医学部予備校ガイドTOP » 【メディカルフォレスト】落とされないための直前2次対策の攻略ポイント

落とされないための直前2次対策の攻略ポイント

予備校名:メディカルフォレスト 掲載日:2020/01/24

画像

2次対策のポイント

私立の場合、2次試験で実施される小論文や面接は、あくまでも補助的な判断材料に利用されることが多いでの、落ちない答案、質問対応をすれば問題ないといえます。その証拠に、募集要項には重視とか、段階評価などと書かれているだけで、配点が振られていない大学がほとんどです。

たとえば、近畿大学では、説明会にて、小論文をあまり勉強しすぎないでください、それより1次試験の勉強に集中してください、と公言するほどです。私立医学部の場合は、高度な要約力や知識を要求してくる国立医学部や慶應などの小論文とは違って、常識的な人間であるか否かをみるための材料にすぎません。

つまり、みんなが書くであろう模範答案を作成する、みんなが答える内容をスムーズに答えることができれば落とされることはありません。他の受験生と差がつかないからです。さすがに白紙答案だとか、無言で何も答えないだとか、そういう目立つ受験生は仮に1次試験の成績が良くでも、最終合格することは厳しいかもしれません。

国公立医学部の場合は、人物評価を重視しますし、配点もしっかり振られていますので、本格的な対策が必要です。また、AO推薦入試の場合も、当然小論文や面接は重視されます。小論文は医学や医療についての基礎知識や、論述するにあたって論の展開の仕方をマスターしないと書くことができません。

よって、定期的に論文を書いて、しっかり対策をする必要があります。面接は普段のコミュニケーションがしっかり取れていれば問題ないでしょう。ただし、世代や性別の異なるいわゆる大人と話すことに慣れていないと、本番では緊張して話せなくなるかもしれませんので、普段から学校の先生や予備校の講師と話す機会を持つようにしましょう。

予備校情報

資料請求リストに追加

少人数定員制医学部予備校【メディカルフォレスト】

少人数定員制医学部予備校【メディカルフォレスト】ロゴ

メディカルフォレストグループは、自由が丘校「女子専門」、池袋校・札幌校「男女共学」、麹町校「通信制」を運営しており、生徒一人ひとりにしっかり目が行き届く少人数定員制の学習環境の中で、専属の進学アドバイザーが毎日の学習管理を徹底します。講師や女性スタップによるきめ細やかなサポートを受けながら、あなたも “医学部1年合格” を一緒に勝ち取りませんか?

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

YMS 将来のよき医療人を育成する

メディカルフォレスト 柔道と医学部受験の二刀流で合格をつかむまでの道のり

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

医学部に全員を合格させるためのシステム それが7名限定。

個別指導が受けられる!オンライン授業 おすすめ予備校特集