医学部予備校ガイドTOP » メディカルラボ » メディカルラボ校舎別特徴 » メディカルラボ東京立川校

医系専門予備校【メディカルラボ】

医系専門予備校【メディカルラボ】:ロゴ

完全個別指導で業界屈指の合格実績 1,213名!(2020年度)

  • 個別指導あり
  • 少人数制
  • オンライン選択可
  • 個別が安い
  • 集団が安い
  • 合格保証
  • 専用寮あり
  • 実績15年以上
  • 専用自習室
  • 提携寮あり
  • 中学受入
  • 編入対策
  • クラス分け
  • メンタルケア
  • 優待生制度
  • 医生チューター
医系専門予備校【メディカルラボ】:メイン画像

メディカルラボでは、受験生一人ひとりに対して合格までの【個別カリキュラム】を作成し、そのカリキュラムに沿って、プロ講師陣が【1対1のプライベート授業】を行います。これが他の予備校とは一線を画するメディカルラボ自慢の学習システムです。その他にも【個別ブースの自習室】をはじめとする学習環境や【個別担任制】【質問専任チューター】などのサポート体制で医学部合格へと導きます。 ◆1対1のオンライン授業もご用意しております◆

お取り寄せリストに追加

メディカルラボ東京立川校の特徴

校舎情報

住所:
東京都立川市曙町2-34-7 ファーレイーストビル4F
アクセス:
JR「立川駅」北口より徒歩6分、多摩モノレール「立川北駅」北口より徒歩5分

取材協力者

玉井 博之

玉井 博之氏

立川駅から徒歩6分の立川校
立川駅から徒歩6分の立川校
新聞記事に対してチューターが解説
新聞記事に対してチューターが解説
生徒一人ひとり専用ロッカー
生徒一人ひとり専用ロッカー

通学生について

メディカルラボ東京立川校 玉井博之氏

川﨑:はじめに、立川校に通学している生徒さんの通学圏はどの範囲かお伺いできればと思います。

玉井:当校の場合は、八王子、青梅、国分寺、国立などの東京西部から来る生徒が多いです。現役生でも桐朋高校・穎明館高校・国学院久我山など校舎近くの高校の生徒が多いですが、最近では成城や成蹊からも増えています。また他県から来る生徒が他の校舎よりも多いのは特徴的だと言えます。

川﨑:他県も含め、広範囲から通われているのですね。近くに寮があることが理由にもなっているのでしょうか?

玉井:そうですね。校舎から徒歩圏内に二食付きの寮があることはかなりメリットに感じてもらっているようです。受験シーズン、他県から都内に試験を受けにくる生徒は、前日会場の近くのホテルに泊まるなどの煩わしさがありますが、東京都内の寮であれば、試験当日もいつもどおり朝食をとってから会場に向かえるのでストレスも少なく試験に臨めるのではないでしょうか。

川﨑:毎日のリズムを崩さずに試験を迎えられるのはいいですね。他県から来る生徒は何割ぐらいいますか?

玉井:およそ2割ぐらいです。高校卒業後に他県から来る生徒もいるので、生徒の約半数は浪人生です。

川﨑:立川校の生徒さんはどこの大学志望の方が多いでしょうか。

玉井:慈恵、順天堂、東京医科を目標にしている傾向があります。また、自宅から通えるという理由で杏林を受験する生徒も数多くいます。

在籍チューターについて

対談の様子

川﨑:少し話が変わりますが、チューターはどこの大学の人が多いのですか?

玉井:杏林生が一番多いです。その他、慈恵や東医など校舎に近い大学の学生を中心に構成されています。

川﨑:チューターさんはどんな業務を担当されているのですか?

玉井:主に質問対応、試験監督、採点などを担当してもらっています。立川校ではチューターも含め受験に向けた雰囲気が大切だと考えているので、明るく元気なチューターを数多く採用しています。その為ラボ内で比較しても活気のある校舎と自負しています。

大学入試の特徴

メディカルラボ東京立川校 玉井博之氏

川﨑:立川校では杏林大学を受ける生徒が多いようですが、杏林の試験の特徴はどんな点でしょうか?

玉井:杏林大学は問題数が多くて各問題のレベルも高いので全体的に難易度は高いです。高いレベルでの正確さとスピード感を求められていると感じます。また問題数が多いので全て解くことは非常に困難です。解答速度のみではなく、問題の取捨選択の判断能力も求められています。

川﨑:面接などに関してはいかがでしょうか?

玉井:杏林大学では面接シートを基に質問をされ、根本的に医師としての適性を判断するケースがほとんどです。医学部生としての学生生活がはっきりとイメージできていて、その為に何が必要なのかということをわかっている回答が好まれます。立川校では、実際に面接官をされる先生、附属病院で勤務されている先生、学生相手に講義をされている先生とのお付き合いもあります。地域ならではのネットワークや人脈から生徒さんにお伝えできる情報は豊富にあるので、受験対策として大いに参考になると思います。

受験生へのメッセージ

川﨑:最後に、医学部を目指す人達へのメッセージをお願いします。

玉井:受験生には「切り替える力」が必要です。学力は試験当日に合格レベルに達するように計画されているはずなので、過去問の結果で一喜一憂する必要はありません。冷静に学習を進めていき最終的に偏差値の高い大学に受かる生徒を何人も見てきました。普段、勉強するときから気持ちの切り替えをイメージしてください。 また受験当日は、試験が終わったらその日のうちに復習をしてほしいです。違う大学同士でも似た問題が出ることもありますから。 そして保護者の方には、気持ちの面でのバックアップをお願いしたいです。終わって帰ってきたら「どうだった?」ではなく、「明日も頑張ろうね」など気持ちの切り替えがしやすいフォローをして欲しいと思います。

(※本記事は2021年1月時点での内容になります。)

メディカルラボについて

 外観

医系専門予備校【メディカルラボ】

メディカルラボでは、受験生一人ひとりに対して合格までの【個別カリキュラム】を作成し、そのカリキュラムに沿って、プロ講師陣が【1対1のプライベート授業】を行います。これが他の予備校とは一線を画するメディカルラボ自慢の学習システムです。その他にも【個別ブ...

予備校詳細を見る 資料請求リストに追加

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

ビッグバン 筑波大学日本大学合格者対談

TMPS医学館 年500回超の面談で生徒を志望校へ導く「コーチング」

YMS 将来のよき医療人を育成する

メディカルフォレスト 柔道と医学部受験の二刀流で合格をつかむまでの道のり

アズメディ 元大手予備校在籍のトップ講師による完全オンライン授業

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

大阪医歯学院 信頼を築く専門指導

医学部に全員を合格させるためのシステム それが7名限定。

定員制オンライン予備校での徹底したサポートで偏差値30から医学部合格

1996年の開校以来、高い合格実績を残してきたノウハウで全員第一志望合格を目指す

個別指導が受けられる!オンライン授業 おすすめ予備校特集

医学部予備校診断