医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の出題傾向と分析 » 金沢医科大学の傾向と分析

金沢医科大学の傾向と分析

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2019年12月現在の情報です。

金沢医科大学について

アドミッションポリシー

金沢医科大学医学部は「生命への畏敬-Reverentia Vitae」を基本理念とし、「倫理に徹した人間性豊かな良医の育成」を建学の精神に掲げ、豊かな知識や技術と思いやりの心とを兼ね備えた臨床医を社会へ送り出すことに努めています。
ディプロマ・ポリシーに掲げる良医の育成を目的に、特別推薦入学試験(AO入試)、指定校・指定地域推薦入学試験、卒業生子女入学試験、編入学試験および一般入学試験を実施し、資質の高い多様な人材の確保を目指しています。また入学後の教育では、カリキュラム・ポリシーに基づき、人間性とコミュニケーション能力を高めるための体験実習、論理的・科学的思考能力を養うための少人数教育、主体性を確立するための自主学習を基本とした問題解決型の授業などを実施しています。

医学知識と医療技術を極め、医療をとおして社会に貢献したいという志をもち、医学の発展につながる医学研究にも意欲をもつ受験生を金沢医科大学は歓迎します。

(求める学生像)

1. 医学を学ぶために必要な基礎学力と問題解決能力のある人
2. 知的好奇心が旺盛で、学ぶことへの集中力、忍耐力、持続性を備えている人
3. 周囲に対する協調性や思いやりの心をもち、あらゆる面で自己啓発を怠らない人
4. 建学の精神を理解したうえで本学の伝統を継承し将来発展させる人

(入学までに身につけておくべきもの)

1. 文章の読解力と論述力
2. 数学的、論理的に思考し表現する能力
3. 理科の知識、科学的知識に基づいた思考力、判断力と探究心
4. 英語の読解力・表現力と英語による基礎的なコミュニケーション能力
5. 特別活動、課外活動等を通じた主体性、協調性、思いやり・奉仕の心

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 入学センター/〒920-0293 石川県河北郡内灘町大学1-1
TEL:076-218-8063
募集要項の請求方法 大学のホームページよりダウンロード。
※募集要項は紙媒体による配布を行わず、大学ホームページに掲載予定。 
大学ホームページ

http://www.kanazawa-med.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。 Google Map

アクセス 北陸鉄道浅野川線内灘駅から金沢医大病院行または白帆台ニュータウン行バスで大学前下車。
学部学科・定員 医学部=医学科110(うち1年次後期編入学3)
大学院 医学研究科=生命医科学専攻
おもな付属施設 大学病院、総合医学研究所など。
沿革 昭和47年に開学した。

金沢医科大学の入試問題の出題傾向と分析

英語

18年度まで大問1で出題されていた文法問題がなくなり、すべて読解問題になった。その他は例年通り。60分で長文4題を解答するにはスピードが求められる。長文中の設問は文法事項や発音・アクセントを問う問題が多いので、読解問題集だけではなく、オールインワン系の文法問題集をしっかり仕上げること。例年医療・科学系の長文が多く、その分野の内容の英文に慣れておく必要がある。その際には指示語の内容確認と語句や文法語法を意識する。

数学

大問1に4年連続で出題されている確率は、数え上げる問題が多い。大問4も3年連続で数Ⅲの微積分(接線、法線、極値、変曲点、面積)が出題されている。問題の難度は高くなく計算量も多くないが、ゆっくり解法を考えている時間はない。易しめの問題集で解法が瞬時に浮かぶようになるまで、反復練習をするとよいだろう。図形が絡んだ問題も多く出題されているため苦手な人は初等幾何、三角比、座標、ベクトル、複素数平面などの分野を超えた総合的な練習が必要。高得点が求められる。

化学

小問集合13問。19年度は解きやすい問題が増加したが、問題数が多かったため、解答スピードは必要だった。有効数字、探求課題の出題が目新しい。例年同様、答えを「すべて」選ぶ問題、正誤の組み合わせ問題があった。理論・無機では、物質の性質、溶液の調製、実験操作に関する問題、有機では構造決定の出題が多い。平均点は高めと考えられるので、ケアレスミスを防いで解答できるように正確な知識と計算力をつけて、過去問で形式と時間配分に慣れておこう。

生物

大問3題構成。例年通り小問集合が多くを占める。基本的な知識を問うものばかりだが、出題範囲に偏りが全くないため、苦手分野を作らないことが重要。毎年、数問は計算問題やグラフ読解問題が出題されるが、典型問題ばかりだ。19年度は大問3でライオニゼーションが出題されていたが、本文を読めば知識がなくとも解けるものだった。合格のためには、全分野の基本事項を抜けなくしっかり理解すること、本学や川崎医科大などの過去問を演習して知識の定着を図ってほしい。

物理

19年度も大問4題構成だったが、毎年のように出題されていた電磁気からの出題がなかった。例年、基本~標準レベルの問題が多いが、19年度は、受験生に馴染みのない放射線の測定単位や素粒子が出題され、戸惑った受験生もいたかもしれない。また、年度によっては解答の方針が立てづらい問題も出題されている。そのような際には、マーク式の特徴を生かして、解答欄の形から逆算して解答の方針を立てるなど工夫するとよい。

予備校の検索はこちら

メディックTOMAS 教務担任、プロ講師、T.A.の連携で作り上げる 万全のサポート体制

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集