医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の出題傾向と分析 » 岩手医科大学の傾向と分析

岩手医科大学の傾向と分析

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2019年12月現在の情報です。

岩手医科大学について

アドミッションポリシー

本学は、「医療人たる前に、誠の人間たれ」という建学の精神のもとに、地域医療に貢献する医療人育成を使命として設立されました。学則には、「まず人間としての教養を高め、充分な知識と技術とを習得し、更に進んでは専門の学理を極め、実地の修練を積み、出でては力を厚生済民に尽くし、入っては真摯な学者として、斯道の進歩発展に貢献する」ことが掲げられています。医学教育・教養教育を通して、優れた資質と深い人間愛を有し、生涯にわたって人格的に成長できる人材の育成が、本学の目指すところです。

医学部では、次のような人材を求めています。

1. 生命倫理を尊重し、医学を修得し実践するための知性と科学的論理性を有している。
2. 広い視野でものごとを捉え、自律的かつ積極的に課題を発見し、解決することができる旺盛な探 求心を有している。
3. 病む人・悩める人の体と心を理解し、彼らに向きあう強い意志と情熱を有している。
4. 世界的視野から医学の進歩と発展に貢献するという向上心を有している。
5. さまざまな地域において、医療に誠意をもって貢献しようとする利他精神を有している。
6. 生涯にわたる継続的な学修をするため、自ら学ぶ意欲と積極性を有している。
7. 自己の身体的および精神的健康に気を配る実績を有している。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 入試センター事務室/〒020-8505 岩手県盛岡市内丸19-1
TEL:019-651-5111(内線3252)
募集要項の請求方法 大学のホームページ/テレメール/電話/入試センター事務室窓口で配布
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ

http://www.iwate-med.ac.jp/

学部所在地

問合せ先に同じ。Google Map

アクセス JR東北本線・田沢湖線・山田線盛岡駅下車、徒歩約25分。JR盛岡駅からバスで中央通一丁目、岩手医大前下車、徒歩約2分。
学部学科・定員 医学部=医学科127(うち3年次学士編入学7)
大学院 医学研究科=生理系専攻、病理系専攻、社会医学系専攻、内科系専攻、外科系専攻
おもな付属施設 大学病院、先端医療研究センターなど
沿革 明治30年創設の私立岩手病院・医学講習所が前身。岩手医学専門学校、旧制の岩手医科大学を経て、昭和27年に岩手医科大学医学部となった。

岩手医科大学の入試問題の出題傾向と分析

英語

18年度に変更になった出題形式に変化はなかった。大問1と大問5が易化し、大問7の長文の語数が減ったため、全体的に取り組みやすくなったが、大問6の語句整序は難化し、大問7の長文内容と設問の難易度は高く、計1,200語の長文2題を含む大問7題を60分で解答するにはかなりの実力が必要だ。大問2~6の対策としてセンター試験対策問題集を解き、長文対策として科学医療系の論説文を読んで傾向に慣れた後に、2年分の過去問を演習する。

数学

数列、空間ベクトル(空間図形)、積分法と大きな括りでは18年度と同単元からの出題だった。全体的に記述式の試験で出題するのがふさわしいような問題で、難度の高いものや計算量の多いものが出題されている。国公立大の記述式の問題練習しておいた方がよい。短時間で効率よく得点するためには、典型的な解法が瞬時に浮かぶことと正確かつ迅速な計算力が必要である。日頃から面倒がらずにきちんと計算することも大切。

化学

大問3題。マーク式に変更になって3年目になる。18年度と比べて大問数が1題、設問総数が3問減少したが、1科目あたりの解答時間が60分前後と長くなり、1題にかけられる時間が増えた。新出形式として、3つの文章の正誤の組み合わせ問題3割を占めた。対策としては、各分野の理解を一様に深め、計算力と正誤問題に対する正しい知識をつけよう。特に結晶格子、科学者名、実験操作が頻出である。マーク式の問題集や入試問題を活用すると効果的。

生物

18年度同様にマーク式、試験時間は理科2科目で120分になったが、大問5題の構成で出題分野も例年通り。教科書に記載されている用語と定義の定着と内容の完全理解、標準レベルの問題演習が必要。動物の反応と行動、体内環境の調節と免、動物と植物の発生の3分野は頻出。用語の空欄補充といった知識問題は落とさず、解きやすい問題から解いていかないと、試験時間が増えたとはいえ合格点は取りづらい。

物理

マーク式になって3年目で、大問3題26問。過去には電磁気の交流分野や原子からの出題が多かった。17年度には波動からも出題された。19年度にも出題された気体の状態変化や、光の粒子性および電子の波動性の問題が頻出。典型問題で構されるので、標準的な問題集を用いて確実に仕上げておきたい。

予備校の検索はこちら

メディックTOMAS 教務担任、プロ講師、T.A.の連携で作り上げる 万全のサポート体制

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集