医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の問題傾向と対策 » 愛知医科大学の傾向と対策

愛知医科大学の傾向と対策

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2018年12月現在の情報です。

愛知医科大学について

アドミッションポリシー

本学医学部のカリキュラムを修得し,卒業時に求められる能力を身につけることができる者として,次の能力を持つ者を求めています。

求める学生像
1.医学への強い志向と学習意欲を持つ人
2.医学を学ぶために必要な基礎学力と問題解決能力を備えた人
3.人間性と教養が豊かで,倫理的価値判断に優れた人
4.協調性を持ちコミュニケーション能力に富んだ人
5.誠実で常に努力を怠らない人

本学医学部が求める学生を受入れるための入学者選抜は,次の方針により実施します。
1.医学部の学生として相応しい基礎的学力の到達度を確認するため,理科・数学・英語の筆記試験を実施します。
2.医師として求められる倫理的価値判断,感性,コミュニケーション能力などを判断するため,面接試験および小論文試験を実施します。

本学医学部の学生は,医師国家試験の合格という大きな目標の達成だけでなく,医師に相応しい教養や感性(情緒と品格)を持つことが求められます。入学者の選抜においては,基礎的学力のみでなく,思考力・表現力・学ぶ意欲・コミュニケーション能力なども重視します。また多様な学生の受入れのため,一般入学試験のほかに国際バカロレア入学試験など多様な入学者選抜を実施します。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 医学部入試係/〒480-1195 愛知県長久手市岩作雁又1-1
TEL:0561-61-5314
募集要項の請求方法 大学のホームページ
※募集要項は紙媒体による配布を行わず、大学ホームページに掲載予定。
大学ホームページ http://www.aichi-med-u.ac.jp/
学部所在地

問合せ先に同じ。 Google Map

アクセス 地下鉄東山線藤が丘駅下車、藤が丘駅から名鉄バスで約15分、大学病院下車。
学部学科・定員 医学部=医学科115
大学院 医学研究科=基礎医学系専攻、臨床医学系専攻
おもな付属施設 附属病院、分子医科学研究所、加齢医科学研究所、高度救命救急センターなど。
沿革 昭和46年に開学した。

愛知医科大学の入試問題の傾向と対策

英語

傾向

昨年同様マーク形式のみで、出題傾向に大きな変更点はない。大問1では文法だけではなく会話表現も出題される。大問3の語句整序は日本語にこだわり過ぎないような柔軟な思考と、多義語の知識が必要である。大問4の語句挿入も単語の品詞と文構造が意識できていないと正解できない。長文問題は昨年同様3題のままであったが、文章の総語数がやや減少し毎年1題は出題されていた難解な英文が今年はすべて標準的になり、時間的に余裕ができた。長文では内容に関する問題よりも語句の空所補充や語句整序の出題が多いのが特徴である。全体的に語彙に重点が置かれている。

対策

文法語法対策に『Next Stage』、語句整序対策に『英語整序問題精選600』それぞれ1冊ずつ仕上げる。長文対策はまず『英文熟考上・下』で精読の仕方を学んだ後、『やっておきたい英語長文500・700』を使って内容把握だけでなく、文構造や文法を意識して読むこと。文中空所補充の出題率が高く、単語完成が大問として出題されるため、『ターゲット1900』や『DUO3.0』などを使って、品詞を意識し綴りが正確に書けるレベルまで学習する。文中空所補充対策では兵庫医科大学や長崎大学の過去問を利用し演習しておくとよい。

数学

傾向

[1]は答えのみを記入する小問集合、[2]以降は過程も書かせる大問である。ここ3年は易しめであるが、年度によって難易度にかなりの差がある。標準的な参考書や問題集で見かける問題が中心であるが、言い回しが変えてあったり、誘導がついていないことも多い。頻出分野は確率、数列、極限、微積分で他分野と融合されることが多く、標準的な国公立大学でよく見られる形式である。

対策

毎年、『チャート』から酷似した問題が出題される。よって、『チャート』などの標準的な参考書や問題集の問題を確実に解けるようにしておくことが重要である。ただし、表面的な解法の丸暗記では通用しないので、解法の本質をしっかりつかむことが重要である。できれば、小問をカットされても解けるようにしておきたい。その上で、『プラチカ』や『スタンダード数学演習』などの標準的な国公立大学用の問題集などで、複数の分野にまたがった総合的な問題の演習をするとよいだろう。

物理

傾向

例年、大問4題であったが、2017年度・2018年度は大問3題の出題であった。さらに、以前は大問1つに対する設問数が多かったが、2018年度は大問1つに対して問いが4〜6問であった。しかし、どの年度も問題文が比較的長い。難易度は年度によりばらつきが大きく、基本〜標準レベルの問題も多く含まれているので、それらを確実に解いて得点することが合格へのカギとなる。

対策

まずは『良問の風』など標準的な問題集を確実に仕上げること。その上で、『重要問題集』などを用いて、発展的な内容に対応できる力も養っていこう。また、過去問を利用して解ける問題、難易度が高い問題を見極める力を付け、時間内に確実に合格点を取れるよう訓練を積んでおくこと。

化学

傾向

大問3題。2018年度は2科目100分と時間が短くなり、大問数、総問題が減少した。例年、2つの異なる分野の問いを含む大問があり、2018年度は大問1・2がこの形式であった。従来、出題の半数が有機化学であったが、2018年度は天然高分子のみであった。今回、大問3で、正確にチロシンの構造式を知らないと、分子構造、分子式(アセチル化を含む)、分子量の問題を全て失点してしまう。本学の特徴として、その問題の解答を後の問題で使うことが多く、慎重さが必要となる。例年、空所補充、化学反応式、計算問題、正誤問題の形式が多く、化学平衡、有機化学が頻出分野である。

対策

典型問題が続いているため、『セミナー化学基礎+化学』『スタンダード問題230選』で、スピーディーに解けるようにしておこう。理論化学では、化学平衡に重点を置き、酸化還元滴定、電気化学などの計算問題を正確にできるようにする。無機化学では、工業的製法を中心にまとめておこう。有機化学では、計算に注意しながら構造決定対策への準備をしておく。天然高分子の出題が多いため、正確な構造式と性質を理解することも大切である。今後、合成高分子の出題も想定して、語句・性質をチェックしておくとよい。

生物

傾向

2016年度までは大問4題構成であったが、2017年度は大問3題構成に変更された。過去に遡ると、本学の生物は難問が多く、問題文を理解するだけでも大変であったが、2014年度からは難易度が急激に易化しており、解きやすい問題が続いている。以前は平均10問程度であった論述問題も、最近は5問程度に減少している。ただし易化傾向が続いている現在も、大問の一部にやや難の問題が混じっており、そこが合否を分ける。
<頻出分野>動物の反応、遺伝情報、タンパク質と生物体

対策

『理系標準問題集』などの標準的な問題集を仕上げた上で、余裕があれば実験問題を中心に『生物標準問題精講』や『重要問題集』など発展的な問題集にも取り組むと良い。ここ最近の論述問題は知識論述が多いので、普段から用語の定義や内容を自分でアウトプットできるように練習しておく必要がある。また、描画問題もよく出題されるので、有名なグラフや図は教科書や資料集を参考にして書けるようにしておくとよい。過去問に繰り返し取り組んで応用力を養っておこう。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!