医学部予備校ガイドTOP » 【富士学院】合格者対談

富士学院福岡校 福岡大学医学部 合格者対談 村山彩奈さん

「私の些細な疑問にも、納得するまで真摯に答えてくれました。」

富士学院福岡校出身 村山 彩奈さん

川﨑:まず、なぜ医師になろうと思ったのかお伺いできればと思います。

村山:私の家族・親戚一同がみんな医師という背景もあって、いずれ自分も医学の道に進むのだろうなという感覚がありました。また、周りの友人や近所の方からも「将来はお父さんの後継ぎになるんでしょ?」などと言われてきたこともあり、自分の意識も自然に医師になることに向いていたのもあると思います。そんな中、小学校の高学年の時に家族旅行で飛行機に乗った際に機内で急病の患者さんが出て、医師である父が治療にあたったんです。患者さんは一命を取り留め、そんな父の活躍を目の前で見て、国境を超えて人を救える仕事ってすごいなと思ったのが、医師を目指す一つの大きなきっかけでしたね。

川﨑:ドラマみたいな話ですね。その出来事以降、医師になる思いが強くなったということですか?

村山:確かにきっかけとしては父の影響がありましたが、その時は私もまだ小学生だったのでまだ漠然としか考えていませんでした。その後、実際に医学部を目指そうと思ったのは医学部受験の厳しさを知ってからです。中途半端な気持ちでは絶対に医学部に入ることは出来ないと認識し、真剣に頑張ってみようと思いました。

川﨑:本格的に医学部に向けて勉強しだしたのはいつごろからでしょうか。

村山:高校一年生の時に福岡大学のOCに行ってからです。その際に大学の教授がしてくださった話の中に「礼儀正しく、挨拶ができるなど、人としての基盤がある学生に医学を学んでほしい」という言葉がありました。私はこの言葉に共感し、「もうここしかない!」と思って高1から福岡大学一直線に勉強を始めました。

川﨑:高1で既に大学を決めていたのは驚きです。では、なぜ富士学院に通うようになったのでしょうか。

富士学院福岡校出身 村山 彩奈さん

村山:私は大人数での集団授業が苦手なので、少人数で個人ごとに丁寧に教えてもらえるところに行こうと思いました。大手の予備校では大人数での授業が多いと思うのですが、それだと学校と一緒になってしまい私の性格上質問しづらくて。他の少人数クラスの予備校も体験で受けたりもしたのですが、なんか雰囲気が合いませんでした。そして富士学院に行ったのですが、「ここなら大丈夫」って自然に思えて決めました。

川﨑:富士学院さんでも体験授業とか受けたのですか?

村山:いえ、受けてません。ここなら私が求める先生が必ずいると思ったので。実際授業を受けてみたら、やっぱり相性も良かったんです。

川﨑:先生との相性のよさは非常に重要なんですね。

村山:本当にそう思います。富士学院では質問したい時にすぐにできて、私の些細な疑問も納得するまで真摯に答えてくれました。その質問の流れで普段の学習方法の不安や日頃の悩みまで相談することも。また少し成績が上がっただけでも「良くできたね」って褒めてくれて、少しの変化に気づいてくれることが大きな原動力になっていました。他にも一つの問題に対して、アプローチを変えることで別の解法あることも教えてくれたり。私にとっては至れり尽くせりでしたね。

川﨑:聞いた質問に対して単純に答えてくれるだけではないということですね。良く質問に行かれていたそうですが、頻度としてはどれぐらいだったのでしょうか。

村山:数学と英語はほぼ毎日いってました。私の場合、推薦入試の科目が数学と英語だったのでまずはこの2教科を極めようと思ってやっていました。

川﨑:推薦を選んだ理由はなんだったのでしょうか。

村山:その頃の私は理科や小論文が少し不安だったので、一次入試の他にも合格のチャンスが増えるのであればと思いやっていました。その点でも富士学院は推薦入試の実績も多いので対策講座も充実しており、とても心強かったです。

「解けるようになると楽しいし、先生が褒めてくれるのが嬉しくて。」

対談の様子

川﨑:受験期には実際にどのようなやり方で勉強に取り組んでいましたか?

村山:私は出身校がそこまで優秀な学校ではないので、去年入った富士学院の生徒の中でも一番成績が悪いと思っていました。だから人よりも努力しないと医学部に合格できないと思い、朝は必ず一番に行くというのを心がけていました。朝7時半から自習室にこもり、夜の10時まで一日中ずっと勉強していましたね。また宿題の他にも、自分の一週間の計画リストに「復習をする時間」「先生に質問する時間」と細かく書いて、出来るだけスケジュール通りに学習を進めていくようにしていました。講師の方はそのスケジュールに書いてある教科ごとに、おすすめの教材をくれたので非常に効率的に勉強できました。あとは、家に帰ってからは勉強しないというルールも決めていましたね。家ではお風呂に入って寝るだけです。

川﨑:他にも富士学院で行われていた特別な対策はありましたか?

村山:私は推薦での合格を目指していたので数学の推薦対策講座を受講していました。推薦入試の出題傾向に合わせて、時間内で問題を解きその後に解説をしてもらい、時間短縮に繋がる解法とその使い方なども教えてくれました。英語では推薦の問題は基本的には同じような出題傾向にあるので、過去問をひたすら解いていました。富士学院では英語にしても数学にしても推薦対策プリントが充実していて、数多く解き続けることで、結果的に解答速度も速くなり、正答率も上がりました。

川﨑:量をこなすことで自信もつくのですね。浪人時代、一番苦労したことはなんでしょうか?

村山:実は私は苦しいことがあんまりなくて、楽しかったんですよ(笑)

川﨑:そうなんですね。(笑)それは次第に勉強が好きになったということでしょうか。

村山:勉強が好きだなぁ、と実感することはありました、本当に楽しかったんです。何よりも、解けるようになると楽しいのもあるし、先生が褒めてくれるのが嬉しくて嬉しくて。推薦の前はさすがにプレッシャーを感じることはありました。でもそんな時は講師の方が「推薦なんて一般に向けての練習だよ」などと励ましてくれたので、気が楽になり本番に臨むことができました。合格するまでは携帯もあまり見ることはなかったですけど、勉強に対してのストレス自体もたまることはなかったです。

「『自分に合ってないとできない』というような、わがままな人にも最適です。」

富士学院福岡校出身 村山 彩奈さん

川﨑:現在、医学生になり予備校での経験が活きているなと思ったことはありますか?

村山:まず、予備校時代に学習したことが大学の授業にそのまま出てくるということが多々あります。富士学院ではどの授業でもレベルの高いことを教えられていたので、生物なども予備校時代に得た知識が使えて、大学での授業にスムーズについていけました。福岡大学は富士学院出身の学生が15%ほどいるので、その繋がりで先輩や同期と打ち解けやすいというメリットもありましたね。

川﨑:どのような人に富士学院をおすすめしますか?

村山:講師の方全員が、生徒一人ひとりに親身になって答えてくれます。私のように「自分に合っていることをしてくれないとついていけない」というような、わがままな人にも勉強の楽しさを感じさせてくれます。また「褒めて伸ばしてもらいたいタイプ」の人や、疑問が生まれたらとことん解決するまで付き合って欲しい人にとっても最適な環境です。かなりわがままですよね。(笑)

川﨑:いえいえ、相談しやすい環境があったからこそ思うままに勉強ができたのではないでしょうか。村山さんは将来どんな医師になりたいですか?

村山:私が富士学院で講師の方々にしていただいたように、患者さんの些細な変化にも気づけて一人ひとりに丁寧に接することができるドクターになりたいと思っています。患者さんから慕われて、「先生と話すと安心する」と言われるような姿が理想ですね。特に私が志望している内科では、患者さんも気づかないような体調の変化に医師が気づけることが大事だと思っています。

川﨑:村山さんがいい医師になる姿が今から楽しみですね!最後に、受験生へのメッセージがありましたらお願いします。

村山:勉強を苦しいと思わずに、楽しくできたら成績も間違いなく上がると思います。解ける問題が増えたら、成績が上がっていく。そして、成績が上がる楽しさを知ったら勉強も捗ると思います。苦しいのは点数が上がるまで。合格後の未来を想像して勉強に取り組んで欲しいです。浪人生活中は苦しいだけかもしれませんが、医学生になったら、浪人生活の大切さを実感することができます。常に「合格したら」、「大学に入ったら」、「医師になったら」というように先の楽しみを思い描きながら自身のモチベーションを上げていってもらえたらと思います。

編集者のコメント

村山さんのお話の中で繰り返し「親身・丁寧」という言葉が出てきたのがとても印象的でした。浪人生活が楽しかったという言葉には驚かされましたが、それだけ富士学院の提案する勉強方法や量が個人にマッチしていたということではないでしょうか。一人ひとりに合った学習スタイルと計画を立て、愚直にこなすサポートを精神面からもすること。富士学院のサポート力の高さは明確な合格への道しるべになっています。

取材に協力していただいた予備校

富士学院 外観

富士学院

富士学院の強みは【講師力】・【教務力】・【チーム力】。授業で勉強を教えるだけではなく、大学毎の最新の入試情報やデータを活かし、生徒の現状を把握して、生徒毎にやるべき事を明確にした上で、生徒のやる気を継続させ、入試に臨みます。医学部合格に奇跡はありません。近道もありません。でも遠回りだけはさせません。

予備校詳細を見る 資料請求リストに追加

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス 激化する医学部受験を勝ち抜くために~合格する力の鍛え方~

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集