医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の出題傾向と分析 » 順天堂大学の傾向と分析

順天堂大学の傾向と分析

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2019年12月現在の情報です。

順天堂大学について

アドミッションポリシー

医学部は、医学・医療の知識・技能のみならず豊かな感性と教養を持ち、国際社会に役立つ未来を拓く人間性溢れる医師・医学者を養成するため、次のような学生を求めます。

1.一人の人間として、人間と自然を愛し、相手の立場に立つ思いやりと高い倫理観を有する人
2.幅広い人間性、柔軟性と協調性を備えた高いコミュニケーション能力を有する人
3.自ら問題を発見し、知的好奇心を持って、自主的に課題に取り組むことができる人
4.国際的な視点から医学・医療の進歩に貢献しようとする熱意の有る人
5.入学後も、自己啓発・自己学習・自己の健康増進を継続する意欲を有する人

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 医学部入試係/〒113-8421 東京都文京区本郷2-1-1
TEL:03-5802-1021
募集要項の請求方法 大学のホームページ 
※募集要項は紙媒体による配布を行わず、大学ホームページに掲載予定。
大学ホームページ

http://www.juntendo.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。 Google Map

アクセス JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水駅下車、徒歩約7分。
学部学科・定員 医学部=医学科140
大学院 医学研究科=(博士)医学専攻、(修士)医科学専攻
おもな付属施設 順天堂医院、静岡病院、浦安病院、順天堂越谷病院、順天堂東京江東高齢者医療センター、練馬病院。
沿革 天保9年創設の蘭方医学塾が起源。昭和18年に順天堂医学専門学校、21年に順天堂医科大学となり、27年に順天堂大学医学部となった。

順天堂大学の入試問題の出題傾向と分析

英語

例年通りの出題形式だったが、長文の総語数が大幅に減少し、解答しやすい設問が増えたため易化した。それでも長文4題と自由英作文1題を80分で解答しなくてはならないため、時間的余裕はない。設問は段落を要約する力が求められ、内容に関するものが中心で、同意語選択の出題も多い。対策としてセンター試験の論説文から始め、マーク式の医療・科学系長文を20分以内で読む練習をする。自由英作文に指定語数はないが、10分程度で100語の英文を書けるようにしておきたい。

数学

易化した18年度と問題数は変わらないが、マークの空欄の箇所は増えている。大問3は整数の証明問題。年度や問題によって難易度の開きが大きいので、解くべき問題の見極めも重要な要素になる。計算量が多い年度もあるので、典型問題は見てすぐ解き始めることができるようにしておく必要がある。難関大の過去問題でハイレベルなテーマに触れておくとよいだろう。

化学

大問2題。マーク式1題、記述方式1題。大問1の多くは標準レベルの問題で構成され、25設問中12設問に計算問題があり、計算量の多さが目立った。18年度の問題と比べ、やや解きやすい問題が多かった。大問2は、18年度に出題の有機分野ではなく、理論分野からであり、論述問題(70字)も出題された。選択問題、記述問題ともに、問題文の意図を素早く理解する必要がある。計算を速くするための工夫を重ね、スピードを意識しながら演習を重ねていこう。

生物

例年通り、マーク式3題、記述1題。18年度にあった文章の記述問題は見られず、記述式の計算問題が見られた。教科書の内容の完全理解と定着を全分野について行うこと。今後出題されないとは言えないので、油断せずに、記述対策として標準的な問題集で数十字程度の記述問題の演習に取り組むこと。

物理

例年通り大問2題構成だった。大問1は中問3題で、そのうち1題がマーク式の小問集合で構成されていた。大問2は1つの分野からの出題で、記述形式。問題構成が独特のため、過去問で慣れておきたい。18年度と比較して、中問2の電気振動の問題のように見慣れない設定の問題があった。また、設問数が多いため、時間的な余裕はなく、問題を解くスピードがそのまま得点差につながる。解けそうな問題から解くことが大切だ。

予備校の検索はこちら

メディックTOMAS 教務担任、プロ講師、T.A.の連携で作り上げる 万全のサポート体制

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集