医学部予備校ガイドTOP » 【メディカルフォレスト】高1・2生の皆さんへ★さあ、進級前に早めのダッシュを!

高1・2生の皆さんへ★さあ、進級前に早めのダッシュを!

予備校名:メディカルフォレスト 掲載日:2019/03/17

画像

今から即行動しよう!

1学期から始める高1・2生のための医学部受験対策についてお話いたします。

まずは高校生の特権である指定校や公募推薦の可能性を広げるために、高校の定期テスト対策を万全にしましょう。対策は早ければ早いほどいいのですから、目の前の定期テストに対して高得点を取るために、毎日の勉強を深めることが必要です。

受験意識はまだ芽生えてないかもしれませんが、推薦入試は一般入試より前倒しで実施されますので、3年の1学期までが勝負です。最近では中学生のときから準備を始める方もいます。推薦入試を確実に狙うために、内申点を確実に上げるために動くのです。

そういう生徒の場合、保護者の方の意識もかなり高いので、家族で一致団結して行動に出るケースがほとんどです。家族のサポートなしに医学部受験合格はありえないといっても過言ではないでしょう。

厳しい現実に目を向ける

現役で難関国立を目指す場合、もともと学力が相当程度ないと無理だと考えたほうが良いでしょう。たとえば河合塾の模試だと偏差値60以上は最低でも必要です。実力が満たない場合、高3の夏あたりから現実の壁に直面しだして、私立に転向するのが通常です。

ただ、人によってはなかなか決断できずに、ズルズル最後までいってしまうこともあるようです。そうなると、結局国立も私立も中途半端な対策しかできず、どこにも受からないという最悪のケースにもなりかねません。

難関国立を目指すクラスの上位層に属して勉強していれば、私立ならどこかに引っ掛かるケースはあります。ですが、順天堂や昭和を第1志望にして勉強している人は、私立を併願する難関国立志願者に押し出されてしまい、結果が出ないことが多いのです。したがって、昭和や順天堂に現役で合格するには、難関国立志願者と肩を並べて勉強し、ギリギリでも私立には受かるというラインを目指しましょう。

1学期の勉強ポイント

① 新しく勉強する単元は、理解不足なところを曖昧なまま放置しないように、しっかり復習をし、分からないところは先生に質問しその場で解消しよう。

② 早い段階で苦手分野があったらそれを確認し、そこに集中して早めに穴を潰す意識をもって勉強しよう。苦手分野を早い段階で克服しておかないと、受験学年になってから勉強の負担が大きくなるので要注意。

③ 定期テストでは確実に高得点が取れるレベルまでもっていく。内申点は5段階評価で4.0以上をなんとしてでもキープしよう。

予備校情報

資料請求リストに追加

少人数定員制医学部予備校【メディカルフォレスト】

少人数定員制医学部予備校【メディカルフォレスト】ロゴ

メディカルフォレストグループは、自由が丘校「女子専門」、池袋校・札幌校「男女共学」、麹町校「通信制」を運営しており、生徒一人ひとりにしっかり目が行き届く少人数定員制の学習環境の中で、専属の進学アドバイザーが毎日の学習管理を徹底します。講師や女性スタップによるきめ細やかなサポートを受けながら、あなたも “医学部1年合格” を一緒に勝ち取りませんか?

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

YMS 将来のよき医療人を育成する

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

医学部に全員を合格させるためのシステム それが7名限定。

個別指導が受けられる!オンライン授業 おすすめ予備校特集