医学部予備校ガイドTOP » 【太宰府アカデミー】完全個別指導コース 大手予備校にも普通の個別指導にもできない、徹底したサポート体制とは

太宰府アカデミーの完全個別指導コース 大手予備校にも普通の個別指導にもできない、徹底したサポート体制とは

  • 近藤 正浩 氏
    取材協力者
    太宰府アカデミー
    物理科 主任
    近藤 正浩 氏
  • 松田 翔 氏
    インタビュアー
    医学部予備校ガイド
    担当
    松田 翔

完全個別指導の特別コース(太宰府メディカル)を新設しました

個別指導

松田:この度特別コースを作られたとのことですが、従来のコースとどのような違いがあるのでしょうか。

近藤:太宰府アカデミーでは、現在も少人数クラスで集団授業を行っていますが、この度新設した特別コースでは、完全個別指導となっているため、より細かく、効率よく学習できます。

松田:授業を受ける際の人数が異なるのですね。なぜこのようなコースの新設に至ったのでしょうか?

近藤:多種多様なニーズに応えるため、というのが一番大きいです。少人数とは言え、集団授業では「苦手な単元をじっくりやりたい」、「得意な単元は時間をかけず進めたい」といった、個々の要望に応えるのが難しかったので、そういったニーズに応えるため新設に至りました。

松田:生徒さん一人ひとりのニーズに応えるために、個別指導のコースを作ったということですね。特別コースは、人数以外で少人数授業コースとの違いはあるのでしょうか。

近藤:授業の時間配分が違います。まず、少人数授業コースと比べると、演習とその振り返りに使用できる時間が多いですね。集団授業だと、90分+90分の授業の中に演習・解説を適宜挟むのですが、個別指導コースだと、最初の50分で前回の復習や新しい単元の指導を行った後、演習を50分行います。その後、解説・質問の時間をたっぷり50分間とり、わからないところを徹底的に解説します。

松田:3つのパートに分かれるんですね。演習と復習に時間をかけることで、しっかりと定着させられそうです。

近藤:はい。導入で行ったことを、類似問題を用いて「実際にできるのか」をしっかり確認します。できるようになるまで徹底的に復習するため、分からないまま放っておくということがありません。

生徒5名に対し、講師・スタッフ15名体制で指導を行います

精鋭講師陣

松田:自分に合わせたオーダーメイドでの授業を受けることができるのはうれしいですね。カリキュラム以外に学習面で力を入れていることはありますか?

近藤:講師に関しては質・人数ともに強いこだわりを持っています。 講師の質に関して大事にしているのは主に2点あって、1点目は「科目や単元への深い理解」です。受験生が躓きやすいポイントと、その解決策を押さえた講師が指導することで、成績を効率よく上げることが出来ます。また、一度躓いてしまうと抜け出すのに時間がかかるので、躓きやすいポイントでは「転ぶ前に助ける」という先回りの指導を心がけています。2点目は「対話ができること」です。特別コースの講師には勉強面だけでなく、精神面でのサポートもお願いしています。受験生との対話を通じて悩みを引き出し、一緒に考えることで各人の課題を解決する体制が整っています。

松田:勉強面だけでなく、精神面でもサポートというのは頼もしいですね。具体的に面談の場などはあったりするのでしょうか。

近藤:一人ひとりに担任がつき、2週に1回程度のペースで面談を実施します。2か月に1回は保護者を交えての三者面談も実施して、三位一体の体制でフォローを行います。保護者へは月に1回レポートを送付して、生活や成績状況の報告を行っています。もちろん、希望があれば、都度面談を行うことも可能です。

カウンセリング

松田:これなら、保護者の方も安心ですね。講師やスタッフの方は何名くらいいらっしゃるのでしょうか。

近藤:コースの定員が5名なのに対し、講師・スタッフは15名います。ちょっと多すぎるくらいですね(笑)講師、スタッフとも受験生と距離が近く、「何でも言い合える仲」なので、密にコミュニケーションをとることが可能です。質問、相談はいつでもしていただけますよ。学習面で躓いている部分はもちろん、生活面での悩みもヒアリングして、一緒に解決策を考えます。話すことでスッキリすることもありますしね。とにかくカウンセリングを重要視しているので、大手にはない、手厚いサポートが受けられます。

松田:生徒5名に対してスタッフ15名はすごいですね!ほかにサポート体制の特徴はありますか?

近藤:復習用の映像で、自分の授業をいつでも見直すことができます。

松田:個別指導の様子を録画されているのですか?

近藤:はい。1対1の授業の様子を動画に収めています。

松田:個別指導を録画している予備校はなかなか聞かないですね!これはどういった意図で始められたのでしょうか?

映像授業

近藤:生徒が復習するときに1カ月前の内容が解けない、ノートを見てもわからないという声が多くあったんです。授業中はわかったつもりになっているのですが、一定期間がたった後に見直すと、「この時先生なんて言ってたっけな・・・」となってしまうことが非常に多いんです。

松田:確かに、先生に言われたことを授業中に全てメモするのは難しいですよね。

近藤:そこでこの復習用の映像なんです。これを活用することで「わかったつもり」を「正確にわかった」状態に変えることができるのです。動画は1年間ずっと見ることができるので、時間をかけて学習したことが無駄になることは絶対にありません。究極の積み上げ型のシステムだと考えています。

松田:これなら復習の質も格段に上がりそうですね。撮影した動画はそのまま保存してあるんですか?

近藤:撮影した動画は全て手作業で編集し、見たい単元の動画をすぐに取り出せるように整理してあります。このサポートはオプションとかではなく、追加料金もかからないので、是非フル活用して頂きたいと思っています。

松田:本当にすごいサポート体制ですね。5人限定だからこそできる万全のサポート体制が整っていることが伝わりました。

普段は少人数コースの生徒と競い合い、助け合いながら合格に向けて進んでいきます

近藤:ここまでは5人限定だからできるサポートについてお話してきましたが、普通の予備校にはない特別コースのメリットは他にもあるんです。

松田:詳しくお聞きしてもよろしいですか?

近藤:集団授業のコースがあることを活用し、競争心を起こす工夫を行っています。

松田:集団コースの生徒と競う、という事でしょうか?

近藤:そういうことです。個別指導専門予備校だと、身近に競い合う相手が少なく、「自分が今どのくらい実力をつけているのか」把握しづらい状況があります。

松田:一人で勉強していると、比較対象がなくて、目標までの距離が測りづらいですよね。

近藤:そこで特別コースでは、集団授業コースとの交流を行うようにしています。具体的に言うと、定期的に行う模試や、月~土で毎朝行う「朝テスト」は本館の少人数コースと一緒に実施するようにしています。順位を張り出し、自分の位置を確認することで、競争心を煽り、勉強のモチベーションに繋げています。

松田:毎朝テストをされているのですね!これは力がつきそうです。

BBQ風景

近藤:もちろん、競い合うだけではなくて、食堂での食事、年間行事をはじめとするイベントなどを一緒に行うことで、共に高めあう「仲間」としての絆も深めてもらっています。

松田:個別指導と、集団予備校両方のいいとこどりができる素晴らしいコースですね。イベントは具体的にどんなことをするんですか?

近藤:集団、個別コースの生徒から希望者を集め、週に2回ほど、バレー・バドミントン・バスケなどをして、体を動かすようにしています。程よい運動は脳の血流を良くし、学習面のパフォーマンスも上がるので、積極的に取り入れています。実は館内には本格的な筋トレルームがあって、エアロバイクやベンチプレスも使っていただけるんです。太宰府はアクセスはいいのですが、都会ではないので、誘惑もないのですが、その分、発散できる場所も必要だと思っています。

松田:トレーニングルームですか!確かに発散する場所や楽しみは必要ですよね。

近藤:そうなんですよ、楽しみという意味で言うと、うちでは食堂のご飯もすごくおいしいと評判なんですよ。栄養士が徹バランスを考え、メニューを決めているので、親元を離れた生徒さんも安心です。また、BBQやクリスマスケーキなど、季節ごとに楽しめる食事も用意しています。身も心も胃袋も、しっかりサポートしますよ!

松田:食事中の受験生から楽しそうな様子が伝わってきます。食事の栄養管理が徹底されているのは、親御さんとしては安心ですね。

近藤:ええ、宿直体制も整っていて、不測の事態にも24時間対応できますので、安心して預けていただけます。

松田:本当に、受験生のためにできるサポートを全面的にやっていることが伝わってきました!最後に、受験生へメッセージがあればお願いします。

近藤:うちは大手予備校ではないですが、だからこそ、本当に手厚いサポートができます。講師・スタッフが受験生の皆さんを理解し、目標達成に向けて共に歩んでいける環境です。困ったことや悩んでいることがあれば、なんでも相談していただけます。大手予備校にも、普通の個別指導でもない、太宰府アカデミーにしか提供できない環境を用意してお待ちしているので、共に医学部合格を勝ち取りましょう!

編集者のコメント

お話を聞く中で一番感じたのは、「生徒を徹底的にサポートする」という熱い気持ちでした。生徒一人ひとりの悩みや要望を解決できるよう、カウンセリングにはかなり力を入れているそうです。職員室には出入りが自由で、学習面はもちろん、プライベートなこともいつでも相談ができるとのことで、本当に生徒との対話を大切にしていることが感じられます。また、2週に1回の面談は、自分からはなかなか相談ができない生徒にはありがたいのではないかなと感じました。内気な生徒さんでも、しっかりカウンセリングを行うことで、悩みや要望を引き出し、解決を目指すそうです。親元を離れた受験生には大きな心の支えになりますよね。 この個別指導コースそのものが、まさに生徒の声から生まれたものなので、本当に生徒を大切にしていることが伝わりました。生徒のことをいつも考え、親身になってくれる講師・スタッフがたくさんいる太宰府アカデミーなら、受験生活の苦しい時も乗り越えられるのではないでしょうか。

取材に協力していただいた予備校

太宰府アカデミー 外観

太宰府アカデミー

太宰府アカデミーでは、生徒一人ひとりが受験に向けて万全な体力と精神力を持って日々過ごせるように、学習面だけではなく生活面に至るまで、とことん密着型で指導します。そのため全寮制となっており、まるで1つの大きな家族のような雰囲気の中、学習に専念できます。医学部合格という大きな目標を実現したいと思う若者は、当校に集い真剣に学んでほしいと願っています。

予備校詳細を見る 資料請求リストに追加

メディカルフォレスト 大手予備校で全滅からの1年で難関私立4大学に合格

白金台医進予備校シナプス 激化する医学部受験を勝ち抜くために~合格する力の鍛え方~

メディックトーマス 医学部入試ガイダンス開催!

東京医進学院 予備校と寮が一体型の全寮制で学習と生活の両面からサポート

ビッグバン 筑波大学/日本大学 合格者対談

資料お取り寄せリスト資料請求リスト

入っています

  •  

資料請求をする

資料請求の多い予備校

富士学院 合格者対談

東京メディカル学院 一人ひとりの生徒に向き合って1年で医学部に合格

メデュカパス Input-Output授業がもたらす効果とは

野田クルゼ 49年で2,000人以上の医学部合格を出した野田クルゼのサポート体制とは

TMPS医学館 合格対談

個別指導が受けられる!通信コース おすすめ予備校特集

医学部受験性へのおすすめ寮 安心・快適な学生寮をご紹介!