医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の出題傾向と分析 » 福岡大学の傾向と分析

福岡大学の傾向と分析

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2019年12月現在の情報です。

福岡大学について

アドミッションポリシー

■養成する人材像・教育課程の特色
医療のプロフェショナルとしての誇りと広い視野を持ち、患者に寄り添い、地域社会に貢献する医師の育成が医学科の目標です。基本的医療専門知識と技術を身に付けるための基礎・臨床医学教育科目を基盤に、低学年からの早期臨床医学体験、共通教育、研究室配属を通し、医療人としての幅広い教養、生命倫理の重要性、科学的探究心、論理的思考力を修得します。高いコミュニケーション能力、グローバルな視野で地域に貢献できるように英語での医療面接も行います。高学年の診療参加型実習で病歴聴取、身体診察・手技など診察技能や診察所見に基づく臨床推論能力の向上をめざし、多職種連携教育、健康行動科学の重要性を追求します。また、医学科では「人が人を治療する」という原点に立ち、高い倫理観と豊かな人間性を併せ持った医師・医学研究者の育成を目指します。


■求める人材像(求める能力)
●知識・理解
 高等学校の教育内容を学修し、医師になるための十分な基礎学力を有する人
●技能
 自らの視点で物事を解釈・表現し、他者と良好な関係を築く能力を有する人
●態度・志向性
 高い倫理観を有し他者を尊重でき、自律学習能力と自己研鑽を継続できる人
●その他の能力・資質
 国際的な医療制度に関心を持ち、公衆衛生学的見地から地域社会に貢献する人

■入学者選抜のねらい
医学科は、学びや諸活動の中で挑戦し続ける意欲あふれる人材や、多様な背景を持ち、さまざまな能力を有する人材を国内外から広く受け入れます。
そのために、これまでに培われた基礎学力、活動や経験を通じて身に付けた能力、資質、学ぶ意欲などを、多面的・総合的に評価する多様な入学試験を実施します。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 入学センター/〒814-0180 福岡県福岡市城南区七隈8-19-1
TEL:092-871-6631
募集要項の請求方法 大学のホームページ
※募集要項は紙媒体による配布を行わず、大学ホームページに掲載予定。
大学ホームページ

http://www.fukuoka-u.ac.jp/

学部所在地

〒814-0180 福岡県福岡市城南区七隈7-45-1 Google Map

アクセス 地下鉄七隈線で福大前駅下車、徒歩3分。JR博多駅から西鉄バスで約35~45分、福大正門前下車。
学部学科・定員 医学部=医学科110
大学院 医学研究科=人体生物系専攻、生体制御系専攻、病態構造系専攻、病態機能系専攻、社会医学系専攻、先端医療科学系専攻、看護学専攻
おもな付属施設 福岡大学病院、福岡大学筑紫病院、福岡大学西新病院、先端分子医学研究所など。
沿革 昭和47年に医学部を設置した。

福岡大学の入試問題の出題傾向と分析

英語

大問3が不適切なものを選択する形式から適切なものを選ぶ形式に戻り易化した。それ以外は例年通りで、全体的な難易度に大きな変化はなかった。差がつきやすい大問1は標準的な英文解釈問題集と久留米大医学部や東海大医学部の過去問などを利用して十分練習しておきたい。大問2の読解は700語程度の英文を内容理解に重点を置き演習する。残りはオールインワン問題集の演習で十分対応できるが、語句整序は難問が出題されることもあるので注意。

数学

大問1、2の小問集合は幅広い分野から出題され、データの分析は頻出。難問というほどのものはないが、典型解法にあてはめるだけというものでもない。きちんと学習していないと得点しづらい問題が多い。大問3の記述問題は例年、数Ⅲの微積分の問題で基本的な問題が多い。これを丁寧に計算して完答できるかどうかが合否を左右する。19年度の問題は計算量がかなり減っていた。標準的な問題を確実に素早く解く練習をするとよいだろう。

化学

大問4題。選択形式の設問が多く、基本~標準レベルで出題されていた。大問2のコバルト(Ⅲ)錯塩に慣れていない受験生が多かっただろうが、各設問に丁寧に取り組めば難しい問題ではなかった。例年、理論分野では電気化学、溶液の性質、化学平衡のいずれかから出題されている。計算問題では単位に気をつけよう。年度により人名や高い知識力が必要となることがあるため、参考書や図説を活用して化学物質の構造や機能、科学者名などの細かい知識を身につけておくとよい。

生物

大問5題構成。18年度に比べて難易度は変化していない。基本的な問題から幅広く知識を問う問題で構成されている。大問4の免疫ではやや詳しい用語を聞かれているが、医学部入試では頻出の用語であるため解けた生徒も多かっただろう。本学は例年、必ず恒常性や効果器・神経・受容器関連から出題されている。しかし、植物や進化系統など広い範囲からも出題されるため、すべての分野において基本的な生物用語を書ける力を養うことが必要である。

物理

大問3題構成。例年大問1、2は空所補充式の選択、大問3は記述形式。例年、力学と電磁気は出題され、残り1題は熱か波動のいずれか。大問1、2の空所補充は誘導に乗ることが求められるため、過去問で慣れておいた方がよい。標準レベルの設問が多いが、全体的にみると17年以降は難化傾向にある。過去問を解く際には、時間配分の他に解答順序を考えておく必要がある。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 柔道と医学部受験の二刀流で合格をつかむまでの道のり

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集