医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の出題傾向と分析 » 愛知医科大学の傾向と分析

愛知医科大学の傾向と分析

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2021年12月時点の情報です。

愛知医科大学について

アドミッションポリシー

本学医学部のカリキュラムを修得し,卒業時に求められる能力を身につけることができる者として,次の能力を持つ者を求めています。

求める学生像
1.医学への強い志向と学習意欲を持つ人
2.医学を学ぶために必要な基礎学力と問題解決能力を備えた人
3.人間性と教養が豊かで,倫理的価値判断に優れた人
4.協調性を持ちコミュニケーション能力に富んだ人
5.誠実で常に努力を怠らない人

本学医学部が求める学生を受入れるための入学者選抜は,次の方針により実施します。
1.医学部の学生として相応しい基礎的学力の到達度を確認するため,理科・数学・英語の筆記試験を実施します。
2.医師として求められる倫理的価値判断,感性,コミュニケーション能力などを判断するため,面接試験および小論文試験を実施します。

本学医学部の学生は,医師国家試験の合格という大きな目標の達成だけでなく,医師に相応しい教養や感性(情緒と品格)を持つことが求められます。入学者の選抜においては,基礎的学力のみでなく,思考力・表現力・学ぶ意欲・コミュニケーション能力なども重視します。また多様な学生の受入れのため,一般入学試験のほかに国際バカロレア入学試験など多様な入学者選抜を実施します。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 医学部入試係/〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1-1
TEL:0561-61-5314
募集要項の請求方法 大学のホームページ
※募集要項は紙媒体による配布を行わず、大学ホームページに掲載予定。
大学ホームページ http://www.aichi-med-u.ac.jp/
学部所在地

問合せ先に同じ。 Google Map

アクセス 地下鉄東山線藤が丘駅下車、藤が丘駅から名鉄バスで約15分、大学病院下車。
学部学科・定員 医学部=医学科115
大学院 医学研究科=基礎医学系専攻、臨床医学系専攻
おもな付属施設 附属病院、分子医科学研究所、加齢医科学研究所、高度救命救急センターなど。
沿革 昭和46年に開学した。

愛知医科大学の入試問題の出題傾向と分析

英語

設問数と出題形式は20年度と同じ。文法や文構造重視から文脈重視へと移行しつつある。読解量は20年度より減少したが、難度に変化はない。語彙重視の傾向は21年度も変わらないため、まず語彙力を高め標準的なレベルの単語は派生語までしっかり覚えよう。次に文構造を意識して500語程度の英文を丁寧に読み込む。同時に文法・語法、会話表現、語句整序を扱うオールインワン系の問題集を1冊仕上げる。最後に本学の過去問で出題傾向に慣れておくこと。

数学

大問1は答えのみを記入する小問集合で、大問2・3は過程も書かせる問題だ。20年度より記述の大問が1題減った。例年、確率、数列、極限、積分法の出題頻度が高い。定番の問題が中心で、近年は易しめ。以前は言い回しを変えてあったり、小問による誘導がなかったりすることも多く、年度によって難度にかなりの差があった。公式や解法の丸暗記では解けないものも出題されることもあったので考える力が必要。典型問題の解法を習得した上で、標準的な国公立大用の問題集などで演習するとよい。

化学

大問3題。21年度は大問2・3が有機分野からの出題だった。典型問題だが、設問数が多く2科目100分での高得点は相当の実力が必要だったと思われる。合成高分子の代わりに天然高分子から糖類の出題があり、デンプンの分枝構造(類題19年度)の計算で差がついた。理論は計算問題が多いため、日頃から有効数字に注意しながら計算力を鍛えよう。ま た無機の出題にも備えよう。有機化合物の構造決定、合成も含めた高分子化合物の構造と性質の理解も深めておこう。

生物

20年度と同様に大問3題構成の記述式。例年、論述問題が5~10題程度出題されることが多く、21年度は9題出題された。知識論述の問題が多いので、普段から言葉の定義や現象を正しく表現できるように練習しておく必要がある。20年度は計算問題が出題されていたが、21年度は出題されなかった。従来は出題頻度が高かったので、典型的なものは解けるように演習しておく。最近5年連続で出題されていた描図問題が21年度は出題されなかったが、日頃から教科書の図を意識して見る習慣をつけておく。

物理

例年通り、大問3題。問題文が比較的長いものが多く、理科2科目で100分という時間を考えると、時間的余裕はあまりない。難度は年度によってばらつきがあるが、基本~標準レベルの問題が多く含まれるため、それらを確実に解いて得点することが合格へのカギとなる。また、20年度の大問3のように、SI基本単位の改定という、受験生にはあまり馴染みのないテーマの問題が出題されることもあるため、注意が必要だ。

予備校の検索はこちら

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

YMS 将来のよき医療人を育成する

メディカルフォレスト 柔道と医学部受験の二刀流で合格をつかむまでの道のり

アズメディ 元大手予備校在籍のトップ講師による完全オンライン授業

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

    東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

    大阪医歯学院 合格をあきらめない!卒業生のコトバから生まれた医歯学院の【3本柱】

    医学部に全員を合格させるためのシステム それが7名限定。

    定員制オンライン予備校での徹底したサポートで偏差値30から医学部合格

    1996年の開校以来、高い合格実績を残してきたノウハウで全員第一志望合格を目指す

    少人数制で偏差値大幅アップ!OGが語る、大手予備校との違い

    個別授業料が安い おすすめ予備校特集

    個別指導が受けられる!オンライン授業 おすすめ予備校特集

    医学部予備校診断