医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の出題傾向と分析 » 近畿大学の傾向と分析

近畿大学の傾向と分析

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2019年12月現在の情報です。

近畿大学について

アドミッションポリシー

医学部は、近畿大学建学の精神に則り、「実学教育」と「人格の陶冶」を重視します。また教育理念に則り、「人に愛され、人に信頼され、人に尊敬される」医師の育成をめざします。本学の「建学の精神」と「教育理念」に共感し、将来、良き医師として社会に貢献することを志望する入学者を受入れます。

1. 医学を志し、そのために必要な強い意思と高い理想を持つ人。
2. 医学の課程を学ぶために十分な基礎学力を備える人。
3. 自ら課題を発見し解決していく意欲にあふれる人。
4. 奉仕の精神と協調精神に富む人。
5. 倫理観と責任感に富む人。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 医学部・病院事務局 学務課入試係/〒589-8511 大阪府大阪狭山市大野東377-2
TEL:072-366-0221
募集要項の請求方法 大学のホームページ/入学センターに電話(06-6730-1124)で申し込み
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ

http://kindai.jp

学部所在地

〒577-8511 大阪府大阪狭山市大野東377-2 Google Map

アクセス 泉北高速鉄道泉ヶ丘駅、南海高野線金剛駅から狭山ニュータウン行バスで約15分、近畿大学病院前下車。
学部学科・定員 医学部=医学科115
大学院 医学研究科=医学系専攻
おもな付属施設 附属病院、堺病院、奈良病院、ライフサイエンス研究所、東洋医学研究所、関西国際空港クリニックなど。
沿革 昭和49年に医学部を設置した。

近畿大学の入試問題の出題傾向と分析

英語

出題形式は例年通りだったが、大問4の語彙が易しくなり、大問5の設問が内容一致中心となったため、全体的に易化した。本学の特徴である語彙レベルの高さは大問1の文法・語彙問題に残っているため、市販の単語帳を最後までしっかり覚え、接頭語や接尾語の法則を知っておくとよい。大問2は特徴的な形式なので本学の過去問で練習する。大問3の語句整序は標準的ではあるが、典型問題は少ないため普段から論理的に考えて解答する習慣をつけること。長文対策は内容理解を中心に演習する。

数学

ここ数年は難化傾向にある。出題範囲は数Ⅰ・A・Ⅱ・Bで、大問1は空所補充、大問2は答えのみ、大問3は論述形式という形式は変わらないが、大問1が小問集合から大問に変わっている。難問は見当たらないが、文字に関する計算力、場合分け、空間図形の把握などが要求されており、十分な考察が必要。手間がかかる問題が多く、60分という試験時間ではかなり厳しいと思われる。ほぼ同じ形式、難度の推薦入試の問題も練習に使える。

化学

大問3題だが、大問1、3は分野の異なる2題から構成されていたので、実質5~6題程度の出題量と考えてよい。標準レベルの問題が多いが、19年度も計算量が多く、時間が厳しめだった。例年に比べてすぐに答えられる問題がやや増加した。滴定などの計算問題、化学反応式の出題が多いのが特徴。対策として、問題集で弱点補強を進めた上で、前期だけでなく推薦や後期を含めた本学過去問に取り組み、計算過程を簡潔に書くトレーニングもしておこう。

生物

例年通り大問4問構成。かなり難度の高かった18年度と比べると易化した。字数指定の論述問題が大問ごとに複数問含まれている場合が多い。また、19年度は出題されなかったが、描図問題も頻出。一見易しそうに見えて、細かい知識を要求される問題が紛れている場合が多い。時間に対して問題量が多いため、解くスピードを意識した問題演習が必須。推薦入試の問題も一般入試と同じような形式なので、過去問演習では両方とも取り組んでおくとよい。

物理

大問3題構成。力学と電磁気は必出。他は熱か波動だが、17年度は原子から出題された。空所補充問題が多いため、過去問演習で慣れていないと状況を把握しづらい問題もある。計算量の多い設問を含むこともあり、時間配分を考えて解く問題を選びたい。描図問題が出題されるので、グラフや説明図を描き慣れておきたい。

予備校の検索はこちら

メディックTOMAS 教務担任、プロ講師、T.A.の連携で作り上げる 万全のサポート体制

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集