医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の問題傾向と対策 » 聖マリアンナ医科大学の傾向と対策

聖マリアンナ医科大学の傾向と対策

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2017年8月現在の情報です。

聖マリアンナ医科大学について

アドミッションポリシー

聖マリアンナ医科大学は、キリスト教的人類愛に基づき、病める人々の心と体の痛みがわかり、かつ、医学・医療の実践者としての確かな専門知識、豊かな感性ならびに高い能力を有している医師の育成に力を注いでいます。

本学が求める学生像
1.医師を目指す明確な目的を有している。
2.医師になるための品格と倫理観を有している。
3.医師になるための知性と科学的論理性を有している。
4.病める人々の心と体の痛みがわかり、かつ、豊かな感性を有している。
5.他人に対して自分の意見を明確に述べることができ、また、他人の意見を聞き入れこれを理解する気概を有している。
6.誠実で協調性に優れ、広い視野を有している。

本学が求める学力
 医師には生涯「自ら学ぶ力」が必要である。そのために、高校では医学を学ぶ上で基盤となる数学、理科をしっかりと学んでおくこと。その際は、表面的・断片的な知識の詰め込みでなく、体系的な知識と確かな応用力を身に付けるよう心がけることが必要である。
 また、本学では英語が4年次まで必修科目として配当されており、実践的に英語を読み、書き、話すことができるようカリキュラムが組まれている。入学後の英語学習に必要となる、表現力や語彙力を高めておくようにすること。
 さらに、本学では小論文試験および面接試験を課し、人物を多面的に評価している。小論文試験では、文章の読解力および表現力、論理的思考力を重視し、面接試験では、将来良き臨床医となるために必要な積極性、協調性、社会性を中心に評価している。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 教育課入試係/〒216-8511 神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1
TEL:044-977-9552
募集要項の請求方法 大学のホームページ/テレメール/書店で購入 
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ http://www.marianna-u.ac.jp/univ/
学部所在地 問合せ先に同じ。  Google Map
アクセス 小田急線向ヶ丘遊園駅・生田駅・百合ヶ丘駅・新百合ヶ丘駅、JR南武線武蔵溝ノ口駅、東急田園都市線溝の口駅・宮前平駅・あざみ野駅から聖マリアンナ医大行バスで終点下車。
学科・定員 医学部=医学科115
大学院 医学研究科=医科学専攻
おもな付属施設 大学病院、東横病院、横浜市西部病院、川崎市立多摩病院、難病治療研究センターなど。
沿革 昭和46年に東洋医科大学として創設。48年に聖マリアンナ医科大学に名称変更。

聖マリアンナ医科大学の入試問題の傾向と対策

英語

傾向

日本語での記述問題が多いという特徴に変化はない。昨年度は独立した英文が2題出題されたが、今年度は1つの長文を2つに分け出題する形式に戻った。指定語数のある内容説明には150字以内にまとめる問いもあるほど、記述解答量が大きく増加したため昨年度ほどの時間的余裕はなくなった。大問2の会話文は選択肢の数が多いので状況を素早く把握し自信のある箇所から埋めていく。大問3・4の文法の空所補充と誤り指摘は標準的であるため確実に正解したい。

対策

長文対策として『やっておきたい英語長文500』『1日30分の英語長文』を演習するとよい。内容説明の字数は多いが、該当箇所を忠実に和訳しまとめる作業が中心であるため、英文和訳をしっかり練習しておきたい。文法語法対策は『Next Stage』で基本を学び、『英文法ファイナル標準編』で実戦力を養成する。会話文完成は本学の2000年代によく出題されていたため、古い赤本から抜粋して演習するとよい。状況を把握する観点で演習するだけなら、杏林大・日大・北里大の過去問も利用できる。

数学

傾向

2016年度は幅広く出題されるようになっていたが、2017年度は大問は数ⅠAが3問で、出題範囲に偏りが見られる。他大学ではあまり出題されない多面体定理に関する問題や、センター試験で出題されているような箱ひげ図や散布図を読み取らせる問題も出題された。過去には、数値計算などで計算がかなり面倒な問題が出題されたこともある。2016年度に引き続き証明問題が出題された。

対策

小問は、普通の解法で解ける素直な問題ばかりなので、『チョイス』や『チェック&リピート』などの基本レベルの入試問題集で練習するとよい。ただし、日頃から数値が複雑になる問題でも面倒がらずに計算する習慣をつけておくべきである。整数問題や背理法、数学的帰納法などの証明問題の練習もしておこう。2017年度の出題範囲は参考にしない方がよいだろう。

物理

傾向

大問5題構成。〔1〕は小問集合であり、空所補充形式の問題である。残りの大問は例年、力学、電磁気、波動、熱力学から万遍なく出題されていたが、2016・2017年度は原子物理からの出題が加わり、波動からの出題はなかった。また2014年度まではグラフの描画や解答の過程を記述するなど様々な解答形式が見られたが、2015年度以降は解答のみを記す形式となっている。難易度は標準的であるが、小問集合では現象名、公式名など、暗記事項が問題になる場合が多い。

対策

教科書傍用問題集、『良問の風』などの問題集をしっかりとやっておけば高得点が望めただろう。しかしながら2014年度以前は、定義や公式の導出を理解していないと解けない問題や、それらを論述させる問題も出題されているため、日ごろから数値計算を含め、丁寧な学習を心掛けたい。また、グラフの描画問題もこれまでは頻出であったので、過去問等を通じて形式に慣れておくこと。

化学

傾向

例年大問4~5題であるが,2017年度は3題であった。ただ,全体量としては例年大差はない。2015年度,2016年度は,聖マリアンナ医科大学の特徴ともいえる論述問題が大幅に減少し,代わりに計算問題が増加した。2017年度は再び論述問題(2行以内で説明などの行数指定で字数制限はない)が増加した。基本~標準レベルの問題が中心であり,試験時間が1科目75分と考えると,比較的余裕をもって解答できる。生命科学的な知識問題(例:ヌクレオチド,呼吸,薬剤,緩衝液など)も出題されやすい。

対策

試験時間が長いため,集中力が途切れないように注意が必要である。過去問と同じような問題も出題されることがあるため,過去問を徹底的に把握しておきたい。論述対策としては,日頃から教科書や参考書などの重要語句や化学現象,実験操作の意味などを,簡潔に説明できるようにしておくことが望ましい。また,理論計算問題の解法や化学反応の仕組みなども,なぜそのようになるのか理由まで考えておくとよい。『セミナー化学基礎+化学』などの標準レベルの問題集で,計算問題および化学反応式を練習しておくとよい。

生物

傾向

2017年度は昨年同様大問3題構成。2015年度までの大問4題構成のときもそうであったが、時間の割に問題量は少な目でオーソドックスな問題が多い。計算はやや煩雑であり、大問の後半にはやや難の考察問題も混じるが、時間的に余裕があるためじっくりと取り組むことができる。医学部に頻出の「細胞」「遺伝情報」「動物の反応」が出題の中心であるが、例年、「生物の多様性と生態系」や「分類・進化」の分野からも大問1題分以上出題されることが多いので、生物の後半の範囲まできっちりと学習しておく必要がある。
<頻出分野>細胞、動物の反応、遺伝情報、生物の多様性と生態系、分類・進化

対策

『理系標準問題集』、『ニューグローバル』、『エクセル』などの標準的な問題集を使って、基本事項の取りこぼしがないように十分な演習をしておくこと。論述問題と計算問題が合否を分けるため、典型的な問題は一通り解けるようしておこう。また、過去問の類似問題が出題されることもあるため、過去問演習は極めて有効であり、丁寧に取り組んでおきたい。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 「衣・食・住」を備えた 全寮制で医学部合格を勝ち取る!

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!