医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の出題傾向と分析 » 慶應義塾大学の傾向と分析

慶應義塾大学の傾向と分析

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2019年12月現在の情報です。

慶應義塾大学について

アドミッションポリシー

「基礎臨床一体型の医学・医療の実現」の理念の下、患者中心の医療を実践し、医学・医療に貢献してきた本学医学部は、次世代を先導し、豊かな人間性と深い知性を併せ持つ医学生を強く求める。そのために、創立者福澤諭吉の「一身独立(自ら考え実践する)」の教えを理解し、世界に雄飛し、患者中心の医療を実現できる physician scientist(科学的思考力を備えた医師)となりうる医療人としての資質、目的意識、モチベーションを重視し、卒業コンピテンスを修得しうる者を選抜する。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 入学センター/〒108-8345 東京都港区三田2-15-45
TEL:03-5427-1566
募集要項の請求方法 大学のホームページ 
※募集要項は紙媒体による配布を行わず、大学ホームページに掲載予定。
大学ホームページ

http://www.keio.ac.jp/

学部所在地

〒160-8582 東京都新宿区信濃町35 Google Map

アクセス JR中央・総武線信濃町駅下車、徒歩約1分。都営地下鉄大江戸線国立競技場駅下車、徒歩約5分。
学部学科・定員 医学部=医学科113
大学院 医学研究科=(博士)医学研究系専攻、医療科学系専攻、(修士)医科学専攻
おもな付属施設 大学病院、総合医科学研究センターなど。
沿革 大正6年、北里柴三郎を学部長に迎え、慶應義塾医学科として創設。大正9年に大学令により医学部となる。昭和27年に新制大学医学部設置。

慶應義塾大学の入試問題の出題傾向と分析

英語

大問の一部だった自由英作文が独立したため大問が4題となった以外、読解量や難易度に大きな変化はない。18年度同様記述量が多いため、解答時間に余裕はない。長文中の設問は空所補充、内容説明、和文英訳、英文和訳が中心。普段から文構造を意識して細部まで英文を読み込み、国公立大2次対策問題集で記述形式を十分練習しておく必要がある。文法問題の大問はないが、長文中には前置詞に関する空所補充が頻出するため、特化して学習すること。

数学

大半が空所補充で記述はわずか。19年度は軌跡の図示が出題されたところが新しい。かなりの計算量が必要で時間内には解き切れないだろう。問題によって難易度にかなりの開きがあり、解答可能な問題を見極める力が必要となる。大問1の小問集合は基本的な問題が中心で落とせない。大問2は確率漸化式が出題されるので、過去問演習が有効。後半の総合的な問題はレベルが高く、解法の丸暗記では通用しない。難関大の過去問で思考力を養っておくとよい。

化学

大問3題。これまで2題が理論・無機で、1題が有機の出題が多かったが、19年度はどの大問も理論と有機の融合問題で構成された出題だった。例年通り、文字式や数値計算の煩雑な問題、導出過程の記載、理由説明の論述問題もあった。受験生の学力レベルが高いため、高得点が必要とされている。標準レベル以上の問題の演習と併せて、難関国公立大の中で新規性のある発展レベルの入試問題にも積極的に取り組んでおくとよい。

生物

大問3題構成。論述問題の比重が高く、描図問題は出題されなかった。細胞内のタンパク質の挙動に関する問題の出題頻度が高い。教科書の内容の完璧な理解と定着は大前提。難関国公立大(旧帝大レベルなど)の過去問を使い、リード文や図、グラフを丁寧に読んで、書いてある内容を忠実に踏まえて答えさせる記述問題の演習に日頃から取り組んでおく。高校や予備校で記述の添削もしてもらうことが望ましい。

物理

大問3題構成。大問1は小問集合であり、例年受験生になじみのないものも含めて様々な事例が出題されている。大問2は力学、大問3は電磁気で、難易度は14年度以降易化傾向にある。大学自体の難易度に比べると難問とは言えないが、広汎で正確な知識と事例の正確な把握力を要求され、物理の実力が試される出題になっており、日常生活における科学的視点を問う問題も見られる。論述問題対策も必要であり、正確な用語を用いた論旨明快な文章を書けるようにしておくこと。

予備校の検索はこちら

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!オンライン授業 おすすめ予備校特集