医学部予備校ガイドTOP » 合格に必要な自覚と自立ができる学院環境『富士学院』に潜入!

予備校って本当はこんなトコロ!医学部予備校潜入レポート 富士学院(名古屋校)編

いつでも質問が出来、相談も出来る 受験生活を講師・職員が全力でサポート

潜入した予備校

富士学院(名古屋校)の外観。都心だから生活に便利!
予備校名
医学部受験富士学院
名古屋校
住所
愛知県名古屋市中村区名駅3-8-7 ダイアビル名駅1F
立地・環境

日本有数の巨大都市である愛知県名古屋市にやって来ました。JR・名鉄・地下鉄など電車でのアクセスにも長けた好立地。周辺にも百貨店など大型の商業施設、そして地下はショッピングモールとなっており大勢の人で賑わっています。

本日はこのJR名古屋駅から徒歩7分程にある、医学部受験富士学院 名古屋校へと向かいます。周囲を歩いてみると喫茶店・コンビニ・銀行・病院など、あると便利なお店はすべて徒歩圏内。そんな生活のしやすさが都市ならではの魅力です。

教室に潜入!

小さな疑問も残さない質問しやすい雰囲気づくり

気持ちと思いがつながる距離間。

「理解できているか」を敏感に察知

教室は1クラス8名以下の科目別・学力別クラス編成。室内にはムダなものが一切置いていないのと「真っ白」という色のイメージもあって、とてもスッキリ収まっています。授業をする上で一番大切なことは「理解できているか」を、講師がその場できちんと認識し、状況に応じて十分な対応をとることです。この教室なら席の最後列まで目が届き、しっかり生徒さんを把握出来そうです。

逆にそれは生徒さんにとっても大切なことでしょう。講師が「何を言おうとしているのか」「どこが重要ポイントなのか」を表情や声の調子によってすぐに察知できる。また「ホワイトボードが見づらい」なんてことも決してないし、「質問したい!」という気持ちにもすぐに答えてくれる。とても安心できる授業であると伺えます。

生徒、講師共に学習に集中出来る個人ブース。

学習面だけではなく生徒の自覚と自立を促す個人指導

1対1の個別指導の教室は個室タイプ。ドアを開けると向かい合う2席から緊張感が漂います。他のオープンスペースの開放的な個別指導とは違い、思考を遮る「物」「音」は何もありません。ピンと背筋が伸びるのを実感し、気持ちはすぐに「授業モード」に切り替わるでしょう。

1対1の個別指導はともすれば、講師への依存心が強くなり、甘えなど合格を阻む要因にもなりがちですが、富士学院の講師陣は生徒自身に意識して考えさせ、常に「自覚と自立」を促す指導を行っているそうです。これだと個別指導のデメリットを排除し、メリットだけを十分に生かせる指導が期待出来ると思います。

自習室に潜入!

仲間と刺激しあいながら「やるべき事」を徹底的に!

自習室内のロッカーが便利!

仲間であり、ライバルでもある

自習室は52席。毎日22時(日曜のみ18時)まで多くの学生が勉強に励んでいます。授業外でもひたすら勉強。一日をここで過ごす時間は少なくありません。他の生徒さんの頑張っている姿が自然と目に入る為、ちょっと気持ちが入らない時でも、仲間たちの姿をみてもっと頑張ろうとスイッチが入る生徒さんも多いそうです。受験は自分との戦いでもありますが、ライバルたちとの競争でもあります。切磋琢磨できるすばらしい環境で、お互いに良い刺激をもらいながら自学習を頑張れる空間があります。

自習室内には個人ロッカー(一人2個)があるので、受験に向けて増え続ける参考書類も置いておくことができます。飲みものも持ち込みOKなのも嬉しいポイントですね。

またその他、中高校生の生徒さんのための自学習の部屋も用意しており、授業のあとや、平日の放課後、週末などを利用し、現役での医学部合格を目指し、たくさんの生徒さんが来院しているそうです。また空いている講師にはいつでも質問出来るそうなので、ぜひ利用して下さい。

所々に強いメッセージが。「やるべき事。弱点がわかっているか!?やるべき事がわかっているか!?」

常に「やるべき事」を考える

自習室内には「やるべき事」というメッセージが記されています。自分の弱点がわかっていないなら、今の自分の弱点を見つけて埋める努力をしなければならない。「受験においてやるべき事は尽きることはないぞ!」という、予備校からの強いメッセージ。他にも校舎内には生徒さん達に元気と勇気を与える様々な言葉が記されています。これらは受験のためだけではなく、やがては医師としての「強い精神」を作るためのもの。受験も最後は「絶対医師になる」という気持ちが大切。眺めているだけでも、心が動くのを実感できます。

寮・食堂に潜入!

頑張る受験生の生活をサポート 快適な「寮」とおいしい「食事」

明るくて広々!

校舎から徒歩2分

寮は校舎のすぐ近く。歩いて2分程度で通学時間もかからないのでその分勉強に専念する事ができます。室内を覗かせていただくと、予想以上の広さにびっくり。間取りは1Kで、なんと7.1畳もあるそうです。机・イス・ベッドなど生活に最低限必要なものはあらかじめ設置されており、逆に勉強の妨げとなるTVやパソコンは一切置けなくなっています。

生徒さん達は、生活のほとんどの時間を「予備校で勉強する」時間に当てているので、寮といっても「寝に帰る」とのことですが、それでもその環境はとても大事です。あなたも今よりさらに合格に近づくために入寮してみませんか?

まるでレストランみたい★

豊富なメニューで大人気

富士ゼミ生は、朝昼晩の3食付き。校舎から徒歩5分にある食堂は、まるでレストラン。和洋中を問わず、生徒さんの健康を考えた豊富なメニューは生徒さんからも好評です。男子にはハンバーグ、焼き肉。そして女子にはオムライス、スパゲティが大人気。もちろん、栄養バランスも満点!しっかり食べてハードな受験勉強も乗りきってくださいね。

食事の時間もそれぞれ指定されており、朝は「7:00~8:45」、お昼は「11:30~14:15」、夜は「17:30~19:30」となっています。よい生活習慣を作ることは、体調や脳の働きを良くする効果もあります。あまり夜更かしせずに、毎朝おいしい朝ごはんからスタートさせてみてはいかがでしょうか?

リラックススペースに潜入!

授業の合間にホッと一息 お茶はご自由にお飲み下さい!

選べる3種のお茶!

温かい飲み物は全身をほぐす

受験勉強は「効率」も大切。頭をフル回転で疲れてくると、血行も悪くなり返って学習効率が落ちてしまいます。そんな時は思い切って休憩を取りましょう。リラックススペースには温かいお茶が無料でいただけます。温かい飲み物は体の体温も上げてくれるので血流を良くする効果があるので、ぜひいただきましょう。お茶に含まれているカフェイン効果で、脳もスッキリ。再び勉強に身が入ると思います。

冷蔵庫には個人で好きな飲み物を保管できます。必ず名前を書いて自由に使ってください。ただし、飲み忘れには注意しましょうね。

編集者のコメント

医学部の受験勉強は、他の学部に比べ圧倒的に難しい。そんな受験に向かう生徒さんが全力を出し切れるよう「常に意識し、考え、行動している」という予備校の姿勢がとても好印象。実際の授業を覗かせてもらいましたが、講師が全生徒さんへしっかりと視線を配っている姿や、生徒さんが講師に対して真剣ながらもリラックス出来て、しっかり授業を受けている姿がとても印象的でした。講師も生徒もスタッフも皆が一つになって最難関の受験に臨んでいる姿勢が強く感じられました。

取材に協力していただいた予備校

医学部受験 富士学院 外観

医学部受験 富士学院

東京・東京十条・名古屋・大阪・岡山・小倉・福岡・鹿児島の8校を構える人気の医学部予備校「富士学院」。寮完備・3食付きなど受験生が「勉強にのみ専念する」ためのサポート体制も完備。受験合格はもちろん、医師として必要な自立と覚悟を促す教育、生徒を人間的に成長させる「教え、育む」教育理念に定評あり。

予備校詳細を見る 資料請求リストに追加

他の予備校潜入レポートを読む

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス 激化する医学部受験を勝ち抜くために~合格する力の鍛え方~

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集