医学部予備校ガイドTOP » 私立全29大学の問題傾向と対策 » 兵庫医科大学の傾向と対策

兵庫医科大学の傾向と対策

情報提供:医系専門予備校 メディカル ラボ

兵庫医科大学について

アドミッションポリシー

兵庫医科大学は建学の精神である「社会の福祉への奉仕」「人間への深い愛」「人間への幅の広い科学的理解」に則り、人間への深い愛情を持ち、かつ科学的な観察・理解に基づいて、社会の福祉に奉仕できる医師を育成します。

1. 使命
 教育・研究・診療の三つの使命を推進し、社会が求める良医を育成し、医学の発展と地域社会や国際社会における人々の健康・福祉に貢献することを使命とします。

2. 教育目標
 優れた医学知識、技能に加え、高い倫理観と心豊かな人間性を併せ持ち、国際性を兼ね備えた医師の育成を目指します。

3. 求める学生像
医師となることについて明確な目的と情熱を持っていること。
医学を学ぶためのしっかりとした基礎学力を身に付けていること。
病める人に対する思いやりと奉仕の心、痛みを理解する感性を有すること。
協調性に富み、豊かな教養と人間性を有すること。
常に努力を怠らず、自ら進んで学習する意欲のあること。

学部基本情報

入試に関する問い合わせ先 学務部入試課/〒663-8501 兵庫県西宮市武庫川町1-1
TEL:0798-45-6162
募集要項の請求方法 大学のホームページ/テレメール/書店で購入/入試課あて郵送 
※詳細は大学のホームページに記載。
大学ホームページ http://www.hyo-med.ac.jp/
学部所在地 問合せ先に同じ。 Google Map
アクセス 阪神電鉄武庫川線武庫川駅下車、西出口から徒歩約5分。
学部学科・定員 医学部=医学科112
大学院 医学研究科=医科学専攻、先端医学専攻
おもな付属施設 大学病院、ささやま医療センター、急性医療総合センター、先端医学研究所、国際交流センター、医学教育センターなど。
沿革 昭和47年に開学した。

兵庫医科大学の入試問題の傾向と対策

英語

傾向

文法・語法問題の大問は1題であり、残り4題のうち3題は読解と英作文ですべての大問に記述問題がある。英作文は国公立大学2次試験レベルである。長文中の語彙のレベルが高く、注釈がないため、読解、解答には苦労するだろう。近年は難化傾向にある。 <頻出分野>語句整序・英文和訳・和文英訳

対策

文法語法対策は整序作文問題集をしっかり演習すること。長文問題は練習を積んだ後、本学の過去問(2014年度・2015年度)や国公立大学2次試験の過去問を演習し、記述力を高めておくこう。

数学

傾向

〔1〕は小問集合で、幅広い分野から出題されており、基本から標準問題が中心であるが、大問以上に難しい問題が出題されることもある。〔1〕の小問でほぼ配点の半分を占める。〔2〕・〔3〕は誘導形式の大問で、年度によって難易度にかなりの差がある。2015年度は数Ⅲが少なかったが、例年、微積分と確率が頻出で、特に確率の問題には特徴がある。試験時間の割には問題数は多めなので、時間配分も重要である。

対策

定型問題の解法を習得した上で、過去問を解いてこの大学の問題に慣れておくこと。小問対策には、ややレベルの高い誘導のない問題の演習が効果的である。問題の難易を見極め、解ける問題を確実に解くという割り切った姿勢も必要だろう。

物理

傾向

大問3~5題構成。2015年度は大問5題構成であった。毎年第〔1〕は小問集合である。全体としての設問数は約30問であり、2013年度以降小問集合の比率は小さくなっている。2009年度以降は、毎年グラフの描図が出題されている。問題の難易度は標準的であるが、知識を問う問題、また論述など様々な形式の出題がなされ、対策が必要である。 ※原子分野も範囲となるので、出題が予想される

対策

問題のレベルは標準的であるので、まずは教科書傍用問題集などを通して、基本~標準レベルの問題は確実に得点できるようにしておくこと。また、知識問題が出題されるので、法則や現象の名称などはしっかりと整理しておこう。小問集合(第1問目の小問)では時間がかかってしまいがちなので、まずはそれ以外の問題から解答し、残った時間を小問集合にあてるなど、時間の使い方には工夫をしよう。

化学

傾向

大問3~4題。近年、問題レベルがやや難化し、計算力も必要となってきていたが、2015年度は前年より少し易化した。スピード以上に、やや難度の高い問題が解けるかがカギになってきている。理由説明の記述問題、無機分野や気液平衡分野からの問題が続いている。計算問題ごとに有効数字の指定のあるスタイルが多い。無機分野や気液平衡の出題が多い。〔1〕は2010年度まで小問10問構成であったが、最近、この小問集合形式は出題されていない。

対策

過去問を把握した上で、国公立大学過去問で理論化学分野中心に反応の流れをしっかり理解しておくこと。また、グラフ問題も出題されるので、しっかり演習しておくこと。参考書を用いて、化学用語や化学現象の理解をしっかり進めておこう。

生物

傾向

2014年度同様2015年度も大問7題構成。2011年度までは4~5題であったがここ4年間は増加傾向。〔1〕が小問集合(解答数を示さないものあり)。長い論述が2014年度は200字2問、100字1問であったが、2015年度は120字1問だけになり、やや解きやすくなった。 <頻出分野>タンパク質と生物体 動物の反応

対策

2009年度以降の過去問を使って〔1〕の「すべて選べ」の正誤問題に慣れておこう。また、長文の論述を普段から練習しておくこと。 いずれも時間的に余裕がないため、速く解く練習が求められる。

予備校の検索はこちら

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス シナプスの新システム

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 「衣・食・住」を備えた 全寮制で医学部合格を勝ち取る!

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 2,000名以上の医学部生を輩出 45年の伝統に迫る!

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!