医学部予備校ガイドTOP » 医学部の予備校の学費

医学部の予備校の学費

学費の相場

医学部専門の予備校の学費は、受講生の偏差値や学習レベルに応じて分けられていることが一般的です。国公立大学の医学部や私学でも難関な大学の医学部を目指す受講生は、「選抜クラス」や「特進クラス」というように分けられて、その中で受講するようになります。そして、それ以外の生徒に関しては「一般クラス」というように、その他大勢の中で受講を受けるという形式になるのが一般的な分け方です。

選抜クラスで受講するケースと一般クラスで受講するケースでは、受講費用が大きく異なることが特徴的です。

選抜コースの受講費用の相場について

選抜コースが創設されている予備校の選抜コースでの受講費用の相場としては、 100万円~200万円(年間)ぐらいまでが平均となっています。 中には、80万円程度の費用で学べる場所もありますが、大体150万円前後というのが相場になっています。また、都内であったり地方であったりなどで料金の差もありますが、 ほとんどがこれらの範囲内と言えます。

医学部に合格すると、年間の費用が1,000万円を超えるということも珍しくないので、 この費用が高いと感じるか安いと感じるかは人それぞれだと思われます。 しかし、この年間150万円というのは、一般の私学大学に入学した際の年間の学費とほぼ同額となります。そのため、予備校と言えど医学部専門の予備校は年間の受講費用からしてもかなり高額と言えるでしょう。

一般コースの受講費用について

一般コースの受講費用は相場として考えてもかなりの開きがありますので、 大まかな範囲ではありますが、こちらは、年間300万円~600万円ぐらいが相場になっています。

どこも少人数制となっているところが多く、私立の医学部や新設の医学部に強い所も多く、 クラス分けもされていますが、実力が高ければ高いほど安くなる傾向にあるようです。

一般コースと選抜コースを分けるのは基本的には実力となります。 または、志望校などによっても分けられていますので、志望校のレベルが高く、 本人の成績も良いほど上位のクラスになるということが多いです。

全寮制の予備校の費用

医学系の予備校の中には全寮制になっているところも多くあります。これらの予備校では、入寮費として、別途で年間100万円ぐらい掛かるのが一般的です。

年間100万円ですが、住居のほかに食費などでも考えると十分安い費用かと思われます。

マンションを借りて一人暮らしをするよりも生活面で楽ができますし、食事もキチンと摂取するようになるので健康面でも安心できます。

その他のお役立ち情報を読む

医学部合格体験談。先輩から学ぶ合格の秘訣。

資料お取り寄せリスト資料お取り寄せリスト

入っています

  •  

資料のお取り寄せ

夏期講習もオススメの予備校

医学部のお役立ち情報

予備校の基礎知識

特別対談企画 メディカルラボの人気の秘密

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集