医学部予備校ガイドTOP » 私立全31大学の問題傾向と対策 » 岩手医科大学の傾向と対策

岩手医科大学の傾向と対策

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ
2017年8月現在の情報です。

岩手医科大学について

アドミッションポリシー

本学は、「医療人たる前に誠の人間たれ」を建学の精神として掲げ、多くの医師、研究者を輩出してきました。
この建学の精神は医学教育を通じて誠の人間を育成することです。つまり、「まず人間としての教養を高め、充分な知識と技術とを習得し、更に進んでは専門の学理を極め、実地の修練を積み、出でては力を厚生済民に尽くし、入っては真摯な学者として、斯道の進歩発展に貢献する」ことです。

医学部では、次のような人材を求めています。

1.生命倫理を尊重し、医学を学ぶための知性と科学的論理性を備えた人

2.自ら課題を探求し、論理的に物事を捉え、広い視野を持った学際的な人

3.病める人の心を理解し、病める者を救おうとする強い意志と情熱のある人

4.世界の医学の進歩と発展に貢献しようとする強い意欲のある人

上記の目標達成のために、まず、高等学校で修得する学力をしっかりと身につけているかを見る必要があります。そのため、入学試験に際しては特に数学(Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、A、B、C)、理科(物理、化学、生物のⅠ、Ⅱ)を試験科目として設定し、科学的論理性の基礎を備えているかどうかを見たいと思っています。
次に、医師として教養に裏打ちされた広い視野が求められることから学力に加え、適性検査、小論文、面接を通して学力だけに偏重しない、バランスのとれた、倫理観のある人間性を持っているかどうかを重視しています。
さらに推薦入試に際しては、基礎学力試験(英語Ⅰ・Ⅱ、数学Ⅰ・Ⅱ・A、理科物理Ⅰ・化学Ⅰ・生物Ⅰ)、内申書の評定平均値、小論文、面接、適性検査などを重要視し、将来の医師としての熱意、自覚を持っているかを見ています。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 入試センター事務室/〒020-8505 岩手県盛岡市内丸19-1
TEL:019-651-5111
募集要項の請求方法 大学のホームページ/テレメール/入試センター事務室あて郵送/電話/入試センター事務室窓口で配布
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ http://www.iwate-med.ac.jp/
学部所在地 問合せ先に同じ。Google Map
アクセス アクセス JR東北本線・田沢湖線・山田線盛岡駅下車、徒歩約25分。JR盛岡駅からバスで中央通一丁目、岩手医大前下車、徒歩約2分。
学部学科・定員 医学部=医学科130(うち3年次学士編入学約7)
大学院 医学研究科=生理系専攻、病理系専攻、社会医学系専攻、内科系専攻、外科系専攻
おもな付属施設 大学病院、先端医療研究センターなど
沿革 明治30年創設の私立岩手病院・医学講習所が前身。岩手医学専門学校、旧制の岩手医科大学を経て、昭和27年に岩手医科大学医学部となった。

岩手医科大学の入試問題の傾向と対策

英語

傾向

昨年度大きく変わった傾向は今年度も続いた。2題ある長文も1題は昨年と同様に文中空所補充のみの出題で、残り1題は内容一致を中心とした問いからなる一般的な長文読解問題である。 内容は2題とも科学・医療系であり、比較的理解しやすい内容である。残りの発音・文法・会話文・英作文も標準的なレベルの問題であるため、合格するには8割以上が必要であろう。<頻出分野>文中空所補充、文法・語法4択、語句整序

対策

文法・語句整序は典型的な問題が出題されるため『Next Stage』や『グラマスター』等の問題集を繰り返し演習し、1冊は完全にマスターしておきたい。 長文対策としては『英語長文出題パターン演習2』『1日20分の英語長文』を演習する。その際に空所補充対策として品詞・文法・熟語・文構造を意識するとよい。時間的な余裕はあるので速読よりは精読する。 昨年度から出題されている会話文・発音はセンターレベルの問題集で慣れておくとよい。

数学

傾向

以前に比べて難しくなっている。2016年度から[1]が小問集合になっている。幅広い範囲から基本的な問題が出題されていて、確実に得点しなければならないものばかりである。[3]の微積分はこの大学の定番で、決して難問ではないが計算量はかなり多い。もうひとつの定番だった確率は小問で出題された。大問2問は記述式の試験で出題するのがふさわしいような問題で、難度が高いものもある。時間的には厳しい。

対策

短時間で得点するためには、『チャート』や『プラチカ』などの標準的な参考書や問題集を使って、定型的な問題の解法が瞬時に頭に浮かぶようになるまで繰り返し練習することが重要である。同時に、迅速かつ正確な計算力も養っておくべきだろう。とくに積分計算は必須である。大問に対応する思考力を養うには、国公立大学二次試験などの記述式試験の問題で演習するのが適している。

物理

傾向

大問3題構成。今年より記述形式からマーク形式に変更された。力学・電磁気からは毎年出題されており、残りの1題を熱力学、または原子が占めることが多いが、今年は波動から出題された。電磁気に関しては、過去に似たような問題が出題されている。問題の難易度としては、教科書の章末問題、教科書傍用問題集の基本問題レベルである。また、解答時間は非常に余裕があるので、高得点の戦いとなるだろう。単位をつけて解答させる出題が特徴的である。

対策

教科書傍用問題集や『良問の風』など、基本的な問題集を用いて入試の典型問題を解き込んでおくこと。また、過去に似たような内容の出題が多くみられるので、過去問演習は効果的である。また、受験生が手薄になりがちな原子からの出題が多いので、未出題の問題(コンプトン効果、ブラッグ反射)を中心にしっかりと対策しておくこと。

化学

傾向

2017年度は,全問マーク形式に変更された。また,大問5題構成になっているが,各大問が小問集合形式になっており,化学基礎・化学の全範囲からバランスよく出題されている。今後もマーク形式が続くと予想される。基本~標準レベルの問題が中心ではあるが,解答時間が1科目45分と短く,時間配分に注意が必要。理論化学は,計算問題の割合が高い。例年,化学平衡・電離平衡が出題されやすく,有機化学からは,糖類やアミノ酸・タンパク質が頻出。無機化学も大問1題として出題されている。

対策

まずは『セミナー化学基礎+化学』『スタンダード問題230選』などをマスターして,基本~標準レベルの問題の定着を図りたい。歯学部・薬学部の過去問演習も効果的である。計算問題が多いので,パターンを覚えて,正確でスピーディーな計算力をつける演習をしておくこと。2016年度,2017年度と続けて合成高分子が出題された。天然高分子の方がより出題されやすいことに変わりはないと予想されるが,注意が必要であり,天然高分子・合成高分子にかかわらず,しっかりと対策しておくとよい。

生物

傾向

2016年度まで大問3題構成の記述式であったが、2017年度はマーク形式に変更され、大問5題構成となった。2017年度の出題内容は、人体と遺伝子に関わる部分が中心であったが、過去には植物分野の出題も見られる。教科書に即した内容がほとんどであるが、選択肢の数が多いため、正確な知識が要求される。また、理科2科目で90分となっているため、時間配分の対策も必要である。2011年度以降文字を使った計算問題や正誤問題が頻出している。
<頻出分野>細胞、動物の反応、遺伝情報  <頻出形式>計算問題、正誤問題

対策

難しい考察問題が出される訳ではない分、基本的な知識の正確性が極めて重要になる。教科書の内容を漏れなくおさえた上で、『セミナー生物』、『リードα』、『生物基礎問題精講』などの基礎から標準までを扱った問題集を最初から最後まで繰り返し解き、知識の偏りをなくしておくと良い。細胞、遺伝情報、動物の反応が出題の中心ではあるが、植物分野や生物基礎の体内環境なども出題される。偏りなく基礎を完璧に学習しよう。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 「衣・食・住」を備えた 全寮制で医学部合格を勝ち取る!

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!