医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の出題傾向と分析 » 川崎医科大学の傾向と分析

川崎医科大学の傾向と分析

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2019年12月現在の情報です。

川崎医科大学について

アドミッションポリシー

川崎医科大学は、建学の理念に基づいて、社会の要請にこたえ得る有能な医師を養成することを目的としている。この目的を達成するために教育目標及び卒業認定・学位授与に関する方針に示す医学部卒業時の到達目標を掲げて、「良医」を育成する教育を行っている。

本学で学ぶために必要な以下の資質と姿勢を備え、さらに、これらを入学後も知的好奇心をもって主体的に発展させることのできる人材を受け入れる。

求める人材像

1.意志と情熱
地域社会に関心を持ち、医学・医療を通して、そこで生活する人々の健康と福祉に貢献する強い意志と情熱を有する。

2.共感性と思いやり
他者の尊厳を尊重し、他者の「こころ」や痛みに共感できる思いやりと優しさをもって行動できる。

3.協調性とコミュニケーション能力
他者と良好な関係を築き、協働するための基本的なコミュニケーション能力を有する。
チーム内に生ずる困難に対して、誠実かつ適切に対処する姿勢を有する。
自らの考えをわかりやすく伝えることができる。

4.知識と技能
基礎的な知識と技能を幅広く体系的に修得している。
自らの知識と技能を持続的に発展させることができる学習能力を有する。

5.科学的思考力・課題解決能力と表現力
自ら課題にチャレンジし、科学的思考方法に基づいて課題を解決する姿勢を有する。
課題解決のプロセスや結果を的確に伝えるための基本的な表現力を有する。

6.振り返りと自律性
自らの健康を維持管理し、規則正しい生活ができる。
他者の意見を謙虚に聞き入れる姿勢を有し、自らの向上につなぐことができる。
社会規範を守り礼節をもって、他者に信頼される行いができる。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 教務課入試係/〒701-0192 岡山県倉敷市松島577
TEL:086-464-1012
募集要項の請求方法 大学のホームページ
※募集要項は紙媒体による配布と大学のホームページに掲載予定。全入試区分においてWeb出願対応。
大学ホームページ

http://www.kawasaki-m.ac.jp/med/

学部所在地

問合せ先に同じ。 Google Map

アクセス JR山陽本線中庄駅下車、徒歩約15分。
学部学科・定員 医学部=医学科126
大学院 医学研究科=医科学専攻
おもな付属施設 川崎医科大学附属病院、川崎医科大学総合医療センターなど。
沿革 昭和45年に開学した。

川崎医科大学の入試問題の出題傾向と分析

英語

大問3で18年度に出題された段落補充が消え、大問4の語数が大幅に増えた。大問1、3は標準的。大問2は一見普通の問題に見えるが、かなりの難問だ。大問4も読解量が多く内容も容易ではない。そのため基本をしっかり理解して、それを土台にした応用力がないと高得点は狙えない。文法語法と語句整序は標準的な問題集で土台を作り、発展レベルまで演習する。読解もセンター試験レベルから始め、本学の過去問を徹底演習すること。

数学

大幅に易化した18年度と同様に、19年度も標準的な問題が並んだ。典型問題そのままの問題が多い年もあれば、誘導に従い典型問題の考え方を組み合わせて解く総合的な問題が出題される年もあり、年度によって難易度の差が大きい。難問ではないが、誘導に乗りにくいものもあり、高い順応性も要求されている。大問2のように相当量の計算が必要な問題もあり、正確な計算力も求められている。なお、マークの形式が独特なので注意が必要。

化学

大問3題。大問1、2は基本レベルで構成されていたが、大問3のリボヌクレオチドの構造に関する問題がやや解きにくかった。例年、取り組みやすい小問が多く出題されるため、ケアレスミスに気をつけて得点を重ねていく必要がある。単位換算やグラフ問題にも強くなっておこう。長文問題ではキーワードを把握して、問われている内容を正確に把握できるようにする。小問数が多いため、解答時間を意識しながら本学過去問やセンター試験の過去問などで演習をしておくとよい。

生物

16年度から大問3題構成が続いている。18年度は大問2が小問集合的な問題で、残りの大問2題はテーマ別の問題だったが、19年度は17年度と同じく大問3題とも小問集合的な問題になった。難しくはないが、データ処理が必要な考察問題も出題されている。また、18年度は出題されていなかった計算問題が復活した。毎年小問集合的な問題があり、幅広い範囲から出題されるので、苦手な分野を作らないようにすること。各分野の標準的な問題を素早く確実に解けるようにする必要がある。

物理

出題形式は変わらないが、大問数が6から4へ減少した。標準的な問題が多いため、取りこぼしをしないことが重要となってくる。よってどの分野が出題されても初歩的なミスをしないように対策をしておきたい。19年度は原子の出題はなかったが、17、18年度には出題されているため知識分野も含めて対策をしておきたい。18年度は数年ぶりに、数列の考え方を用いて解く問題が出題された。

予備校の検索はこちら

メディックTOMAS 教務担任、プロ講師、T.A.の連携で作り上げる 万全のサポート体制

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集