医学部予備校ガイドTOP » 【メディカルフォレスト】連載パート④文系学生が挑んだゼロからの医学部再受験 ー 東京女子医科大学正規合格 SKさん

連載パート④文系学生が挑んだゼロからの医学部再受験 ー 東京女子医科大学正規合格 SKさん

予備校名:メディカルフォレスト 掲載日:2019/08/18

画像

ストレスにならない環境を選ぶことこそが予備校選びのポイント

私の実感ですが、再受験生はあまり医学部専門予備校に行っていないのではないでしょうか。医学部の特徴として、他学部よりも多浪生が多いということはよく挙げられますが、それは予備校でもそのまま言えることで、2年3年と浪人している方も多いと思います。言い方は厳しいようですが再受験生は浪人生よりも年齢も上で、時間にもお金にも猶予があるとはいえません。取り組み方も必死です。私自身「1年で絶対に合格する」と強く意識するようにしていましたし、周りの再受験生も同様だったと思います。

同じ医学部を目指しているとはいえ、だめだったらもう一年…というような余裕があるように見えてしまう浪人生もけっこういます。そういう人たちが多い環境だと、自分の気持ちも堕落する危険性があります。そのため、多浪生が少ない予備校を選ぶことをお勧めします。後でも述べますが、周囲の環境というのは本当に大事ですから、周囲にどのような生徒がいるかというのは、指導方法やカリキュラムが自分に合っているかどうかということと同じくらい、予備校選びの大切な要素だと言えると思います。

本気で医学部受験に臨んでいる、しっかりとした意識の生徒が多い場所であれば、むしろ自分のモチベーションも上がりますから、しっかりと精査してほしいと思います。

メディックTOMAS 教務担任、プロ講師、T.A.の連携で作り上げる 万全のサポート体制

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集