医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の問題傾向と対策 » 岩手医科大学の傾向と対策

岩手医科大学の傾向と対策

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2018年12月現在の情報です。

岩手医科大学について

アドミッションポリシー

本学は、「医療人たる前に、誠の人間たれ」という建学の精神のもとに、地域医療に貢献する医療人育成を使命として設立されました。
学則には、「まず人間としての教養を高め、充分な知識と技術とを習得し、更に進んでは専門の学理を極め、実地の修練を積み、出でては力を厚生済民に尽くし、入っては真摯な学者として、斯道の進歩発展に貢献する」ことが掲げられています。
医学教育・教養教育を通して、優れた資質と深い人間愛を有する医療人、研究者、人格的に成長できる人材の育成が、本学の目指すところです。

医学部では、次のような人材を求めています。

1.生命倫理を尊重し、医学を修得し実践するための知性と科学的論理性を有している。
2.広い視野でものごとを捉え、積極的に課題を発見し、解決することができる旺盛な探求心を有している。
3.病む人・悩める人の体と心を理解し、彼らに向きあう強い意志と情熱を有している。
4.世界的視野から医学の進歩と発展に貢献するという向上心を有している。
5.さまざまな地域において、医療に誠意をもって貢献しようとする利他精神を有している。
6.生涯にわたる継続的な学修をするため、自ら学ぶ意欲と積極性を有している。
7. 自己の身体的および精神的健康にも気を配る自省心を有している。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 入試センター事務室/〒020-8505 岩手県盛岡市内丸19-1
TEL:019-651-5111(内線3252)
募集要項の請求方法 大学のホームページ/テレメール/電話/入試センター事務室窓口で配布
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ

http://www.iwate-med.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。Google Map

アクセス JR東北本線・田沢湖線・山田線盛岡駅下車、徒歩約25分。JR盛岡駅からバスで中央通一丁目、岩手医大前下車、徒歩約2分。
学部学科・定員 医学部=医学科127(うち3年次学士編入学7)
大学院 医学研究科=生理系専攻、病理系専攻、社会医学系専攻、内科系専攻、外科系専攻
おもな付属施設 大学病院、先端医療研究センターなど
沿革 明治30年創設の私立岩手病院・医学講習所が前身。岩手医学専門学校、旧制の岩手医科大学を経て、昭和27年に岩手医科大学医学部となった。

岩手医科大学の入試問題の傾向と対策

英語

傾向

昨年度までは易しかったが、出題内容が一変してかなり難しくなった。まず昨年までなかった不要文削除が出題された。センター試験でも出題される形式だが難易度はそれよりも高い。2題ある長文も分量が大幅に増え、かなり専門的な内容となったため把握するのに苦労する。発音、会話文の難易度は例年通りだが、文法、英作文は昨年までの典型問題とは違い、思考が必要となりやや難化した。結果試験時間60分で解答するにはかなり厳しくなった。

対策

難易度が上がったからと言って、難しい問題ばかり演習する必要はない。文法語法対策としては『Next Stage』『グラマスター』などのオールインワン問題集を繰り返し演習することで、文法・語法4択、語句整序、発音などの土台を作る。新しく出題された不要文削除に関してはセンター試験の大問3にあるのでこれを利用する。大問1の空所補充対策としては過去2年分の本学の過去問や長崎大学の過去問を利用する。語数の増えた長文対策としては『私立医大の英語(長文読解編)』で医療系長文に慣れておく。

数学

傾向

以前に比べて難しくなっている。2016年度、2017年度は[1]が小問集合で幅広い範囲から基本的な問題が出題されており、確実に得点しなければならないものばかりであった。2018年度は大問3つの出題になった。[3]の微積分はこの大学の定番で、決して難問ではないが計算量はかなり多い。もうひとつの定番だった確率は出題されなかった。立体図形、空間ベクトル、数列、面積、体積、確率がここ5年以内の頻出分野である。時間的には非常に厳しい。

対策

短時間で得点するためには、『チャート』や『プラチカ』などの標準的な参考書や問題集を使って、定型的な問題の解法が瞬時に頭に浮かぶようになるまで繰り返し練習することが重要である。同時に、迅速かつ正確な計算力も養っておくべきだろう。特に確率の具体的な数え上げ、一見変わった数列問題の練習、面積体積の積分計算は必須である。大問に対応する思考力を養うには、国公立大学2次試験などの記述式試験の問題で演習するのが適している。その後で問題の取捨選択など、時間を意識した練習が必要である。

物理

傾向

マーク形式に変更になって2年目であり、大問3題25問出題された。力学、電磁気からは毎年出題されており、残りの1題を熱力学または原子が占めることが多く、今年は原子から出題された。電磁気に関しては過去に似たような問題が出題されている。問題の難易度としては、教科書の章末問題、教科書傍用問題集の基本問題レベルである。また、解答時間は余裕があるので高得点の戦いとなるだろう。

対策

教科書傍用問題集や『良問の風』など、基本的な問題集を用いて入試の典型問題を解き込んでおくこと。また、過去に似たような内容の出題が多くみられるので、過去問演習は効果的である。また、受験生が手薄になりがちな原子からの出題が多いので、未出題の問題(コンプトン効果、ブラッグ反射)を中心にしっかりと対策しておくこと。

化学

傾向

2018年度(大問4題)は、2017年度(大問5題)に続いて全問マーク形式であった。各大問は、基本~標準レベルが中心の小問集合形式からなり、全範囲からバランスよく出題されている。今年度から解答時間が2科目120分となり、問題量が増加すると予想される。理論化学は計算問題の割合が高い。例年化学平衡、電離平衡が出題されやすく、有機化学からは糖類やアミノ酸、タンパク質が頻出である。無機化学も大問1題として出題されている。

対策

『セミナー化学基礎+化学』『スタンダード問題230選』を活用して、標準レベルの定着をおこなう。センター試験、『短期攻略センター化学基礎・化学』も有効である。本学の過去問演習では、解答形式と時間を把握して取り組もう。計算問題が多いため、パターンを覚えて正確でスピーディーな計算力をつけておく。無機化学では、『フォトサイエンス化学図録』などを用いて、化学物質の性質だけでなく実験装置のデザイン、生活に関する素材についても理解を進めておこう。天然高分子、合成高分子は必須であり、環境問題に関連する物質も対策しておくとよい。

生物

傾向

2018年度は2017年度と同様大問5題構成。本年度は沈降線やセンチュウの化学走性の問題など、他大学での出題頻度の少ない問題が多く出題され、難易度は難化した。最近3年間はそれ以前とは出題形式・内容ともに大きく変化しており、過去問演習はここ3年間のものを使用すべきである。以前とは異なりここ3年間は、2017年度の〔1〕でバイオーム、2018年度の〔3〕で分類と系統樹の出題が見られたように、全範囲満遍なく出題される。また、知識問題の特徴として研究者名を問う問題が頻出している。ワトソンとクリックのような基本的なものから最近の日本人ノーベル賞受賞者まで幅広く押さえておきたい。

対策

ここ数年知識問題が増加傾向にあるので、教科書を中心にまずはしっかりとした基礎知識を習得しよう。それに加えて2018年度に見られた出題頻度の低い問題に対する対策として、『重要問題集』や『エクセル生物』などの複数の問題集の演習、もしくは2018年度の『全国大学入試問題正解生物』などを用いて、できるだけ多くの問題に当たっておくことが必要である。問題量が多いことを考慮して、知識・読解、計算の正確さだけでなく解く速さも身につけていこう。また、様々な実験を学ぶ際に手続きや結果だけでなく研究者名もセットで覚えるようにしたい。さらに、2019年度から理科2科目の試験時間が120分になることを意識した演習も必要である。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!