難易度であった。2017年度の出題内容は、顕微鏡観察や自律神経、バイオームといった生物基礎の単元と、タンパク質、遺伝子、生物の多様性と生態系といった生物の単元がバランスよく含まれ、全般的な生物学の標準的な知識を問う出題であったが、2018年度は神経、動物の行動、遺伝子、代謝、進化といった医学部でよく出題される分野を中心とした生物の単元ばかりであった。また、計算問題の割合が高い。

対策

2018年度は医学部特有の分野が中心の出題であったが、2017年度も考えると、全範囲満遍なく知識を身につけておくべきである。問題の難易度も標準的なものばかりであったので、『セミナー生物』や『リードα』などの基本から標準までを扱った問題集を繰り返し演習して十分な基礎力を培っておこう。その上で2年分ではあるが過去問にあたり、実力を確認して、不足している分野を集中的に強化しておこう。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス 激化する医学部受験を勝ち抜くために~合格する力の鍛え方~

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集