医学部予備校ガイドTOP » 医学部合格体験記 » 東京慈恵会医科大学合格 - MIさん

祝合格
MI
MIさん
年齢:
19
合格年度:
2016年度
受験時の状況:
浪人生
進学予定の大学(医学部):
東京慈恵会医科大学
その他合格した大学:

通った予備校について

偏差値 入塾前 受験直前
5876

予備校の良かったところ

講師の先生たちがとても面倒見がよく、質問しやすいところです。あと、環境が快適でとてもいいです。

予備校詳細を見る 資料請求リストに追加

進学先について

医学部進学を目指し始めたのはいつ頃ですか?そのきっかけは何ですか?

子供の頃から漠然とした憧れがあり、命を助ける職業のなかでドクターが一番やりがいがあると思ったからです。

東京慈恵会医科大学に進学を決めた理由は何ですか?

最先端の研究ができる施設や設備やあることと、教授陣のレベルの高さです。

勉強内容について

1日の平均自習時間
平日休日
810
1日の平均睡眠時間
平日休日
66

医学部の受験勉強を、本格的に始めたのはいつ頃ですか?

高2の秋

受験勉強の中で「効果を感じた」オススメの勉強法を教えて下さい。

全体の目次をつねに意識して、10回、15回と決めて、とにかく繰り返すことです。広く浅くより、狭く深い勉強をしたほうが結果的に応用力が身につくと思います。

受験勉強の中で「一番苦労したこと」はなんですか?

私は、現役の時の努力が足らず浪人しました。その春、こう誓いました、必ずあと一年で終わらせる、と。今となりなぜ大学に合格できたかを考えると、この気持ちが大きかったかな、と思います。現役の時は正直、落ちても次の年あるし、という考えで臨んでいました。結果、すべての大学に落ちました。やはり受かるぞという気持ちを強く持つことが大事です。

参考書などについて

受験勉強で使っていた参考書と評価
科目書籍名おすすめ度
数学予備校のテキスト、青チャート評価5
理科予備校のテキスト、重要問題集評価5
英語予備校のテキスト、Z会評価5

メッセージ

最後に、これから受験する方々へのメッセージやアドバイスをお願いします。

受験が終わったあと後悔しないように勉強しよう、ということを心掛けていました。出来る限りのことをした結果ならばどのようなカタチであっても自分の中で納得できると思います。しかし、そうでなかった場合、一生後悔するでしょう、あのときアレをやっていれば受かったかも…と。私はそれが嫌だったので、出来る限りのことをしました。それも合格に近づいた要因の一つに感じます。受験は長いようで短いです。悔いのないように過ごして、合格を勝ち取ってください。

担当講師・担任からのコメント

失敗してもそこから何かを学ぼうとして成長するところが彼のすごいところです。きっともっともっと努力し、向上して患者さんたちの最高の救世主となってくれることでしょう。

他の合格体験記を読む

メディックTOMAS 教務担任、プロ講師、T.A.の連携で作り上げる 万全のサポート体制

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン FUTURE在宅 春季講習会 開講

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

医進の会 偏差値40からの国公立医学部逆転合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集